So-net無料ブログ作成
入間基地 RJTJ ブログトップ
前の10件 | -

入間基地航空祭2017 エンドで朝から予行を鑑賞。 

今日は11月2日。毎年、入間基地航空祭の予行の日。
朝からエンドに観に行って来たぞ。

8:00am
ちょっと出遅れ。公園最寄りの駐車場は満車。
他に停めてエンドに向かう途中にシルバーインパルスの編隊飛行を見送る。




エンドの公園に到着するとT-4が続々と着陸してくる。めっちゃ近くて大迫力!




続いて飛行点検隊U-125とYS-11ががスタンバイ。


並んでローパス
ここからだと真後ろ写真ばっかりになるのでちょっと移動。



ベテラン点検隊YS-11の元気な飛びっぷり。



こんなに近くでタキシングしてる姿を眺められる。



相棒のU-125は、タッチアンドゴーを繰り返してサービス中。



合間には、横田基地に今シーズン配備された新型輸送機C-130Jが入間上空をお散歩。


9:30am
わ!ブルーインパルス。8:50くらいに松島基地を離陸した
1番機~4番機がトレイル隊形でアプローチ、コンバットピッチで着陸していく。
エンドを埋めてるファンたちに手を振りながらタッチダウン。



9:40am
松島基地を9:05くらいに離陸した5番機、6番機、予備機も到着。



10:37am
ブルーインパルス支援のC-1輸送機が到着。(松島基地を9:50離陸)



12:36am
U-4多用途支援機(85-3253)



1:00pm
CH-47Jチヌーク(490)



1:45pm
ブルーインパルス予行訓練のはじまり
目の前をタキシングしていく。


天気もいいしギャラリーは青空の1区分の期待!
がしかし、飛び立ったらトラフィックのため中断に次ぐ中断。


8nm以内に航空機が進入すると安全のために飛行を中断。
オーバータイムでフェニックスでストップミッション。


2:16pm
予行訓練の間に3度も中断。
入間のブルーインパルスは色々とハプニングが多くてフルで見れる印象が少ない。



地上展示の支援機がフライイン

小牧基地から空色ハーク


T-400(41-5053)


AH-1Sコブラ


T-7(56-5927)


小牧基地から迷彩ハーク(35-1071)


埼玉県警みつみね(JA323N)


海上自衛隊 SH-60
潜水艦を探し出すソナーがデカイ。



お!気がついている人はすくなかったけど遠くに見えるのはスペシャルゲスト!
来日直前のトランプ大統領を迎える準備でマリーンワンと護衛のブラックホークがリハーサル。



日も落ちかけた4:12pm
人も減ってきたところにようやくみんなお待ちかねのF系。
築城基地からF-2A戦闘機が飛来。



C-1(08-1030)は月見をしながらひたすら練習。



4:38pm
小松基地からF-15J戦闘機。おっせー
だけどもお月見ショットが撮れたから満足!




航空無線を聞いてると色々と状況が分かってよかった。
ブルーインパルスの展示飛行のときやトランプ大統領の送迎予行は、エアバンドがなかったら色々と見逃していたかも。特にアナウンスのない予行のときは活躍するぞ。




!-- amazon -->

アイコム 広帯域ハンディレシーバー 0.100~1309.995MHz  IC-R6

オレ愛用のレシーバー。
コンパクトな筐体で高速スキャン、長持ち電池が持ち歩きにぴったりで気に入っている。ブルーインパルスの地上班も愛用してるぞ。
アイコム 広帯域ハンディレシーバー

  • 出版社/メーカー: アイコム
  • メディア: エレクトロニクス

航空無線ハンドブック 2018 (イカロス・ムック)

航空無線ハンドブック 2018 (イカロス・ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: ムック





スポンサードリンク


nice!(0) 

航空自衛隊 入間基地 ランウェイウォーク2017に参加してきた。 




毎年恒例の航空自衛隊入間基地ランウェイウォーク。

いつもはC-1輸送機やT-4中等練習機、航空祭のときにはブルーインパルスが離発着する滑走路4kmを歩けちゃう年に一度のチャンス。

ハガキで応募して抽選で当選した約1000名が参加できる。
今年も入間基地司令がハガキを引いてくれたので無事に参加できたぞ。
天気予報が雨マークでもしかして中止!?の心配もあったけど朝7時に入間基地のホームページに「本日、予定通り開催」の通知。よーし、いくぞー。

ちょっと出遅れて10時くらいに到着。
駐車場にはすでにたくさんの車が到着済み。エプロン地区までのシャトルバスもならんでたけどすぐにバスが来てエプロン地区に輸送。タイミングがいい!?とバスじゃなくてVIPのようにクラウンで輸送してもらえる。

さっそくC-1輸送機の地上滑走が始まる。
体験搭乗は外れちゃったので最前列かぶりつきで見学。
雨で濡れた滑走路を水飛沫をあげながら滑走するC-1輸送機。



地上誘導員がC-1をカモンカモン。
マーシャリングライトやパドルを持たずに丸腰で誘導する凄腕マーシャラー。
これも自衛隊のお仕事のひとつ。
20170513-104705.jpg



11時前になるとオープニングセレモニー
スタート位置にみんなで集合。司会進行は、女性自衛官。
手元の進行表はパウチで水濡れ対策。どのような状況下でも最大のパフォーマンスを発揮する準備を怠らないのが自衛官なのだ。
20170513-105547.jpg


横断幕が地面でリフレクトするほど雨が降ってる。
20170513-105840.jpg


入間基地 中原茂樹司令の合図でスタート。
ジャンパーの胸には空将補の桜星2つ。
20170513-105958.jpg


滑走路上は、傘をさせないためみんなレインコートを装備。
これは、FOD(Foreign Object Damage)を防止するため。飛行機のエンジンが異物を吸い込んでダメージを受けないための措置。
らしいけど、たくさんの人が一斉に傘さして歩くと参加者同士もあぶないから安全第一のためなのかも。いってらっしゃい。


破壊機救難消防車(A-MB-2)が恒例のウォーターキャノンでウォーカーを出迎える。
20170513-110343.jpg


待機車2号
機動展開時にトイレ、洗面所、シャワーを使用できる車両。最前線で任務を行うにはこういうユーティリティな設備も必要だ。



高射隊のペトリオット
弾道ミサイルに対処する最後の砦。展示されていたのは迎撃ミサイルを発射する射出機。
その他には、レーダー機やアンテナマスト・グループ、射撃管制装置などたくさんの車両がある。ペトリオットは、全部車両なのでどこにでも移動できるのが強みだ。陸上の装置だけど陸自じゃなくて空自が運用している。
20170513-111016.jpg


埼玉県警航空隊のさきたま(ユーロコプター式EC135P2+型)
コクピットはグラスコクピットの新しい機体だ。



T-4中等練習機
やっぱりコクピット公開は中止!? 
雨のおかげでどこからでも好きな角度で撮り放題!
20170513-111859.jpg


飛行点検隊 U-125(29-3041)
飛行点検隊、通称フライトチェッカーは全国の自衛隊基地にある航空保安施設を点検する部隊。自衛隊の中で入間基地にしかない任務で陸海空自のすべてを点検している。


