So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
No Music ,no life ブログトップ

ベリンダ・カーライルのBack to 1980’sな夜!| Billboard Live TOKYO 



今日は、ビルボードライブ東京でベリンダ・カーライル(Belinda Carlisle)のライブ!
1年前にもビルボードライブでライブがあって今年もまた来てくれた。
ブログ記事:ビルボードライブ東京でベリンダカーライルのライブ


ベリンダは3月下旬に来日してサクラ鑑賞。大感激してSNSに写真をたくさんアップ。
その後、ビルボードライブ大阪で2日間のライブをして東京に戻って来た。



ビルボードライブで楽しみのひとつ。
早めに会場に行ってまずはうまいバスペールエール!ピザも絶品。ホールスタッフの気配りも良くて終始、気分良く過ごせた。






ベリンダが見ていたセットリスト。名曲揃いの全17曲!

ステージで髪をふりふり、ステップを踏むベリンダさんがカワイイかった。
ヴォーカルも変わらずあの声のまま。
上質な時間を楽しませてもらった。また来てね。




I FEEL FREE
NOBODY OWNS ME


HEAD OVER HELLS(The Go-Go's)
(We Want) The Same Thing

I GET WEAK
Circle in the Sand
WORLD WITHOUT YOU

SUMMER RAIN
VISION OF LOVE (撮影地:日本)

FOOL FOR LOVE
Our Lips Are Sealed(The Go-Go's)
Leave A Light On
HEAVEN ON EARTH

RUNAWAY HORSES
VACATION(The Go-Go's)
We Got The Beat
Live Your Life Be Free





ベリンダカーライル SNS
Web:Belinda Carlisle
Twitter:@belindaofficial
Instagram:travels_with_mrs_mason


メンバー
ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle(Vocals)
ジェイムス・ニスベット/James Nisbet(Guitar, MD)
アンディ―・カー/Andy Carr(Bass)
ロブ・タガート/Rob Taggart(Keyboards)
サイモン・メリー/Simon Merry(Drums)



関連記事
ビルボードライブ東京でベリンダカーライルのライブ2017



ヴェリー・ベスト・オブ・ベリンダ・カーライル

Heaven on Earthをはじめ、どこかで耳にした曲がたくさん。
今でも色あせないヒットナンバーが詰まったベストアルバム!
ヴェリー・ベスト・オブ・ベリンダ・カーライル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミュージック・シーン
  • 発売日: 2015/07/25
  • メディア: CD




スポンサードリンク


nice!(2) 

Hold on, little girl! MR.BIG Defying Gravity Japanツアー 


MR.BIG 2017 Defying Gravity Japanツアー

なんと最前列。すぐそこにMR.BIG。




武道館にスマホの星空。
メンバーもTOKYO DREAM! SAIKO-! SAIKO-!と喜んでいた。
スマホでの撮影OK、動画はNG。コンデジはNG。海外のアーティストは撮影OKが多い。SNSにアップするときには#ハッシュタグをつけると観てもらえるかも!?





MR.BIG
エリック・マーティン(Vo) ビリー・シーン(B) ポール・ギルバート(G) パット・トーピー(Dr) マット・スター(Dr)
2017.9.26 武道館 セットリスト(Youtubeにリンク) 01.Daddy, Brother, Lover, Little Boy 02.American Beauty 03.Undertow 04.Alive And Kickin' 05.Temperamental 06.Just Take My Heart 07.Take Cover 08.Green-Tinted Sixties Mind 09.Everybody Needs a Little Trouble 10.Price You Gotta Pay 11.Open Your Eyes 12.Forever And Back 13.Wild World 14.Rock & Roll Over 15.Around The World 16.Addicted To That Rush 17.To Be With You 18.Colorado Bulldog 19.1992 20.We're American Band(Grand Funk Railroad) 21.Defying Gravity
デファイング・グラヴィティ

Defying Gravity

  • 出版社/メーカー: WOWOWエンタテインメント
  • 発売日: 2017/06/21
  • メディア: CD



スポンサードリンク


nice!(2) 

ビルボードライブ東京でベリンダカーライルのライブ 



80'sのヒットメーカー、ベリンダカーライルがBillboard Live Tokyoで4年ぶりのライブ。全17曲の約90分のライブを楽しんできた。

dtl_10351_1.jpg



お馴染みのヒット曲にGo-Go's時代の曲を織り交ぜたセットリスト。
アンコールでは、カーペンターズの曲も披露してコアなファンを楽しませてくれた。

I Feel Free
Nobody Owns Me
Head Over Heels (Go-Go’s)
(We Want) The Same Thing
I Get Weak
Circle In The Sand
Vision Of You
Summer Rain
Valentine
Leave A Light On
Mad About You
Our Lips Are Sealed (Go-Go’s)
Vacation (Go-Go’s)
Heaven Is A Place On Earth

