So-net無料ブログ作成
三沢基地 MSJ / RJSM ブログトップ

第3飛行隊、F-2機動飛行展示で締めくくり|三沢基地航空祭2017 

三沢基地航空祭を締めくくるのは第3飛行隊のF-2機動飛行!
2機のサムライファイターが存分に見せつけてくれたぞ。


F-2B後席のパイロットが盛大に手を振りながらテイクオフ


すぐにハイレート!なんとも期待できる幕開け。


2番機は、離陸すると即ロール!


迫力の機動飛行。2機が次々に暴れまくり。
順光で写真もいい感じで撮れる。



タッチ!


アンド・ゴォォォォォォォォォーーーーーーー
アフターバーナーを轟かせて急上昇。


締めくくりに相応しい派手な機動飛行だった。



着陸は、ドラッグシュートを開いた制動を見せてくれた。
ドラッグシュートを使うことでより短い距離で着陸することができる。



第3飛行隊 F-2機動飛行展示



F-2の機動飛行が終わるとジャスト15:00。
航空祭終了のアナウンスが流れる。

すぐにU-4多用途支援機がお帰り。


秋田救難隊のUH-60もRTB


「Go Home! Go Home!」徐々にアメリカ兵に追い出される。
パパッとクリアになったB-1ランサーを撮る。


救護所の巨大テントはもう姿なし。仕事はえー!


海上自衛隊のP-3Cも八戸航空基地へ


あー、楽しかった!



関連記事:三沢基地航空祭 2017
ブルーインパルス、青空のアクエロバット飛行!
日米の戦闘機・輸送機がずらり!充実の地上展示
天候回復!F-2、F-16が青空のデモンストレーション
三沢基地航空祭の予行を見に行ったら噂のアイツがフライイン!





Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいヒコーキ撮りの標準レンズ。驚きの写りを見せてくれるハズだ。
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品


Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: Camera


プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: ムック




スポンサードリンク


nice!(2) 

ブルーインパルス、青空のアクエロバット飛行!|三沢基地航空祭2017 

すっかり青空。ブルーインパルス日和。
BGMがなり始めて12:40時間通りにブルーインパルス・ショーの始まりだ。

朝の大雨のためブルーインパルスは、ハンガーからタキシーアウト。
ウォーク・ダウンの儀式は省略されていきなりテイクオフ。珍しい始まりだ。

三沢基地航空祭は、レシーバーの持ち込みが禁止。
エアバンドが聞けないぶん演技に注目だ。


●ダイヤモンド・テイクオフ
4機のT-4がキレイなダイヤモンド隊形で離陸していく。



●ローアングル・キューバン&ロール・オン・テイクオフ
ソロ担当の5番機と6番機はベッタベタの低空飛行で飛び立っていく。


F-35B越しのブルーインパルス


コーストガード越しのブルーインパルス



●キューピッド
5、6番機が青空にでっかいハートマークを描く。
4番機が矢を射るときには風でスモークがゆらゆらでちょっと残念。



●チェンジ・オーバー・ループ
スカッと晴れた青空。垂直系の課目はスモークがキレイ。



●フェニックス・ループ


●スタークロス
青空に純白のスモークがよく映える。今日は描きモノ系の課目が抜群にいいね!
スターマークにアメリカ人も大喜び。



●タック・クロス
まいど上手く撮れないタック・クロスも今日はいいタイミングでパシャ!



●タキシング
ウォーク・ダウンもなかったけどギャラリーの前をタキシングして帰っていっていく。駐機場の関係でサイン会などはなかったけどできる限りのファン・サービスをしてくれるのがブルーインパルス!





●ブルーインパルス展示飛行 ナレーション付



1区分全27課目
1.ダイヤモンド・テイクオフ・ダーティーターン
2.ローアングル・キューバン&ロールオン・テイクオフ
4.ファン・ブレイク
5.4ポイント・ロール
6.チェンジ・オーバー・ターン
7.インバーテッド&コンティニュアス・ロール
8.サンライズ
9.バーティカル・クライム・ロール
10.スロー・ロール
11.チェンジ・オーバー・ループ
12.ハーフ・スロー・ロール
13.レター8
14.オポジット・コンティニュアス・ロール
15.4シップ・インバート
16.キューピッド
17.ライン・アブレスト・ロール
18.360°&ループ
19.ワイド・トゥ・デルタ・ループ
20.デルタ・ロール
21.フェニックス・ループ
22.ボントン・ロール
23.バーティカル・キューバン8
24.スター・クロス
25.タック・クロス
26.ローリング・コンバット・ピッチ
27.コーク・スクリュー




関連記事:三沢基地航空祭 2017
F-2機動飛行展示
日米の戦闘機・輸送機がずらり!充実の地上展示
天候回復!F-2、F-16が青空のデモンストレーション
三沢基地航空祭の予行を見に行ったら噂のアイツがフライイン!