国防女子からパンフレットをもらっちゃった。ありがとう。
他にもフライトチェッカーの仕事をいろいろ聞けた。



C-1戦術輸送機
入間基地航空祭でどエライフォーメーションフライトを見せるシーワン。
今日は、しずかに地上展示。
20170513-112804.jpg

土砂降りになってきた。シーワンの中に退避だ。
20170513-112427.jpg

奥で、イケメンが説明スタンバイ。
C-1の乗り心地や緑色の椅子のことなどトーク力も抜群。
20170513-112507.jpg

コクピットを覗き込むとアナログ感満載の計器類。操縦桿の川重マークもレトロ。
20170513-113025.jpg

それもそのはず1975年製造。40年近く頑張っている機体なのだ。
C-1は、耐用年数を過ぎて用廃が進んでいる。
20170513-112751.jpg


機体の後部にあるハッチからは陸自の空挺団が降下。
JUMPシグナルが光ったら新幹線の速さで東京タワーの高さで飛んでるC−1から空挺隊員がボトボト飛んでいくらしい。「すごいっすよー、空自は飛びませんけどね!」と空自のイケメン(笑


小雨になったな。隣のCH-47Jチヌークに移動だ。
20170513-112740.jpg


CH-47Jチヌーク
災害派遣に山火事の消火活動に大活躍の大型ヘリコプター。
20170513-114018.jpg

こちらの機内にもイケメン。
いろいろ話を聞くと自衛隊機は乗り心地などの快適さは…なさそう。
クールビズ28度は暑いだなんだと文句を言ってるの恥ずかしくなる環境で任務にあたっているのだ。
20170513-114126.jpg

コクピットをめっちゃ近くから見せてくれる大サービス。
20170513-114327.jpg

バブルウインドからさっきのC-1を視認。バブルウインドとは、後方側にある機体から飛び出た窓でエンジンや地上の様子を見ることができる。
20170513-115117.jpg


おお、消防隊が待っている。すぐに見に行くぞ!
20170513-114201.jpg


破壊機救難消防車(A-MB-2)
航空自衛隊は、空港用化学消防車を破壊機救難消防車と呼んでいる。
水と薬液を搭載して現場に駆けつけ射程80mのタレットノズルで消火する。


グイグイ写真を撮ってると、「乗りますか?」
やったー!普段は子供たちに阻まれてなかなかグイグイいけないけど今日は貸切。
運転席に乗ってボタンをポチポチ押しちゃったぞ。
20170513-115715.jpg


彼らも航空自衛隊。消防も自衛隊のお仕事のひとつなのだ。
自衛隊の基地には消防隊が編成され航空機が訓練するときは、必ず滑走路脇で控えている。外周にでみるときは気にしてみて。
20170513-115745.jpg

窓の上にある謎ノズル。
これは火災時の熱からフロントガラスを冷却するための仕組み。そんなに熱いのかよ…。
20170513-115838.jpg

C-130H輸送機への貨物を搭載・卸下するための車両。まじまじ見てると…。

「乗りますか?」(本日2度目)
やったー!もちろん乗りますとも!
20170513-115929.jpg

見た目はデカイのに操縦席はコンパクトすぎ。キューキューだぜ。
不要なものは一切ないパネル。現代社会に必要なエアコンもない。バックミラーもよく見えないし大変じゃないですか?「だいじょぶです。仕事ですから!」
なにこのポジティブ!今日話した若い自衛官はみんなそろって前向き。
20170513-120135.jpg

お名前は「C-130型航空機用カーゴローダー」
入間基地に配備されていないC-130Hハーキュリーズ用がなぜ?
C-130型って名前だけどC-1も搭載・卸下できるんだって。
20170513-120224.jpg





浜松基地から中部航空音楽隊が演奏に来てくれた。
音楽で楽しませてくれるもの自衛隊のお仕事のひとつ。
20170513-131000.jpg

幅広いレパートリーとノリノリのサックスマンの演奏で会場は盛り上がり!
入間基地の広報さんもかぶりつきで撮影。
20170513-131156.jpg

アンコール演奏に盛大な拍手。
20170513-131629.jpg


曹士食堂で振る舞われたイーグルカレー
子供でも美味しく食べれる絶妙な甘さと辛さ。具も大きめで大満足。
作ってくれたのも自衛官。食事を作るもの自衛隊のお仕事のひとつ。
20170513-121436.jpg

雨でも開催してくれた航空自衛隊入間基地の皆さんどうもありがとう!

さらに、ありがとうなのがコレ。抽選会ではじめて当たったー!
20170513-165846-2.png


入間基地ランウェイウォーク2017のメモ
・雨でも開催。朝7amにホームポージで開催案内。
・入間基地正門で当選ハガキをドライブスルー方式で確認。スムーズに入門
・駐車場からシャトルバスでエプロン地区へ。
・シャトルバスは、大型バス、中型バス、クラウンの3タイプ。
・雨のためカレー仕込み中の野外炊具は見当たらず。
・C-1地上滑走は、水飛沫がドラマティック
・ペトリオットの展示は射出機のみ。パックさん P太 も不在。
・サイポン、ピクルス王子とパセリちゃんは体育館で応対。
・お馴染みのらんまる ぽむぽむ タイプα(@ranmaru_type_a)さんもお見かけ。
・ほぼ全員が雨合羽で滑走路を行軍。
・地上展示は見放題。C-1、CH-47Jが機内公開。
・地上展示担当の自衛官はみんなイケメン。しかも案内が親切丁寧。
・イーグルカレーは、普通にうまい。
福神漬は端に配置。(昨年は中央)
・幻の硫黄島とうがらしは今年もなかった。
・配膳任務の自衛官の目配せがすばらしい。準備、配給、回収が迅速で正確。
・中部音楽隊のバンドマスターがノリノリで楽しませてくれた。
・自衛隊のイベントはすべて自衛官が行う。
 交通整理、バスの運転、司会進行、会場説明、食事の提供、音楽の演奏。
 自衛隊は、いろんな職種の仕事がある。



前回までのランウェイウォーク
イーグルカレーを見比べてみて!
入間基地ランウェイウォーク2015。滑走路を歩いたあとは甘口イーグルカレー
滑走路を地上闊歩してきた。入間基地ランウェイウォーク2014
滑走路を地上闊歩してきた。入間基地ランウェイウォーク2013





モンベル(mont-bell) トレッキングレインポンチョ 1128498

モンベル(mont-bell) トレッキングレインポンチョ 1128498

  • 出版社/メーカー: モンベル
  • メディア: ウェア&シューズ




スポンサードリンク


nice!(2)  トラックバック(0) 

入間基地航空祭2016 入間名物のC-1編隊と青空のブルーインパルス|午後編 

入間基地航空祭2016 入間名物のC-1編隊の続きだ。

よーこそ、入間基地航空祭へ!
人で埋め尽くされた会場でブルーインパルスの展示飛行のはじまり。

4機のT-4がダイヤモンド・テイクオフ!
20161103-133035.jpg

そのまま着陸灯を点灯させてのご挨拶。ダイヤモンド・ダーティー・ローパス
20161103-133144.jpg

6番機のロールオンテイクオフ!
山﨑(BLADE)さんの展示飛行を見るのは今日が初めてだ。
20161103-133215.jpg

ファン・ブレイク
4機のT-4が一番密集する隊形。会場をぐるっとまわる。
20161103-133408.jpg

リード・ソロ5番機 園田(EDEN)さん。
4つのポイントでビシッ!と止まるキレのある4ポイントロール。
20161103-133448.jpg
20161103-133449.jpg