Do You Feel Like I Feel?
We Got The Beat (Go-Go’s)

Superstar (Carpenters Cover)


先日のガンズアンドローゼズみたいに大きいホールで盛り上がるのも楽しけど、ビルボードライブ東京でお酒を飲みながらゆったりノリノリで鑑賞するもの楽しい。


80s_cocktail.png


ベリンダカーライル SNS
Web:Belinda Carlisle
Twitter:@belindaofficial
Instagram:travels_with_mrs_mason


ビルボードライブは、昔聴きまくっていたアーティストを呼んでくれることが多く年に数回、楽しませてもらってる。コンサートの混雑がちょっと…ってひとはいいかも。早めに行って食事を楽しんでから観るのがオススメ。値段は高めだけど上質で贅沢な時間を堪能できる。


Billboard-LIVE http://www.billboard-live.com



ヴェリー・ベスト・オブ・ベリンダ・カーライル

ヴェリー・ベスト・オブ・ベリンダ・カーライル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミュージック・シーン
  • 発売日: 2015/07/25
  • メディア: CD




スポンサードリンク


nice!(2)  トラックバック(0) 

アクセル!スラッシュ!ダフ!Welcome to Japangle!! ガンズ in 横浜アリーナ 



ガンズアンドローゼズ(@gunsnroses)のワールドツアー「Not in this life time」

オリジナルメンバーのアクセル・ローズ(@axlrose)、スラッシュ(@Slash)、ダフ・マッケイガン(@DuffMcKagan)の3人が揃って横浜アリーナでGIG。

C3ANKEzXEAAyur2.jpg-large.jpeg


サポートアクトのBABYMETALが盛り上げてくれて準備は万端。
遅刻が定番のアクセルも今回は大阪、神戸と時間通りに開演してくれてるようだ。
20170125-191852.jpg


アクセル!スラッシュ!ダフ!
24年ぶりに同じステージで演奏してる姿にオールドファンは感激。
20170125-204208.jpg

ダフは変わらずめっちゃカッコいい
20170125-200112.jpg

スラッシュもギターをかき鳴らす。
20170125-211631.jpg


一曲歌い終えるたびに丁寧にお礼するアクセル。
ツアータイトル通りのNot in this life time(生きてるうちはありえない)。昔ではありえないのが今のガンズアンドローゼズだ。



初音ミクっぽいと話題のキーボード。
ガンスアンドローゼズの初の女性メンバー、メリッサ・リース(@TheMelissaReese)
20170125-211245.jpg

誰だろとYoutubeでメリッサを探すと国歌独唱してる。めっちゃ歌うまい!
コンポーザーとしての才能もすごいひとだった。



迫力の演奏がスクリーンにも映し出される。
メンバーはステージを動きまわってくれて会場のどこからでもよく見える。
20170125-213435.jpg

November Rain。
アクセルのピアノにスラッシュとダフ。
20170125-214251.jpg

Take me down to the paradise city!ラストは、paradise city。
横浜をパラダイスシティーにしてくれた。
20170125-215244.jpg

キャノンをぶちかましてフィナーレ。
20170125-222242.jpg


歌い終える深々と頭をさげるアクセルに会場は歓声がなりやまない。
20170125-222435.jpg


3時間近く、全26曲を聴かせてくれたGUNS N' ROSES!
メンバーも楽しそうだったのが嬉しい。昔のとんがってたGN'Rも最高だったけど今のGN'Rも最高だ!
20170125-222549.jpg

Thank you for a good fxxkin night!

最高すぎたのでツアーTシャツも買っちゃったぜ!