トミカ トミカプレミアム 22 航空自衛隊 T-4 ブルーインパルス

デスクの上に飾っていつでもアクロバット気分。
トミカ トミカプレミアム 22 航空自衛隊 T-4 ブルーインパルス

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ブルーインパルス2017サポーター's DVD

ブルーインパルス2017サポーター's DVD

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいヒコーキ撮りの標準レンズだ。
驚きの描写力を見せてくれるハズ!
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品




スポンサードリンク


nice!(3) 

日米の戦闘機・輸送機がずらり!充実の地上展示|三沢基地航空祭2017 

天候回復!F-2、F-16が青空のデモンストレーションに続いて、三沢基地航空祭2017の地上展示を紹介しよう。

日米の航空機がエプロンにずらりと勢ぞろい。
じっくり見ていると時間が足りなくなるほど充実のラインナップ!


KC-135Rストラトタンカー(62-3498)


B-1Bランサー(AF85-081)
サプライズ・ゲスト。しかもロープなしのフリー展示。
みんなアチコチの写真を撮ってぺたぺた触って好き放題の大サービス。
B-1Bランサーのスタンドは炎の騎士ランスロットのようだ。


独特なリアビュー。
4発エンジンも珍しい配置だし主翼を見ると可変翼なのがわかる。




F-35B(#169164、#169164)
海兵隊のF-35B。天気が良くなったのでお外に出てきた。
ステルス機ってのはブサイクな形だけどなんだか強そうだな。今度は、飛んでる姿を見てみたい。



あちこちがギザギザになっているのはレーダー波を一定の角度に反射をするため。ステルス機がカクカクしているのいいはそのためなのである。



KC-767(07-3604)
小牧基地の空中給油機。



C-130H(05-1085)
同じく小牧基地から迷彩ハーク。




PACAF F-16デモチーム(91-0357、92-3893)
デモチームがスタンバイ。
特別な機体ではなくノーマルのF-16でド派手なアクロバットをするのだ。



F-16(90-3805、92-3913)
パイロットと一緒に記念撮影できるF-16のコクピット見学は、大人気!


見学できる機体は2機。テイルレターは、白影35OGと白影13FS。
白影付きの機体はどちらもボスの機体。
地上展示に貸してくれるなんて米軍のボスは気前がいい。



HC-130(1714)
沿岸警備隊コーストガードのHC-130H。
目立つカラーリングのハーキュリーズ。



アラスカの熊さん、尾翼の100周年記念マークなど機体デカールがカッコイイ!



三沢基地のネイビーとコーストガードのクルー。仲良し。



F-16とF-2の2ショット(92-3884、43-8529)
モリモリ吊るした戦闘機の2ショット。



F-16は、白い影付きのテイルレター5AFは、第5空軍司令官指定機、
F-2Aは、第3飛行隊の機体を展示。




MH-60R シーホーク(167022、167018)
厚木基地からHSM-51(Warlords)が2機やってきた。
イケメンネイビーは記念撮影に忙しいそうだ。



F-2A戦闘機(#13-8563、#03-8506)
展示飛行を行った第3飛行隊のF-2A。キレッキレの機動だったぞ。



UH-60J ロクマル(58-4599)
秋田救難隊のUH-60Jは、給油プローブがついたJⅡ。



F-15J イーグル(72-8880)
千歳基地第201飛行隊。



F-4EJ改 ファントム(97-8426)
ファントムランド、百里基地から。


RF-4E ファントム(57-6914)



OH-6D(31309)
陸上自衛隊は3機種のヘリを展示。


UH-1(41866)


AH-1S コブラ(73449)



U-4多用途支援機
入間基地からはおなじみのコスモツーファイワン。



P-3C オライオン(5064)
海上自衛隊八戸航空基地から



E-2C ホークアイ(34-3460)
警戒航空隊 第601飛行隊



CH-47 チヌーク(97-4498)
機内公開は、行列だ。



T-4 中等ジェット練習機(06-5650)



YS-11(12-1160)
自衛隊唯一の飛行点検隊は、日本全国の自衛隊基地の航空設備を点検している。




F-2A(63-8537)
地上展示用に360°見渡せるF-2もご用意。





UC-12F ヒューロン(163556)
おなじみのUC-12Fヒューロン



EA-18Gグラウラー(168765)
第134電子攻撃飛行隊(VAQ-134)ガルーダズ



P-8Aポセイドン(168757)
LKレターのP-8Aポセイドンは、機内公開にずらーーーっと行列。



小型機 ボナンザ(JA3447)とビーチ(JA3910)