オポージング・ソロ6番機 山﨑(BLADE)さん
5番機とそっくりな写真だけど、こっちはゆっくりと横転するスロー・ロール。
20161103-134028.jpg

実はかなりの高度なテクニックらしい。
20161103-134029.jpg

5番機と6番機のソロの共演。
山﨑(BLADE)さんは橋本(ROVER)さんから技をばっちり継承していた。

背中同士で航過するカリプソ。
20161103-134249.jpg

オポジット・コンティニュアス・ロール
ひさびさにいい感じで写真が撮れた。7D MarkⅡの連射性能のおかげである。
20161103-134544.jpg

ワイド・トゥ・デルタ・ループ
会場後方から飛んでくるぞ。
20161103-135200.jpg

フェニックス・ロール(新課目)
5機のT-4がフェニックスを象取って雄大に飛翔する。
20161103-135440.jpg

フェニックス・ループ(新課目)
はじめたみた課目。フェニックス隊形でループする1区分にバッチリ似合う課目だ。
20161103-135832.jpg

スタークロス
大きな星型がみごとに決まる。
20161103-140324.jpg

盛り上がった雰囲気を全課目ナレーション付きの動画で楽しんでくれ。
入間基地航空祭2016 ブルーインパルス展示飛行 1区分 ナレーション付


1. ダイヤモンド・テイクオフ・ダーティー・ターン
2. ローアングル・キューバン&ロールオン・テイクオフ
3. ファン・ブレイク
4. 4ポイント・ロール
5. チェンジ・オーバーターン
6. インバーテッド・コンティニュアスロール
7. レインフォール
8. バーティカル。クライムロール
9. スロー・ロール
10. チェンジオーバーループ
11. カリプソ
12. レター8
13. オポジットコンティニュアスロール
14. 4シップインバート
15. キューピッド
16. ラインアブレストロール
17. 360°ターン
18. ワイドトゥデルタループ
19. フェニックスロール
20. フェニックスループ
21. ボンロンロール
22. バーティカルキューバン8
23. スタークロス
24. タッククロス
25. ローリングコンバットピッチ
26. コーク・スクリュー



青い珊瑚礁にのせて帰投ショーのはじまりだ。

地上展示していた2機のF-15戦闘機が小松基地に帰投。プログラムのひとつなので期待したい。ところがだ。えーーー、ふつーじゃん!このまま帰っちゃうの?マジで?


しかし飛び立った後、旋回しながら

「管制塔、ローパスをリクエストする。」

なにこれカッコいい!トップガンみたい!!
部隊の違う2機のF-15戦闘機がフォーメーションを組んで航過。
期待に応えてくれた貴重なローパスだった。



海自のP-3Cがサプライズ!?で上空高くフライバイ。
20161103-145729.jpg

U-4多用途支援機(75-3252)。あれ?どこいくの?
20161103-151000.jpg

T-400(01-5060)
美保基地から来てくれた航空祭にはお馴染みの機体。
20161103-152011.jpg

海自のSH-60Jも帰投
いつもはオトナしい海自ヘリが扇子を振ってバイバイしていった。



帰投フライトはいつも楽しませてくれるAH-1Sコブラ。
今年もぶんぶん唸ってプチ機動。


ご近所の立川駐屯地からのUH-1とOH-6Dは仲良く一緒に帰投。


横田基地のアメリカ空軍UH-1N、スピアが帰投。
パイロットはぶんぶん手を振ってるし、シュッとした士官もご挨拶。


ものすごい角度で旋回して戻ってきたと思ったら
20161103-153507.jpg

こっち撮影してるよwww
20161103-153522.jpg

埼玉県警察のさきたまも大サービス。飛行テクニックをちょい見せ。
20161103-153901.jpg

横田基地のアメリカ空軍U-12J。気持ち翼をふってくれたかな?
20161103-154625.jpg


百里救難隊 U-125A
毎度のことだけど救難団の帰投はエルロンしちゃうんじゃね?ってくらいブンブンしてる。


救難最後の砦、救難ヘリSH-60J。
あーあ、そのまま帰っちゃったよ、とガッカリさせといて会場に舞い戻る役者っぷり。
ヘリでバイバイしながら百里基地へお帰り。


動画の帰投ショーも見てくれよな。
入間基地航空祭2016 外来機帰投ショー F-15他 / 陸自 / 海自 / 米軍





Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

ヒコーキ撮影に抜群に最強のカメラ。APCで焦点距離が1.6倍!望遠が必要になる撮影に最適。高速な連写性能とフォーカスにきっと大満足。最近はほとんど7D2で撮影だ。
キヤノン EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: ムック

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいレンズ。
驚きの写りを見せてくれるハズだ。
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


nice!(0)  トラックバック(0) 

入間基地航空祭2016 入間名物のC-1編隊と青空のブルーインパルス|午前編 

入間基地航空祭。
今年は、のんびりと出発して稲荷山公園駅に9時ちょっと前に到着。
臨時改札をSUICAでするっと通過。
入場する前の荷物検査が厳しくなってセノビーや椅子が禁止。
持ってきたひとは放置場所に置きっぱなして帰りに持ち帰るシステム。預かり番号はないからなくなっても仕方ない感じ。

9:00 オープニングフライトは駅のそばで目視。カメラ出してなかったぜ!

埼玉地本のモデルはブルーインパルス4番機パイロット川村(RUM)一尉。所沢高校の出身。スチール撮影でもシュッとしてカッコいい。
20161103-090326.jpg


エプロンに着くとCH-47Jチヌークの消火展示が始まってた。
バケツから大量の水をぶちまける。さすがはチヌーク、力持ちだぜ。
20161103-091323.jpg

揺れるヘリの後部ハッチから安定感抜群の機上自衛官が盛大に手を振ってる。
20161103-091903.jpg

9amを過ぎたばっかりだけどエプロンはご覧の模様。すでに人間 航空祭。
エプロン地区はシート禁止なので地上展示前は起立地蔵たちで埋め尽くされてる。今の時間はクリアな写真は撮れない。
20161103-091736.jpg

アメリカ空軍横田基地のC-130Hハーキュリーズが上空をフライバイ。
入間基地の混雑っぷりを見に来てるのかも。
20161103-094027.jpg


百里救難隊U-125AとUH-60Jの救難展示
毎年、この時間はブルーインパルスのサイン会と被ってるのでパパッとしか撮れてない。そして逆光なのだ。



ブルーインパルスのサイン会は誰の並びなのか分かんないくらいの長蛇の列。
まだサインをもらっていないのは先日、展示デビューした6番機山崎(BLADE)一尉。
最近は、コークスクリューが調子いいみたい。話すとふわっとした感じだけどオポージング・ソロを任されている凄腕パイロットなのだ。