ライブは、撮影OK。(NO FLASH)
公式ツイッターで #GNRinYokohama とタグ付けしてツイートしてくれと積極的にアピール。日本語でツイートしてくれたり楽しませてくれた。


なによりすごいのが名だたるアーティスト達と共演してるBABYMETAL
スラッシュとダフがキツネのお面も持って撮影したと思ったら、
バンドメンバーみんな、アクセルがお面を持っているという歴史的写真。
C3BHOeuUAAIwm8W.png

さらにはめっちゃ笑って楽しそう。
C3fB4WOUYAE3-C-.png
(写真はGuns N' Roses @gunsnrosesより)



1/25 横浜アリーナ セットリスト
It’s So Easy
Mr. Brownstone
Chinese Democracy
Welcome To The Jungle
Double Talkin’ Jive
Better
Estranged
Live And Let Die (WINGS cover)
Rocket Queen
You Could Be Mine
Attitued(THE MISFITS cover)
This I Love
Civil War
Coma
Speak Softly Love(Love Theme from The Godfather)
Sweet Child O’ Mine
Used To Love Her
My Michelle
Wish You Were Here(PINK FLOYD cover)
November Rain
Knockin' On Heaven's Door(BOB DYLAN cover)
Nightrain
-encore-
Sorry
Patience
The Seeker(THE WHO cover)
Paradise City



Guns N' Roses(@gunsnroses) is
アクセル・ローズ(@axlrose)
スラッシュ(@Slash)
ダフ・マッケイガン(@DuffMcKagan)
ディジー・リード(@DizzyReed)
リチャード・フォータス(@richardfortus )
フランク・フェラー(@FrankFerrer66)
メリッサ・リース(@TheMelissaReese)



Guns N Roses Official A3 Calendar 2017

Guns N Roses Official A3 Calendar 2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Danilo Promotions Limited
  • 発売日: 2016/09/01
  • メディア: カレンダー




スポンサードリンク


nice!(1)  トラックバック(0) 

I'm Readyィィィ!BABYMETAL 横浜アリーナ サポートアクト 



Guns N' Rosesジャパンツアーの横浜アリーナ。
サポートアクトとしてBABYMETALが出演。

Guns N' Rosesのチケットで話題のBABYMETALも見れちゃうなんてお得すぎ。
大阪、神戸のセットリストをチェック。Amazonのプライムミュージック‎でプレイリストを作って予習はバッチリだ。
logo1201.jpg


A LONG TIME AGO IN A HEAVY METAL GALAXY FAR FAR AWAY
会場にSTAR WARSをパロディしたオープニングが流れる。キツネの神の化身、凄腕のミュージシャン「神バンド」が召喚されて一気に盛り上がる。

Are you ready? Put your hands!! Jump!Jump!Jump!Jump!

B×A×B×Y×M×E×T×A×L DEATH !!

これがベビーメタルか。 I'm Readyィィィィィィだぜ!
20170125-183918.jpg


ステージパフォーマンスも楽しい。


Catch me if you can
3人のダンスがキレキレ。しかも激しいダンスなのに生歌。
これがメタルダンスユニットか。

20170125-184511.jpg



BABYMETAL #メギツネ(MEGITSUNE) 横浜アリーナ サポートアクト 20170125
動画を撮ってみた。
Youtubeにアップしたら外国人にすげー見られてる。海外での人気は伊達じゃない。




ギミチョコ!!
BABYMETALの世界にGuns N' Rosesファンも引き込まれる。
キツネポーズでPut my hands !



せーの!ジャンプ!
20170125-190251.jpg


See you!
あっという間の30分。なんか、BABYMETALすごかった!
海外で人気が出るのも納得のライブ。たったの30分でガンズファンもキツネポーズ。
また機会があったら見て見たい。
20170125-190313.jpg


セットリスト
1 BABYMETAL DEATH
2 ド・キ・ド・キ☆モーニング
- 神バンド -
3 Catch me if you can
4 メギツネ
5 KARATE
6 ギミチョコ!!
See You!


いよいよガンスアンドローゼズの登場だ!
アクセルが時間通りに来るかなー。



LIVE AT WEMBLEY (Amazonロゴ柄CDペーパーケース付)

LIVE AT WEMBLEY (Amazonロゴ柄CDペーパーケース付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: CD



BABYMETAL(通常盤)

BABYMETAL(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2014/02/26
  • メディア: CD




スポンサードリンク


nice!(0)  トラックバック(0) 

シンディー・ローパージャパンツアー2015。超近くで聴いてきた。 



シンディー・ローパーが日本にやってきた。
全国6カ所で「シンディ・ローパー ~30周年アニヴァーサリー・セレブレーション」が開催。金沢の本多の森芸術会館にいってきたぞ。
cyndi.png


シンディといえば親日家。
阪神淡路大震災のチャリティーに参加したり、東日本大震災直後も帰国することなく歌い続けた。翌年にも来日して被災地を訪問。東京・Bunkamura オーチャードホールでのコンサートの模様を被災地の4館で無料で中継した。被災県以外の会場での収益金は被災地に全額寄付するなど日本思いのアーティスト。

会場でシーズ・ソー・アンユージュアル30周年記念盤を購入したら年賀状をもらった。
2.png


席は3列目のど真ん中。めちゃめちゃ近く。
She Bopのイントロが流れるとシンディーが会場の後ろから登場。
歌いながらすぐ脇を通ってステージに。思っていたよりずっと小柄だ。

シンディーステップは健在でステージはダンステリアに。
懐かしい楽曲を目の前で聴けて大満足。約90分楽しかった!