格納庫でも催し物。

T-4中等練習機降着脚展開収納実演(86-5769)


F-2戦闘機コックピット公開(13-8518)


F-2戦闘機翼上ウォーク(13-8513)



雪国ならではの重除雪車やショベルカーも展示。置いてあるだけでなくて実際に働く車を操縦できるサービスに子供たちは大はしゃぎ。



破壊機救難消防車A-MB-2/A-MB-3
基地でよく見かけるようになってきた新型の消防車「ローゼンバウワー・パンサー」子供に人気でオトナはなかなかよく見れないのだ。



さてと、そろそろみんな大好き、ブルーインパルスの展示飛行が始まるぞ。


関連記事:三沢基地航空祭 2017
F-2機動飛行展示
ブルーインパルス、青空のアクエロバット飛行!
天候回復!F-2、F-16が青空のデモンストレーション
三沢基地航空祭の予行を見に行ったら噂のアイツがフライイン!






Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

コンパクトボディで高機能。
ただボタンを押すだけで写真も動画もワンランク上になった気分になれる。ちょっと高いけど一眼のサブ機としてもいいね!
Canon PowerShot G7 X MarkII

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター PowerShot G7X MarkII/G5X/G9X用 フラストレーションフリーパッケージ(FFP) KLP-CPSG7XM2

まずはじめに液晶を保護だ。
タッチパネル式はペタペタ触っちゃう。
さっとキレイにできる安心のKenkoフィルムをペタッ。
Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター PowerShot G7X MarkII/G5X/G9X用

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: Camera


INPON 三角リング リングカバー 2個セット ブラック

G7X mark2にお気に入りのストラップをしたい!
三角リングを使えばベルトタイプのストラップが付けれる。
INPON 三角リング リングカバー 2個セット ブラック

  • 出版社/メーカー: INPON
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


nice!(0) 

天候回復!F-2、F-16が青空のデモンストレーション|三沢基地航空祭2017 

三沢基地航空祭。
八戸駅から青い森鉄道の始発に乗って三沢駅を目指す。
始発は…。4両すべてが激混みだぜ!

6:00am 三沢駅到着。
タクシー組とシャトルバス組で別れる。
シャトルバスは、始発の到着とともにが運行開始。
支払いは今年も交通系カード使えず小銭のみ160円。

三沢の繁華街に近づくと基地のゲートから歩道に沿ってずらーーーっと並んだ人人人人人人が。シャトルバスの降車場から最後尾まで延々と歩いて戻ることに。6:20で最後尾はこちら。タクシーで最後尾コールがいいのかも。

0620.jpg



6:45am
待機列が動き始め。開門時間よりちょっと早めにオープンしたみたい。

7:00am
ゲートで荷物検査と同時にゲリラ豪雨!
雨合羽+傘でエプロンまでザブザブ歩く。


エプロンに到着。
お目当はB-1B爆撃機。ドコドコ?嗚呼、一番、遠くにいるぜ…。

B-1B爆撃機に到着すると雨ザーザー
翼の下で雨宿り。上を見上げると…。ボムベイ・オープンだぜ。
なんとなく居心地が悪い気がしなくもないけど米軍サービス満点だな!


B-1Bの物販は雨の中でも超人気!
ピンポイントの雷雨予想でハンガーに退避!と放送があったけど誰も戻らないでB-1Bのクルーにハウマッチ!ハウマッチ!どれもこれもカッコいいパッチを大人買い。



雨が強くなって来たのでハンガーへ
毎年恒例のフレンドシップ、国旗をバックにF-16とF-2の展示。
装備品の展示もたくさん



F-35Bが見当たらないと思ったら格納庫内に展示してると放送で宣伝。
格納庫にしまったあるので気づいてない人も多いみたい。いたいた。


F-35Bは、ジェイソン・ステイサムみたいな兵士に守られて展示。
写真では優しく見えるけど、カメラが逸れると眼光鋭くF-35Bをガードしていた。



F-2戦闘機 模擬対地攻撃AGG
雨も止んできた。
模擬対地攻撃AGG(Air to Ground Gunnery)に向けてF-2Bがテイクオフ。


即、ハイレート!雨上がりでベイパーが出まくる。


4機のF-2がエシュロン隊形で進入。
ブレイク!AGGの開始だ。


増槽をモリモリ吊るしてるのに激しい機動でF-2戦闘機の高い性能を見せつける。



着陸時の滑走距離を短くするためにドラッグシュートも装備。



モリモリのF-2を操っていたのは赤ヘル・パイロット。
機動もカッコよかったけどパイロットもカッコよかった!