20161103-102759.jpg


今年はおとなしくストレートでフォーメーション・テイクオフ
20161103-094539.jpg

レッド・ドルフィンはちょっとクライム。
20161103-094915.jpg

離陸した4機のT−4がダイヤモンド隊形で会場上空を航過。
20161103-095406.jpg

レッドドルフィンがハイスピード・パス。
20161103-095605.jpg

5機のT-4が揃ってのクロス隊形(!?)。2回目のパスは、V字隊形。



エシュロン隊形からのコンバットビッチで着陸。これで終わりみたい。
うーむ。今年は、機動飛行はなしだ。



C-1戦術輸送機とU-4多用途支援機が編隊飛行に向けてテイクオフ。
C-1がバンバンと離陸していく姿は入間っぽくてなかなかの迫力だ。



離陸した6機のC-1がフォーメーション!
後ろにU-4がうっすらついてきてる。
20161103-110458.jpg

U-4は飛んでる姿がなんとも美しい。
20161103-110533.jpg

ギアダウン、U-4のダーティー・ローパスはちょっと珍しいかも!?
20161103-110750.jpg

C-1が6機でワイドローパス。鳥さんが1羽ずーっとくっついてた。
輸送機が密集して飛ぶと迫力あるな。




精鋭無比!第一空挺団がC-1から空挺降下。空自と陸自の連携が見ものだ。
C-1輸送機を誘導するのは降下誘導小隊。無線でC-1のパイロットに指示を飛ばす。

「コスモ6番機、少し右へ
 コースよし、コースよし、ヨーイヨーイヨーイ、降下!降下!降下!」

実際は、BGMの音でかすぎてせっかくの臨場感が台無し。音下げてくれよな。
20161103-111150.jpg

鷲は舞い降りた。
使っている落下傘は空挺傘696MI。
20161103-111212.jpg

空挺降下に見とれていると、近っ!!C-1がファンブレイク!
会場がどよめくぴったり密着度。
20161103-111424.jpg

コスモ6番機またきたー!
まじかよ、12傘なのに両扉から降下した?両扉から降下するのは高いスキルがいるのだ。
20161103-111757.jpg

空の神兵が華麗に舞い降りた。
20161103-111813.jpg

空自C-1輸送機のロードマスターの父と陸自空挺団の息子が共演した空挺降下。
かっこよすぎ!
20161103-111907.jpg

U-4が着陸態勢。
20161103-112110.jpg

C-1もオーバーヘッドランディングで着陸態勢へ。



ハイスピードで降下してコンバットビッチ!
戦術輸送機の機動性は伊達じゃない。



着陸したC-1輸送機は整列してタキシング。これも入間名物である。
クルーはギャラリーに手を振って応える。ブルーインパルスばりの人気っぷりだ!
20161103-113717.jpg

写真では伝わらない臨場感は動画で!

入間基地航空祭2016 C-1、U-4 、空挺団 全展示飛行


今年は、ナレーションがいたって普通。
往年のMCペンタや昨年の先輩と後輩のナレーションの面白さがなくなったのが残念だった。展示内容が自粛気味なのは仕方ないけど式典をスピーカーで放送したり例年になくハテナな感じがした。


さーて、午後のブルーインパルス編に続くぞ。



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

ヒコーキ撮影に抜群に最強のカメラ。APCで焦点距離が1.6倍!望遠が必要になる撮影に最適。高速な連写性能とフォーカスにきっと大満足。最近はほとんど7D2で撮影だ。
キヤノン EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: ムック

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいレンズ。
驚きの写りを見せてくれるハズだ。
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


タグ:入間基地
nice!(0)  トラックバック(0) 

入間基地で「空軍参謀長等招へい行事」曇天の空自商品展覧会。 

入間基地における「空軍参謀長等招へい行事」

2016年国際航空宇宙展2016の開催に併せて空軍参謀長等招へい行事を実施。
各国の空軍参謀長に自衛隊の持つ高度な技術力をアピール!

撮影ポイントは入曽多目的公園。
入間基地の飛行コースの真下すぎなんだけどゆったりと撮れる。
人気の病院脇のポイントには脚立がずらーーっと並んでるのが見えるぜ。


入曽多目的公園に到着したと同時にCH-47Jチヌークがバタバタ。
20161013-144212.jpg

すぐに救難ヘリUH-60Jロクマル。
20161013-144343.jpg

飛行点検隊のYS-11


救難捜索機U-125A
20161013-144620.jpg

多用途支援機U-4
20161013-144750.jpg

本日は、エアバンドが修理中で丸腰。
様子がわかんないけどバンバン飛んでくるから今が航空機の飛行時間なのかも。

入間基地といえばC-1。3機が編隊で航過。
20161013-144905.jpg

同じくT-4も3機で航過していく。
20161013-145041.jpg

百里基地からF-4。ドン曇りの空と真上過ぎてRFなのかも判別できず。
20161013-145214.jpg


F-15Jの編隊飛行。
20161013-145339.jpg

さっきのC-1が戻ってきた。コンパットピッチで着陸態勢。
20161013-145735.jpg

埼玉県警察のさきたま(JA310A)
20161013-151153.jpg


T-4がベタ低くテイクオフ!


なんかどデカイ機体が向かってくるぞ。お!XC-2!
国産の次世代輸送機は、海外の空軍参謀長へのアピールにもってこいだ。


巨体なのになかなかの機動性。
これから航空祭とかで展示飛行していくのが楽しみだぜ。
20161013-155905.jpg

さっき離陸したT-4が寄り添ってきた。岐阜基地のチェイス機だったんだ。
さすがテストパイロット。キレッキレな離陸も納得。
20161013-155911.jpg

最新鋭の機体の後に大ベテランの国産プロペラ機YS-11。



真っ黒写真ばかりだけど入間基地に揃った空自の航空機たちを一同に眺められて得した気分。入間基地航空祭も期待したい。



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

飛行機撮りにはもってこいのカメラ。出番が多くて大活躍してくれてる。
キヤノン EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: ムック





スポンサードリンク


タグ:入間基地
nice!(0)  トラックバック(0) 

第1区分アクロバット。青空に純白のスモークな入間基地航空祭|ブルーインパルス編 

入間基地航空祭。午後からはお待ちかねのブルーインパルス。
エプロンは人で溢れまくって大混雑。みんながブルーインパルスを待ってる。

BGMが流れると6番機TRの山﨑(BLADE)1尉のナレーションがスタート。
これから約35分間ダイナミックなアクロバット飛行と美しい編隊飛行の妙技をお楽しみください。本日の後席パイロットは1番機 稲留(DOM)2佐、2番機 會田(AKI)3佐、3番機 上原(MUSHA)2尉、4番機 川村(RUM)1尉。

お待ちかねのブルーインパルスの展示飛行が始まると総立ちのギャラリー。

ダイヤモンド・テイクオフ
4番機が絶妙なタイミングでダイヤモンド隊形に移行する動きにご注目ください。
20151103-133048.jpg

ローアングル・キューバン・テイクオフ
20151103-133242.jpg

ファン・ブレイク
4機のT-4の最短距離が約1mという最も密集したダイヤモンド隊形を保ったまま会場左手後方から皆様の前を通過します。4機によるファン・ブレイクでした。
20151103-133403.jpg