シンディーやバンドメンバーも日本を楽しんでいるようだ。
いろいろと写真をFace Bookに載せてる。日本を楽しんでいってほしい。Have fan!
Cyndi Lauperさん
コーラスのElaine Caswellさん
キーボードのSteve Gabouryさん
ギターのKeith Mackさん



本多の森芸術会館セットリスト(Sony Musicインフォメーションより)

1 She Bop シー・バップ(『She's So Unsual』)*
2 I'll Kiss You アイル・キス・ユー(『She's So Unsual』)*
3 He's So Unusual ヒーズ・ソー・アンユージュアル(『She's So Unsual』)*
4 Yeah Yeah イエー、イエー(『She's So Unsual』)*
5 Witness ウィットネス(『She's So Unsual』)*
6 All Through the Night オール・スルー・ザ・ナイト(『She's So Unsual』)*
7 Into the Nightlife イントゥ・ザ・ナイトライフ(『Bring Ya To The Brink』)*
8 Sex Is In the Heel セックス・イン・ザ・ヒール
9 Time After Time タイム・アフター・タイム(『She's So Unsual』)*
10 Girls Just Want to Have Fun ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン(『She's So Unsual』)*
11 Money Changes Everything マネー・チェンジズ・エヴリシング(『She's So Unsual』)*

Encore
12 忘れないわ(アドリブ)
13 Hat Full Of Stars ハット・フル・オブ・スターズ(『Hat Full Of Stars』)
14 Shine シャイン(『Shine』)
15 Change Of Heart チェンジ・オブ・ハート(『True Colors』)
16 True Colors トゥルー・カラーズ(『True Colors』)




シーズ・ソー・アンユージュアル30周年記念盤(DVD付)

往年の名盤をリマスター。ボーナストラックもあり。
会場で購入するとシンディーからの年賀状がもらえる。

シーズ・ソー・アンユージュアル30周年記念盤(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: CD




スポンサードリンク


nice!(0)  トラックバック(0) 

武道館でダイアナ・ロス in Stop! In the Name of Love tour 2014。 



20世紀最大の歌姫、"ダイアナ・ロス"の19年ぶりの単独来日公演が開催。
オーバーエイジな男女が日本武道館に集まった。

top_main.jpg

1階席が騒めいているとおもったら、安倍総理夫妻が登場。
大量のスマホが一斉にフォーカス。www
安倍総理も手を上げてご挨拶。すごい人気。
どセンターで手拍子をしながら最後まで鑑賞していた。

ダイアナ・ロスの生歌は圧巻。iTunesで聞くより全然すげー迫力。
有名な衣裳替えは金色、銀色など超豪華な6回。

他の国のツアーでは、歌っていない「 If We Hold on Together 」をみんなで合唱。
1990年、今井美樹のドラマで大ヒットした曲を日本だけスペシャルサービスしてくれた。

中身の濃い約1時間半のエンターテイメントショーは楽しかったぞ。


セットリスト

1.I'm Coming Out
2.More Today Than Yesterday
3.My World is Empty Without Me
4.Baby Love
5.Stop! In the Name of Love
6.You Can't Hurry Up
7.Love Child
8.The Boss
9.Touch Me in the Morning
10.Upside Down
11.Love Hangover
12.Take Me Higher
13.Ease on Down the Road
14.The Look of Love
15.Don't Explane
16.Why Do Fools Fall in Love
17.Where Did Our Love Go
18.Theme from Mahogany (Do You Know Where You're Going To)
19.I Will Survive

アンコール

20.If We Hold on Together
21. I Will Survive



No.1ソングス

ダイアナ・ロスの来日記念盤のベストアルバム。
No.1ソングだけを集めたベスト盤。
どれも耳にしたことのある曲ばかりでライブに行った人も行けなかった人も必聴の一枚。
No.1ソングス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD

We Are The World The Story Behind The Song (ステッカー付) [DVD]

We Are The World The Story Behind The Song (ステッカー付) [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD




スポンサードリンク


nice!(1)  トラックバック(0) 
No Music ,no life ブログトップ