F-15戦闘機 機動飛行展示
千歳からヒグマきた!
201飛行隊のF-15戦闘機×二機がアフターバーナー轟かせ登場。


そのまま力強いパフォーマンス。
雨空でテンションが落ちてたギャラリーもすっかりハイテンション。


低い!これぞローパス!
千歳のヒグマは、暴れまくって帰っていった。




F-16戦闘機 機動飛行展示
PACAF F-16デモチームの華麗なるデモフライトの時間だ。
パイロットのRichard "Punch" Smeeding少佐、今日も絶好調


アフターバーナー・テイクオフ、そのまま垂直にクライムしていく。
ゴォォォーーーーー、とんでもなく高く上がっていった。


と思ったらもう戻ってきた。


右から左へすっ飛んでくる。
速すぎてファインダーから外れまくり。追いきれないぜ…。


Will Rock You!
4ポイント・ロール!ナレーションもデモフライトを盛り上げる。


PACAF F-16デモチームのスゴイとこは視界から消えない。F-16が空のどこかにいるのだ。ハイスピードで飛んできてもグイッと旋回しちゃう。Gかかりっぱなしなんじゃね?


ナイフエッジ
F-16の背中を拝める課目で一番のシャッターチャンスだ!
ギャラリーはカメラの用意をお忘れなく。


デディケーション・パス
テロと戦い命を落としたアメリカと同盟国の兵士に捧げるフライト。



デモフライトを終えたファイティング・ファルコン



キャノピーオープン、PUNCH少佐が…。ん?
カウボーイ・ハット!!
F-16に積につんだままド派手な演技をしていたようだ。


ギャラリーの拍手にガーオーポーズで答える。ファイティング・ファルコンに乗り込むパンチ少佐は、カウボーイ・ハットがよく似合う。


フライトの後は、クルーみんなでワイワイ。
#RETIREDのタグがついてる赤いTシャツのひとは、昨年までデモチームの一員だったナレーションが抜群のクルー。エルロンロール!



PACAF F-16デモチーム 三沢基地航空祭2017 デモフライト


PACAF F-16デモチームのメンバーを発見。
すっかり顔なじみになってる気がする。何をいってるのはワカンないけどね!



以上で午前の部は終了。
日米の戦闘機・輸送機がずらり!充実の地上展示編に続く。




Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいヒコーキ撮りの標準レンズ。驚きの写りを見せてくれるハズだ。
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品


Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズフィルター MC プロテクター 77mm レンズ保護用 177211

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: Camera


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

ヒコーキ撮影に抜群に最強のカメラ。
APCで焦点距離が1.6倍!望遠が必要なヒコーキ撮影に最適だ。高速な連写性能とフォーカスにきっと大満足。
キヤノン EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


タグ:PACAF
nice!(2) 

三沢基地航空祭の予行を見に行ったら噂のアイツがフライイン! 

明日は、三沢基地航空祭(Misawa Air Fest)

前日の予行訓練を見に青森県立三沢航空科学館に行って来たぞ。

三沢市ウェブサイトの基地訓練情報の予定だと

F-16 デモチーム
10:45~11:10および13:40~14:00 

ブルーインパルス
14:00~14:40 T-4×6機
15:30~16:10 T-4×6機(予備)


10時くらいに近くのコンビニに立ち寄ると着陸音。
集塵ポッドとよばれる機上集塵器(2型)をつけたT-4が降りて来た。集塵ポッドとは、大気中のチリを集めて放射性物質の有無を調べたりする。

北朝鮮の核実験の影響がないか調べてるのだろう。被爆の恐れもある危険な任務を自衛官は、人知れずしてくれてるのだ。ありがとう自衛隊。


地上展示の定番、小牧基地のKC-767もR/W28で着陸。
航空科学館の広場からは木に隠れて着陸機がよく見えねー。



予定時間より遅れてF-16デモチームの予行フライトが開始。
遅くなったのでアプローチしかけてるJALパイロットの機嫌が悪い。

ちょっと小さめだけど音はデカイ


課目によっては、近くまでくるど迫力!
ロー・スピードのままターン。ギヤダウンしないでここまで低速度でも安定した飛行ができるF-16のフライバイワイヤ。それを操るパイロットのテクニックもすげー。


横田基地のC-130Hハーキュリーズがオーサン基地に向けて離陸。
見慣れたYJハークも三沢基地で見ると新鮮だ。



この後、天候が一気に悪くなって強い雨。ブルーインパルスのNOTAMが消えちゃった。

2:00pm、F-16 デモチームが再び登場!
午前中は、遅れたぶんちょっと短めだったけど午後は十分に暴れまくっていた。



バックの雲がいい感じ。



予定だとブルーインパルスは、15:30。まだまだ時間ある。
トラフックもなく結構ヒマ。

エアバンドがから流暢なイングリッシュが聞こえた。オーバーヘッドアプローチ?