一区分


4ポイント・ロール
園田(EDEN)3佐が注目してほしい課目。今日もビシッと90度決まってるますよ!
20151103-133449.jpg

チェンジ・オーバー・ターン
傘型隊形から徐々に密集隊形に変化します。スモークの間隔が徐々にせまくなっていくのがご覧いただけたでしょうか。
20151103-133710.jpg

インバーテッド&コンティニュアス・ロール
正確な背面飛行をお見せします。
20151103-133736.jpg

ダブル・ナイフ・エッジ
2匹のドルフィンがキレ味よく会場を横切っていく。
20151103-134249.jpg

4シップ・インバート
さあ始めに1、4番機が続いて2、3番機が背面飛行になりました。4機全機の背面飛行、4シップインバートでした。
20151103-134639.jpg


キューピッド
ブルーインパルスから皆様の幸せと平和を願って日本一大きなハートマークのプレゼント
20151103-134809.jpg


デルタ・ロール
一枚の板のようにキレイな隊形を保ったまま横転を行う様子をお楽しみください。
20151103-135334.jpg

デルタ・ループ
直径2000mの雄大な円を描いていきます。
20151103-135543.jpg

スタークロス
大空に雄大な星を描く、ブルーインパルスのオリジナル課目、スター・クロスです。
20151103-140003.jpg

コーク・スクリュー
背面飛行をしている5番機の周りを、6番機が螺旋を描いていきます。
20151103-140406.jpg

入間基地航空祭2015 ブルーインパルス展示飛行 ナレーション付




プログラムに組み込まれたF-15Jの帰投
小松のドラゴンのお帰り。
入間基地に珍しいエンジン音が鳴り響く。
20151103-144222.jpg

ちょーっと高いドラゴンの羽ばたき。
ご支援ありがとうございました。お気をつけて。
20151103-144348.jpg


F-2Aの帰投
ド派手な帰投をブチかましてくれる三沢のF-2。
お馴染みとなった低い上がりでアフターバーナー・テイク・オフ!
20151103-144919.jpg

これこれ、F-2はこうでなくっちゃ。
航空ファンが見たかった帰投はコレだぜ!翼をブンブン振ってバイバーイ!



海上自衛隊のSH-60J哨戒ヘリコプター(8286)。館山航空基地にRTB。
海自の帰投はクルーが手を振ってくれるだけで地味なんだよね。
20151103-151105.jpg

あれ?戻ってきた?
扉を開けて手を振ってるぜ。しかも機体をバイバイしてったぞ。
驚いた!海上自衛隊もやってくれるぜ!
20151103-151236.jpg

陸上自衛隊のトリオはちょっと控えめにお辞儀してRTB。
20151103-152229.jpg
20151103-152757.jpg
20151103-153231.jpg


百里救難隊のUH-60J。スペマ機を展示してくれてありがとう。




T-400(41-5055)第41教育飛行隊 美保基地へRTB。
今日はバイバイして飛んでった。お気をつけて。


アメリカ空軍のC-12(60083)
20151103-154839.jpg


小牧基地のC-130H(75-1077)。
空色ハークが夕日を浴びながら帰っていく。
小牧がおとなしく帰るワケがなくド低空で翼を振りまくる。最高だぜ!



海上自衛隊のP-3C哨戒機(3-5079)
普段はおとなしく帰投する海自だけど今日は一味違う。
まるで潜水艦を追い詰めるかのような低空滑走でバイバイしながら帰って行った。
やってくれるじゃないか。次回も派手目で頼むぞ。



おつかレスキュー!入間基地航空祭 外来機帰投祭ダイジェスト





ブルーインパルスの帰投は明日。
20151103-160318.jpg


入間基地航空祭は帰投の終わりまで追い出しかけられることなく最後まで楽しめた。
リモートで来てくれた他の基地の航空機を見送れるのはいいね。

今年の来場者は20万人。それだけの人が来るとエプロンは結構散らかってた。
自衛官はこの日のために準備してこの後は片付けて掃除して明日は通常通りの任務。
「ご来場ありがとうございました。」と言っていたけどこちらこそありがとう。





ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

ブルーインパルス撮影の第一人者、黒澤カメラマンが監修。
パイロットや課目、写真の撮り方までまさに完全ガイド!
ブルーインパルス好きは持っておきたい1冊。DVDもお得。
ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ムック


ブルーインパルス2015サポーター's DVD

毎年買っちゃうブルーインパルスのDVD。
ブルーインパルス2015サポーター's DVD

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD




スポンサードリンク


nice!(1)  トラックバック(0) 

これぞ入間基地航空祭!シルバーインパルスにC-1のビッグフライト|午前編 

毎年、20万人を超える来場者の首都圏屈指の大イベント入間基地航空祭2015
今年も朝一からラストまで調査してきたぞ。

稲荷山公園駅でゲートオープンを待つ。
開門時間になるとオープニングダッシュを防止するために自衛官がロープを張ってじりじりと前進。あまりスムーズな感じはしなくて進んだり止まったりでようやくエプロン地区。

オープニングフライト
9:00ジャスト。T-4(16-5660)によるオープニングフライト。会場正面をワンパス。
20151103-090013.jpg

ミス航空祭がジープで登場。
普段は鉄の塊を撮ってるでかいレンズを構えたおっちゃんたちは愛想よく手を振ってくれるミス航空祭に釘付け。いつもと同じ連射してるよ。(笑
20151103-090359.jpg


YS-11FC&U-125
飛行点検隊、赤白フライトチェッカーの飛行展示。
このコンビの飛行展示は入間基地航空祭でしか見れないぞ。
20151103-093514.jpg

U-125とYS-11がローパス。
ブルーインパルスのサイン会も早速始まってる。並びながらなのであまりうまく撮れない。


YS-11FCの後ろにU-125が飛んでる偶然ショット。
20151103-094238.jpg

YS-11FCの8の字旋回。
大きな翼での大旋回。迫力がある。
20151103-094257.jpg


T-4 シルバーインパルス
シルバーインパルスの展示飛行。
ベテランパイロットの操るT-4のフォーメーションテイク・オフ。
まずはストレートで飛び去っていく。
20151103-100530.jpg

続いての2機は恒例のTACデパーチャー。シャッターチャンス!
20151103-100548.jpg

4機が集合して「ダイヤモンド隊形」で進入。
さすがベテラン。キレイなダイヤモンド形。
20151103-101001.jpg

隊形を組み直す間はソロ担当のT-4(46-5723)が飛び回る。着陸灯を点灯させてのご挨拶だ。



4機編隊が隊形を組み直して2パス目は矢の形「アロー隊形」
20151103-101338.jpg

撮った写真を確認してる暇はない。T-4(46-5723)のソロパートだ。
20151103-101524.jpg


最後は「ハンマーヘッド隊形」でご挨拶。なかなか見れない隊形なので得した気分。
20151103-101743.jpg


C-1とU-4がテイクオフ
展示飛行のためにC-1輸送機がバンバン離陸していく。
20151103-103229.jpg
U-4もテイクオフ。
20151103-103255.jpg


レスキューーーーターーイム!
航空救難団のレスキュータイム!
救難隊は全国10か所にある。今日は茨城県百里基地に所在する百里救難隊による捜索救助活動。
百里救難隊発足50周年記念塗装機のUH-60J(08-4572)で来てくれた。
百里クルーがんばレスキュー!
20151103-104018.jpg

UH-60Jから航過した救難員は航空自衛隊の救難員課程、陸上自衛隊の空挺レンジャー課程をクリアした救助活動のエキスパート。
UH-60Jのクルーもまたエキスパート。メディックが地上で救助活動の間、ホバリングでその場にとどまるパイロット、救助者を安全・安定したままホイストで吊り上げる機上整備員の技量もスバラシイのだ。
20151103-104222.jpg

会場ナレーションもかっこよかった。
” That others may live(他の人を生かすために)スローガンとしています。
 助けを求める人がいる限り、どこへでも出動します。"
マジ、頼もしい!