なんか飛んで来たー!


ぐるっとオーバーヘッドして近づいて来た。
これが噂のB-1B 可変翼戦略爆撃機「ランサー」 なんかすげー!


巨体からは想像できないほど軽快なターン。
めっちゃバンクして旋回、爆撃機とは思えない身のこなし。



巨大な機体がしなやかに着陸。明日の地上展示が楽しみだ。



3:30pm
ようやくブルーインパルスの登場。夕暮れかけてからの展示飛行はちょっとレア。
ダイヤモンド・ダーティー・ローパスのスモークがいつもよりドラマティック。



チェンジ・オーバー・ターンの5機がファンブレイクばりに近かった。



全体が見渡せるちょっと離れたところから見るといつもと違った新鮮なアングルで写真が撮れた。



夕暮れのロマンティックな空にキューピット。



ズキュゥゥゥン!4番機がハートを射抜く。
20170909-160400.jpg


なんとここでストップ・ミッション
雷雲が近づいて来ているようだ。安全のために中止するにも英断なのだ。楽しみは明日までお預け。


関連記事:三沢基地航空祭 2017
F-2機動飛行展示
ブルーインパルス、青空のアクエロバット飛行!
日米の戦闘機・輸送機がずらり!充実の地上展示
天候回復!F-2、F-16が青空のデモンストレーション






Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいヒコーキ撮りの標準レンズだ。
驚きの写りを見せてくれるハズだ。
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品


Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS


地上展示も、クルーとの記念撮影にもAPCサイズで使うとばっちり。
広すぎず狭すぎなくていい感じ。写りもさすがのLレンズ!
Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


アイコム 広帯域ハンディレシーバー 0.100~1309.995MHz  IC-R6

オレ愛用のレシーバー。
コンパクトな筐体で高速スキャン、長持ち電池が持ち歩きにぴったりで気に入っている。ブルーインパルスの地上班も愛用してるぞ。
アイコム 広帯域ハンディレシーバー

  • 出版社/メーカー: アイコム
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


nice!(4) 

三沢基地航空祭2016。日米ヒコーキがずらりと勢揃い。地上展示編 

日米の戦闘機が飛びまくり!F-2のSAMURAIスペマ機も登場の続編だ。

航空自衛隊とアメリカ空軍、民間が使ってる三沢飛行場。なんてったってだだっ広い!
広大な三沢基地にずらりと並んだ航空機。空を飛んでるだけが航空祭じゃないデカイ輸送機やカッコイイ戦闘機を間近で見れる地上展示機も楽しいぞ。
パイロットと記念撮影もオススメだ。

メモを兼ねて地上展示の機体を紹介。

自衛隊 航空機地上展示

●空中給油機 KC-767(87-3602)
航空自衛隊小牧基地。空を飛んだまま給油しちゃうスゴイやつ。
20160911-080950.jpg


●T-4 中等練習機(96-5625)〈作動展示〉
格納庫でギアアップ・ギアダウン展示。
飛んでるときはよく見えないギアを間近で見れる。
20160911-084516.jpg

●F-2戦闘機(13-8520)〈ウイングウォーク〉
なんとF-2の主翼の上を歩けちゃう。子ども達は大喜び。大人は見てるだけ。
20160911-085024.jpg

●E-2C(ホークアイ)早期警戒機(34-3459)〈モデル撮影〉


●CH-47Jチヌーク(77-4497)〈機内公開〉
輸送任務や災害時に活躍する大型ヘリコプター
機内公開をしていて行列になってた。
20160911-085259.jpg

●C-130Hハーキュリーズ(95-1081)〈機内公開〉
小牧基地からやってきた迷彩ハーク。
20160911-092745.jpg

●U-4多用途支援機(95-3254)
20160911-092943.jpg

●F-2戦闘機(43-8128)
20160911-093104.jpg

●T-4中等練習機(86-5769)
20160911-093142.jpg

●SH-60J(25-8300)
海上自衛隊八戸航空基地から参加。00番のダブルナッツ機。
忙しすぎるのか結構、汚れてるぜ。
20160911-093239.jpg