このように救難員が全力で救助活動をできるもの整備員おかげ。
整備員の皆さんおつかレスキュー!百里クルー、サンキューレスキュー!
20151103-104953.jpg


CH-47J チヌゥゥゥク!
2t+2tの貨物を軽々持ち下げる力持ち。優雅な飛びっぷり。
CH-47Jチヌークは大型輸送ヘリ。レーダーサイトなど航空機が着陸できない場所に人員や荷物を輸送できる。災害時にも大活躍。滑走路がなくても空き地があれば支援に飛んでくるパワフルなやつ。
あれ?今年はMC自衛官じゃないぜ。南国のMCペンタからのお便りもなくてちょっと物足りなかった。
20151103-105330.jpg


C-1輸送機のビッグフライト
ナレーションは村西3曹先輩と荻島2等空士。
入空隊に配属から3か月の荻島2士の質問にベテラン村西3曹が答える掛け合い漫才風が面白い。
うちなー訛り!?が可愛らしい航空祭ルーキー荻島2士の来年が楽しみだ。

C-1(しーわん)
5機のC-1が集合隊形で滑走路上空に進入。
編隊長にフォローミー!俺についてこいの迫力ある編隊飛行。
BGM[「Follow Me / E-Girls
20151103-110451.jpg

U-4多用途支援機(ゆーよん)
白い機体に青いストライプがカッコイイU-4(72-3251)。
自衛隊っぽくない飛行機は人員輸送に使われて長距離を飛べちゃう。
皆さん、今がシャッターチャンスですよ!
20151103-110521.jpg


C-1は、国産の輸送機で優れた短距離着陸性能。日本全国の飛行場どこでも離着陸できる!
ってさっきパイロットの人が言ってみたい。(笑

陸上自衛隊の精鋭「第1空挺団」の空挺降下。
まずは、上空の風や気象条件を調べるためにウイングダミーと呼ばれる空挺隊員が降下!
パラシュートは20kg。重たいと50kgもあって荻島2士には担げない重量。
入空隊は陸自にも支援しているのだ。
20151103-111111.jpg


C-1輸送機の優れた機動を展示。
重力加速度に耐えて旋回!そんなC-1に曲に合わせてガンバレ!
20151103-111303.jpg

3機のC−1が着陸形態での進入。フラップと脚を下げてのフライバイ。
ランディングライト「おーーーん」
機体の間隔はパイロット同士がジャンケンできるくらい近くなるみたい。
20151103-111353.jpg

C-1のハイパフォーマンス!
大きな8の字旋回めちゃめちゃ捻っているけど輸送機なのである。世界でも類を見ない機体性能!
戦闘機と違って視界が狭いためにキレイな8の字を描くのはとても難しい。
BGMは「Cotton Eye Joe / Rednex
20151103-111552.jpg
20151103-111702.jpg


陸上自衛隊第1空挺団の落下傘降下
事前に侵入した第1空挺団降下誘導小隊がC-1輸送機を誘導する。
部隊を安全かつ正確に降下させる。
「コースよーし、コースよーし、コースよーし、降下!降下!降下!」

鷲は舞い降りた。
精鋭無比、第1空挺団の落下傘降下。
ぱっぱと難なく飛んでるけど新幹線レベルの210km、東京タワーより高い高度340mから飛び降りてるみたい。マジか、、。空挺団最強すぎる。
20151103-111811.jpg
着地は2階から飛び降りたくらいの衝撃を受ける。
ゴロンとド派手に転んで見えるけど5点接地という衝撃を分散させる空挺隊員の技術なのだ。
20151103-111923.jpg


U-4多用途支援機。ユーヨンの進入。
20151103-112049.jpg

ロックンロールヒーロー!
C-1輸送機の360度オーバーヘッドランディング
左急旋回、進行方向を90度変えて着陸形態に転換する。
20151103-112349.jpg

コンバットピッチ。
着陸時に急減速するための大旋回。機内のクルーはえらいことになってそう。
20151103-112443.jpg

編隊飛行を展示した3機のC-1がランディング。
20151103-112640.jpg


ソロパートを担当したC-1は最後まで荒ぶる。
会場をローパスしてから
20151103-112906.jpg

ズームアップ!急上昇!
20151103-112912.jpg

着陸後もサービス満点。小さいまどから手を振ってくれた。
20151103-113922.jpg

入間基地ならではのC-1勢揃いの地上滑走。
たくさんの航空機を航空祭で飛ばすためには飛行プランを調整したり整備をしたり修理したりと色々と大変なのだ。オレたちを楽しませるために入空隊のみんなが頑張ってくれているのだ。
20151103-114053.jpg


今年はしっかり者の村西3曹と可愛らしい荻島2士のナレーションで例年以上に入間基地の部隊のことががよくわかったぞ。来年も楽しいナレーションを期待したい。


エプロンも満員。午後からはブルーインパルスの展示飛行。
天気もいいから青空の第1区分をレディィィィ!
20151103-115458.jpg
20151103-115519.jpg


入間基地航空祭2015 ナウ!キレッキレの第1区分|ブルーインパルス編に続く。


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

ちょっと高級だけど飛行機撮りにバッチリなレンズ。
Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera

Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

俺たちの撮影フィールドは過酷だ。
大切なレンズには安心のレンズ保護フィルターを装着しておこうぜ。
以前、破損から守ってくれたKenkoを信頼してる。

Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


nice!(0)  トラックバック(0) 

入間基地ランウェイウォーク2015。滑走路を歩いたあとは甘口イーグルカレー。 

航空自衛隊入間基地で毎年開催されているランウェイウォークに行ってきたぞ。
今年は、1000人の募集に対して4648人の応募。4.6倍の倍率に当選した。
残念ながら選に漏れたひとにはハズレ通知が早かったが当選者は結構ギリギリ( 4/13)に通知着。なかなか当たり券がこないからドキドキしながら待ってたぜ。
01-04251116.jpg


受付開始は9時。
9時過ぎに到着するといつも並んでいるゲートの車列はすっかり誘導されてスムーズに受付。基地内の駐車場に案内される。シャトルバスは本格的なバスから乗用車までいろんな車種が活躍。参加者をバンバン会場まで輸送していた。


10時前に会場到着。
炊事車ではおなじみのイーグルカレーの仕込み中。移動警戒隊が腕をふるう。
10-04250950.jpg

カレーのアクを丁寧にとって調理中。1000人分のカレーにも手抜きは一切ないのだ。
11-04250951.jpg


受付を済ませてランウェイウォークの開始までうろうろする。
抽選券にもなっているカードのストラップの色が黄色の人は体験搭乗に当選したラッキーマン達。オレ?青だぜ!