●AH-1S(73445)
シン・ゴジラと戦った攻撃ヘリコプター
20160911-093316.jpg

●RF-4EファントムⅡ(47-6903)
百里基地から支援。
20160911-093421.jpg

●F-15Jイーグル(62-8873)
千歳基地から支援。
20160911-093448.jpg

●U-125フライトチェッカー(39-3042)
入間基地から飛来した飛行点検隊。
全国にある自衛隊の空港施設を点検している。
20160911-093545.jpg

●F-2 第3飛行隊60周年記念塗装機(43-8524)〈航過飛行・機動飛行〉
尾翼には真紅のSAMURAI。機体はデジタル迷彩になっている細かい作り。
地上展示に機動飛行にギャラリーの視線をあつめた。
20160911-113125.jpg

●U-125A救難捜索機(82-3007)〈救難展示〉
20160911-122658.jpg

●UH-60J救難ヘリコプター(68-4565)〈救難展示
20160911-122736.jpg

●P-3C対潜哨戒機(2 5074)
海上自衛隊八戸航空基地からの参加。こちらもあまりキレイじゃない。
20160911-135907.jpg

●元廣(GORO)一等空尉
ブルーインパルスの5番機TR。4月からブルーインパルスの一員となり園田(EDEN)三等空佐にみっちり教えてもらっているご様子。デビューは来年の今頃の予定!?
20160911-095728.jpg



U.S. Forces AIRCRAFT STATIC DISPLAY
●F-16CJ ファイティング・ファルコン(AF90-805)
第35戦闘航空団のオペレーショングループ。テイルレターは白影は隊長機の証だ。
20160911-100245.jpg

●F-16CJ ファイティング・ファルコン
尾翼が赤いのは第14戦闘飛行隊(14FS)パンサーズ
F-16のデモンストレーションでスミィーディング少佐が操縦した機体だ。
20160911-100311.jpg

●P-8A対潜哨戒機ポセイドン
飛んでる姿はもちろん、地上にいても美しいフォルムの機体。
20160911-102234.jpg

●屈折放水車
アメリカンな真四角の消防車。日本の赤色とはちょっと違う雰囲気。
展示してくれるといいんだけどな。
20160911-091232.jpg

●F-16とF-2
F-16とF-2向かい合わせての地上展示。似た者同士なのだ。
20160911-112821.jpg
格納庫では、日本のF-2と米国のF-16を国旗の前に展示するフレンドシップ!
20160911-124214.jpg


●KC-135 ストラトタンカー(59-1505)〈機内公開〉
つり上がった目の空中給油機。
横田基地によく飛来するけどフィンバンドは見たことないテネシー州。


●RQ-4 グローバホーク
無人航空機。翼が異常に長い。


●CH-53Eスーパースタリオン(BJ554)
USネイビーのHM-14 "Vangards" の重量級ヘリ


●UC-12F(163556)
20160911-135053.jpg

●C-12Jヒューロン(86-0078)〈機内公開〉
横田基地所属機。日よけに大人気。
20160911-135618.jpg

●UH-1ヒューイ(69-6646)〈機内公開〉
横田基地所属機。
20160911-135717.jpg

●C-130Hハーキュリーズ(74-1663)〈機内公開〉
20160911-151748.jpg

●EA-18Gグラウラー(512)
第138電子攻撃飛行隊(VAQ-138)イエロージャケッツの電子戦機。
エンジン・カバーをつけず丸だしで公開してくれるのは珍しい。


●MH-60S(168533)
米海軍 HSC-12ゴールデンファルコンズ。厚木基地から。
20160911-152136.jpg

●F-16 ファイティングファルコン
第13戦闘飛行隊(13FS) サムライズ(90-0825)〈コックピット公開〉
20160911-151325.jpg

第14戦闘飛行隊(14FS)パンサーズ (91-0399)
20160911-151413.jpg

オーサン基地所属機(AF90-020)
20160911-151902.jpg

オーサン基地所属機(AF88-531)
20160911-152901.jpg


Friend Ship
●F-16 女性パイロット"BLITZ"さん
戦闘機の前にいたので話かけてみるとなんと女性パイロット!F-16を操縦するカワイイ凄腕パイロットだった。SNSに写真を載せていい?Yes,of course!。
ツイッターに載せたらめっちゃ大人気!
来週の横田基地には別のクルーなんだって。残念。