2015年2月に配備されたばかりのぴっかぴかの大型破壊機救難消防車(A-MB-3)。
米オシュコシュ社製「ストライカー」が入間基地に配備されていた。未来的なフォルムにホレボレするかっこよさ。ゆっくり眺められるのもランウェイウォークならでは。
12-04251001.jpg


展示されていた中型戦術輸送機C-1(#78-1022)
待ち時間なくすんなりと機内見学が出来る。
17-04251018.jpg

使い込まれた感のあるエンジン周りは真っ黒。頑張っている証なのだ。
16-04251014.jpg

製造番号8022は1977年から輸送任務をこなしていた機体。
残り数十時間で用廃になるみたい。長い間お疲れ様。
15-04251011.jpg

蒼き龍がトレードマークの第1高射群第4高射隊。首都圏をペトリオットで防空する部隊だ。
パックさん(PAC3)のP太が記念撮影に大人気。
18-04251021.jpg

名刺を配って自己アピールも忘れない。

19-04251022.jpg
20-04251022.jpg



ピクルス王子&パセリちゃんもエプロンを巡回。
パセリちゃんは体力検定1級の証、体力徽章を付けてる。
13-04251006.jpg

飛行点検隊のU-125の地上滑走。去年はT-4だったけどU-125のほうが入間基地らしくていいね!もうちょっと滑走して欲しかったな。
40-04251039.jpg

ランウェイウォークに先立ち、入間ターミナルに国旗が掲揚される。伴奏は中部航空音楽隊
33-04251050.jpg

入間基地司令山本祐一空将補の挨拶。ジャンパーにも2つの桜星がついてる。
入間基地についてユーモアを交えて面白く誰でもわかりやすい説明。
カードをぶら下げて一緒に歩くようだ。(司令の抽選番号は当選してなかったぞ)
32-04251052.jpg

横断幕を先頭にスタート!
21-04251059.jpg

サイポン3兄弟のそらも颯爽とウォーキング。
34-04251100.jpg

大型破壊機救難消防車も派手な放水でウォーキングを応援する。
02-04251105.jpg

滑走路の端っこには着陸誘導灯が見える。
下にあるゴムはクラッシュバリア。もしも航空機がオーバーランしても受け止めるのだ。
30-04251114.jpg

滑走路には黒い線がたくさん。着陸時のタイヤ跡だ。
センターラインにぴったり着陸してある跡が多くて自衛隊の練度の高さがわかる。
31-04251124.jpg

ランウェイウォークで楽しめる入間感が満点のステキすぎる光景。
ずらりと並ぶC-1やYS-11を滑走路側から眺められるのはランウェイウォークならでは。
35-04251134.jpg
36-04251131.jpg
37-04251149.jpg

ランウェイウェイウォークのゴールにはピクルス王子&パセリちゃんと美男美女の国防男子と国防女子がお出迎え。あれ!?さっきとなかの人、入れ替わりましたね?
38-04251210.jpg

お待ちかねのイーグルカレー。今年はレシピの公開と硫黄島とうがらしがなかった。
昨年、辛くしすぎて子供に不評だったのか今年はみんなが味わえる甘口イーグルカレー。
超大盛りを頼むとご飯とルーが別盛りでホントに超大盛りにしてくれたようだ。
24-04251214.jpg

CH-47JAチヌークのの機内見学も楽々見学できる。
39-04251241.jpg

多少見慣れた感のある機内もせっかくなので見ておこう。
25-04251235.jpg

CH-47JAのコクピット。エアバンド表が気になるw
26-04251236.jpg


カメラ女子に人気だったT-4のコクピット。
航空祭だと大行列に並んでゆっくりみれないけど今日はじっくり写真が撮れてよかったね。
29-04251300.jpg

意外と狭いスペース。
28-04251300.jpg


銘版好きとしては見逃せない。
27-04251259.jpg


大抽選会は今年もハズレ。アンケートを書いてクリアファイルをもらった。
今年でランウェイウォークも10年目。
入間基地ランウェイウォークもだいぶ周知されてきて完成されたイベントになってきてるけど来年からは新しい趣向を凝らしたランウェイウォークを期待したい。

ランウェイウォーク状況終了!

GPSレシーバー GP-E2を使った本日のGPSログ。
ランウェイの途中で折り返してるのがバレバレだぜ!
入間基地GPS.png




自衛隊おでかけぴあ 2015-2016 (ぴあMOOK)

自衛隊おでかけぴあ 2015-2016 (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2015/03/19
  • メディア: ムック



エアショーガイド2015 (世界の傑作機別冊)

エアショーガイド2015 (世界の傑作機別冊)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文林堂
  • 発売日: 2015/04/16
  • メディア: ムック



ルーク・オザワの ヒコーキ写真の撮り方: 光、空、風景で魅せる!

ルーク・オザワの ヒコーキ写真の撮り方: 光、空、風景で魅せる!

  • 作者: ルーク オザワ
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2014/08/11
  • メディア: 単行本




スポンサードリンク


タグ:入間基地
nice!(2)  トラックバック(0) 

青空のブルーインパルス・ショーに感動!入間基地航空祭2014|ブルーインパルス編  

入間基地航空祭のブルーインパルス編を報告する。
動画もリンクしといたから気に入ったらみておくれ。

検索で来た人は前編。
今年も入間機が青空を飛びまくった。入間基地航空祭2014|展示飛行編 
も読んでみてくれよな。

昨日の予行で1番機がバードストライクにあって主翼を損傷。今日は予備機を1番機にしてフライト。


それでは、ブルーインパルスの展示飛行をご覧ください。

ダイヤモンド・テイクオフ・ダーティーターン(#1、#2、#3、#4)
4機のブルーインパルスがダイヤモンドの隊形で揃って離陸。そのままスモークをオンしながらターンしていく。これからのショーを期待させる課目なのだ。
60-20141103.jpg
61-20141103.jpg

ロールオン・テイクオフ(#6)
ゆっくりと見ている余裕はないぞ。ソロ課目を担当する5番機と6番機がテイクオフ。
62-20141103.jpg

ファンブレイク(#1、#2、#3、#4)
ブルーインパルスが接近する課目。
最近は機体が会場に近すぎて綺麗に見えない気がする?
63-20141103.jpg

4ポイントロール(#5)
64-20141103.jpg

チェンジオーバーターン
65-20141103.jpg


インバーテッド&コンティニュアス・ロール
50-20141103.jpg

背面飛行のときのポーズがツイッターで噂の5番機のパイロットは総括班長の會田三佐。
ヘルメットの番号は7番でブルーインパルスを総括している。ブルーインパルスを操縦することはないけど元ファントムライダーの戦闘機乗りだ。
51-20141103.jpg

カリプソ
67-20141103.jpg

レター8
68-20141103.jpg


4シップインバート
69-20141103.jpg


スラント・キューピッド
70-20141103.jpg

ボントンロール
72-20141103.jpg

6番機の橋本さんのスモークが、、。
73-20141103.jpg

サクラ
74-20141103.jpg

ローリングコンバットピッチ
75-20141103.jpg

コークスクリュー
76-20141103.jpg


ブルーインパルスの動画を20分にまとめ。展示課目と演技してる号機をコメントしてある。



外来機の帰投まつり。F-2Aのローパス&ハイレートは必見。三沢のF-2は期待を裏切らない。



ブルーインパルス2014サポーター's DVD

ブルーインパルス2014サポーター's DVD

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD

「絆」再びの空へ [Blu-ray]