20160911-102822.jpg


●C-130Hクルー
さすがアメリカン。機体の上の特等席で談笑。羨ましいぜ!
20160911-110402.jpg

●MAD FOX
P-8Aポセイドンの狂ったキツネ。
イケ面キツネなんであちこちで写真をせがまれてた人気者だ。
20160911-123448.jpg


●グローバルホークのトラビスさん
20160911-133711.jpg


●横田基地UH-1Nのクルー
お馴染みのパイロット。いつ会ってもエイリアン・ヘルメットだぜ。
20160911-150522.jpg

●パンサーズ
ご挨拶はガォー!
20160911-151403.jpg

●スーパー・スタリオンの女子クルー
でかいヘリをメンテナスしているのは女性クルーたち。なんて女子力が高いのだ。
20160911-152439.jpg


自衛隊機はロープに囲われているけど、米軍機はロープで囲ってクリアに撮れる機体もあれば、ペタペタ触れたり、コックピットを覗けたりと色々と楽しめた。



WHOPP-R!
1日歩き回って腹減った。折角なので基地内のバーガーキングに。
20160911-154022.jpg

ワッパーは大人気で売切。ジュニアとチーズバーガーを購入。普通サイズだな。
ドリンクLサイズはでかかったー。







Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM フルサイズ対応 EF16-3540LIS

地上展示も、クルーとの記念撮影にもAPCサイズで使うとばっちり。
広すぎず狭すぎなくていい感じ。写りもさすがのLレンズ!
Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

最近、買って大満足の戦闘機撮影にバッチリなAPCサイズの一眼レフ。高速な連写性能とフォーカスにきっと満足する。最近はほとんど7D2で撮影だ。
Canon EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズプロテクター PRO1D

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


nice!(2)  トラックバック(0) 

三沢基地航空祭2016。日米の戦闘機が飛びまくり!F-2のSAMURAIスペマ機も登場。 

航空祭の朝は早い。

始発前の青い森鉄道 八戸駅。早速、大行列ができてるぜ。
先頭は2台の券売機。だってSUICAが使えないんだもん!ギリギリに来た人は電車に乗るどころかホームにも辿り着けない。

始発臨時便は通勤ラッシュほどじゃないけど混み混み。だってたった2両なんだもん!

三沢駅からシャトルバス。
シャトルバスは十和田観光電鉄。電車の本数が少ないからましだけどマイペースな配車。アンティークなバスは当然、SUICAは使えないし前払い160円という中途半端な価格設定に両替が続出で無駄に時間がかかってるし、なぜか前の扉しか開けない運用。北海道中央バスで研修が必要だ。

正門前で待機。待ってる間にパッチ屋さんでいくつか購入。

時間通りの7amにゲートオープン。入念な持ち物チェックが始まる。
バックの中をガサガサと隙なく覗き込まれる。バッテリー入れてる小さいポーチまでオープン。ひとりひとりにこのチェックでは時間かかってるはずだ。

グッモーニン!

の一言で多少、スムーズに見てくれる気がしなくもないぞ。
あれだけレシーバーもダメって言われてるのに持ち込もうとして没収、引き返してる人もチラホラ。日本語で駄々こねてもダメなものはダメなのだ。

ゲートからエプロンまでアメリカのような風景の中、延々と歩く。

エプロンに到着してしばらくするとオープニングフライトに向けてT-4が離陸していく。
ぴったりと揃った見事なフォーメーションテイクオフ。
20160911-082051.jpg

続いて、第35戦闘航空団のF-16がテイクオフ。
尾翼が黄色い複座型は、第14戦闘飛行隊(サムライズ)、赤い方は第13戦闘飛行隊(パンサーズ)の機体だ。WWは、ワイルド・ウィーゼル。敵防空網制圧 (SEAD) が任務の「狂暴なイタチ」たち。



第3飛行隊のF-2スペマ機が離陸。
尾翼のサムライは第3飛行隊の創立60周年を記念した塗装。よくみると洋上迷彩の青もデジタル迷彩の凝ったスペマになってるさすがのセンス。


オープニングフライトの参加機が飛び立った後にアナウンスもなく、脚光を浴びることもなく1機のT-4が離陸していった。北朝鮮の核実験の影響を調査するために集塵ポッドをつけている。被曝の恐れもある危険な任務を人知れずこなしてくれる自衛官こそサムライだ!ありがとう。
20160911-085256.jpg


オープニングフライト
第3飛行隊のF-2戦闘機とT-4によるオープニング。
SAMURAIスペマ機を先頭に傘型隊形でフライバイ。
20160911-090002.jpg

E-2Cホークアイも続く。
20160911-090058.jpg

アメリカ海軍からは海の神様の名を持つP-8A哨戒機ポセイドン。
翼のレイクドウイングチップが美しい。
20160911-090152.jpg

第35戦闘航空団のF-16CJ、F-16DJがフィンガーチップ隊形でフライバイ。
スマートなF-16がモリモリ吊るしてマッシブに。
20160911-090301.jpg

日米総勢11機のオープニングフライト!