「絆」再びの空へ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: Blu-ray




スポンサードリンク


nice!(1)  トラックバック(0) 

今年も入間機が青空を飛びまくった。入間基地航空祭2014|展示飛行編 

首都圏最大級のビックイベント「入間基地航空祭」
一昨年は22万人、昨年は空飛ぶ広報室効果もあって32万人の人手。2014年も雨予報から晴天になったことで恐ろしい人間航空祭の悪寒。


8:00am 現着今!稲荷山公園駅に到着。
航空祭当日は入間基地側の臨時改札が朝8時くらいにオープン。臨時改札の先で金属探知と持ち物検査。クリアするとその先で基地ゲートが開くまで待機。まだトイレは空いてるから行っておくのもいいぞ。
どんどんひとが貯まっていくけどなかなかゲートが開かないからこの人だかり。
99.jpg

8:40am 基地ゲートオープン。
まずは、踏切方面ゲートがオープン。福男がダッシュで走っていくのが見える。
すぐに臨時改札方面のゲートも開いて大人数の割には整然と進んでいく。

入間INNも航空自衛隊の60周年記念塗装。
33-20141103.jpg

まずはメシだ。一番近かった350円のうどんにしたが…。
ゆでが足りなくてヌルいせいかお味はイマイチ、、。大盛り過ぎて困ったぜ、、。
グッツの売店はどこも大混雑すぎてパス。

9:00 エプロン
毎年のことだがシートやイスにすでに最前列は満員で地蔵だらけ
地上展示の機体がまともに撮れないのはなんとかしてほしいぞ。


9:35-50 オープニングフライトと飛行展示
赤白チェッカーのおしゃれなカラーリングの飛行点検隊YS-11FC(12-1160)とU-125(39-3042)がオープニングフライバイ。
01-20141103.jpg

U-125がカメラアップデートで滑走路の端から端をローパス、レリゴー!
カメラアップデートでは、ゆっくりと飛んでるけど本気を出すと時速850km。北海道から沖縄(4300km)を5時間で往復できるのだ。
35-20141103.jpg

YS-11FCは飛行歴50年のベテラン。
もう自衛隊でしか見れない機体だけど飛行点検隊ではまだまだ活躍するぞ。
36-20141103.jpg
自衛隊で唯一の飛行点検隊で、陸自・海自・空自すべての航空保安施設を飛び回る。航空機が安全に空を飛べるのは飛行点検隊のおかげ。今日は、見かけなかったけど元ブルーインパルスの平岡班長も飛行点検隊に所属している。飛行点検隊をバッチリ説明してくれたナレーターはパネルオペレータの谷口ちあき二等空曹、埼玉県出身。とても聴きやすかったぞ。



10:05-25 T-4展示飛行
シルバーインパルスのいぶし銀の展示飛行が始まった。
3機のT-4(06-5650,46-5724,56-5735)がフォーメーションテイクオフ。
11-20141103.jpg

続いて2機のT-4(16-5656, 36-5708)がテイクオフ。せーの、
34-20141103.jpg

TACデパーチャー!シャッターチャンスである。
タンクの有無にも注目だ。
12-20141103.jpg

アローヘッド隊形とハンマーヘッド隊形。
シルバーインパルスは平均年齢50歳のベテランパイロットで編成。
編隊飛行はビシっとお見事である。


ブルーインパルスさながらの機動飛行もステキ。ギアダウンして翼をゆらゆらロックウイング。
16-20141103.jpg


10:40-55 CH-47JAチヌークショー
毎年恒例だったMCペンタこと今井一尉のナレーション。那覇基地に移動したので本年度から後任のペヤングオザキことオザキ三尉にバトンタッチ。
「祝空自」と「60周年」のデコレーション貨物(2t×2個)を鉄腕アトム1/12.5の力で軽々と吊り上げる。貨物だけじゃなく救助者、隊員などなんでも運んじゃう。
17-20141103.jpg

八の字旋回して挨拶。
ここで沖縄県のMCペンタさんからのお便り紹介でチヌークコールの引き継ぎ。ペヤングオザキのかけ声で、お子様も親御さんも!彼氏も彼女も!航空ファンも献血マニアも!みんなで!

チヌゥゥークチヌゥゥーク
ペヤングオザキの今後のナレーションが楽しみである。
18-20141103.jpg


11:00-10 救難展示
百里救難隊のUH-60J(08-4571)とU-125A(12-3018)がテイクオフ。
速度の速いU-125Aが遭難者を探すだす。
23-20141103.jpg


遭難者の救助開始!メディックがラペリングで降下。
軽く飛び降りてるように見えるけど実は結構高い。ビル4、5階の高さからロープ1本で飛びおりてあっという間に着地。腕力だけで降りてる豪腕細マッチョ達なのだ。


救難ヘリと救難捜索機はいつでも連係。
UH-60Jが救難活動のとき、U-125Aは周囲を旋回して百里救難隊との無線中継、周辺の天候チェックなどフォローしている。サバイバルキットの投下もU-125Aの仕事だ。
22-20141103.jpg

要救助者、救出!できればこっち側に向いて見せてほしかったなー。
24-20141103.jpg


11:20-45 C-1とU-4の展示飛行。Green Day/Basket CaseのBGMで開始だ。
入間基地の名物、C-1の大編隊。気がついたらもうすぐそこに飛んでた。
5機のC-1がデルタ隊形で進入してくる圧巻の絵。
26-20141103.jpg

C-1とU-4の異機種編隊。
25-20141103.jpg

本日の機動担当、C-1(78-1022)がファンブレイク。
翼を60度もバンクさせて横切ると会場が沸き上がる。
27-20141103.jpg

3機のC-1でエシュロン隊形で航過。ギアダウンで着陸灯を点灯させてご挨拶。
28-20141103.jpg

陸自空挺降下。BGMは「よっしゃあ漢唄
ところが強風のため中止。精鋭無比第1空挺団の男達にとっては、そよ風だけど空挺傘696MIは風任せ的なところもあるから、もしも観客席に降下すると危険だからね。
37-20141103.jpg


またまたやってきたC-1(78-1022)
うっぷんを晴らすようにハイスピード・ローパスをぶちかます。
29-20141103.jpg

地上展示してるC-130Hの尾翼で隠れるくらい低っくいぜ。
30-20141103.jpg

からの〜ズーーームアップ!(今年は言わなかった。)
31-20141103.jpg


飛行場地区は、人間航空祭の装い本番。スペースが無くなってきたぞ。
32-20141103.jpg


入間基地航空祭2014|ブルーインパルス編に続く。



TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A011E

純正は高くて買えないけどコレなら買える超望遠レンズ。
ハズシ写真も多いけどコストパフォーマンスには満足。
最近、航空祭はずっとこのレンズで撮影してる。結構よく映ってるでしょ?

TAMRON 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A011E

  • 出版社/メーカー: タムロン
  • メディア: 付属品




スポンサードリンク


タグ:入間基地
nice!(1)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 入間基地 RJTJ ブログトップ