地上にはローゼンバウワー社の空港用化学消防車も展示。
航空自衛隊は空港用化学消防車を破壊機救難消防車と呼んでる。
20160911-091910.jpg

空中消火活動展示
消火なら俺も負けてないぜ!
CH-47Jチヌークがデカイバケツに水を入れてぶちまけて空中消火。
20160911-092654.jpg

CH-47JがU-4に水かけ?空中消火活動展示



捜索救難展示
秋田救難隊のU-125AとUH-60Jのレスキューコンビ。
U-125Aはギアダウンしてサバイバルキットを投下。左脚の下から投下するのだ。


救難ヘリUH-60Jは先行したU-125Aからの情報で現場に向かうのだ。
20160911-095159.jpg


模擬空対地攻撃(AGG)
F-2戦闘機が地上の目標に向けて進入。クリアード・アタック!レディ・ナウ!ファイア!ボムズ・アウェイ!シンゴジラにJDAMをぶち当てたのは日々の訓練の賜物なのだ。
20160911-101426.jpg

F-2擬空対地攻撃・VADS空砲射撃AGG




1時間半前に離陸していった集塵ポッド搭載T-4が帰還。みんなが航空祭で浮かれている中、人知れず危険な任務をこなしている自衛隊。ありがとう!
20160911-101924.jpg

民間機もいつもと違って盛大にお見送られてタキシング。
20160911-102856.jpg


●F-15機動飛行展示
千歳基地所属第201飛行隊のF-15がオラつきながら登場!
2機のF-15Jが爆音と共にブンブン翼振ると会場のボルテージも上がる。


アフターバーナー全開でぐるぐると旋回。2機いると絶え間なく飛んでくるのでド迫力。千歳基地航空祭で見たより凄いかも。


アグレッサーを彷彿させる片バーナー。
ファイティングベアの本気の機動飛行を見せてもらったぜ。
20160911-104243.jpg

F-15機動飛行展示



F-2航過飛行展示
第3飛行隊のF-2×3機が編隊飛行のためにテイクオフ。
20160911-105701.jpg

3機のF-2がわずかな時間で隊形を変えて進入してくる。練度の高い正確なフォーメーションフライトだった。



ブルーインパルス展示飛行
ブルーインパルスの時間になると会場は混雑MAX!
ちょっとだけ空いている米軍エリアに移動して撮影だ。

ダイヤモンド・テイクオフ&ダーティー・ターン
4機のT-4がダイヤモンド隊形で離陸。着陸灯を点灯させてターンしてくる。
20160911-125547.jpg
20160911-125647.jpg

5番機と6番機が揃ってテイクオフ。
ローアングル・キューバン&ロール・オン・テイクオフ
20160911-125724.jpg

横田基地でも見れないテネシーのKC-135ストラトタンカー越しで撮影。
三沢基地っぽい写真になったかな。
20160911-130217.jpg

サンライズ
20160911-130434.jpg

レター8。あぶね!4番機が2番機に接近しすぎてないか?
最近の4番機は、スモークのタイミングが遅かったりちょっと飛行がおかしいぞ。
20160911-130934.jpg


特等席。
20160911-131105.jpg


災害からの復興を祈願し、一羽のフェニックスが雄大に飛翔するブルーインパルスの新課目「フェニックス・ループ」展示飛行では初披露の技だ。
20160911-131905.jpg
20160911-131935.jpg

サクラ
青空に綺麗に決まった。6つの花びらが入りきらないぜ!
20160911-132303.jpg

この日の展示飛行は全23課目。4区分から3区区分だった。

ブルーインパルス展示飛行 ナレーション付き




F-16機動飛行展示
BGM「Europe / The Final Countdown」が流れてきた。
PACAF F-16デモチームのパフォーマンスのカウントダウンだぜ!

デモンストレーションパイロットはスミィーディング少佐。タックネームはPunch。
地上サポートチームと準備中だ。
20160911-140148.jpg

わずか330mの距離で離陸後、すぐに機首を上げ八の字を描くようにキューバン8!
20160911-142101.jpg

会場に戻ってきてアフターバーナー轟かせてローパスしていく。
速すぎて写真に収まらねぇ…。コクピットをよくみるとスミィーディング少佐が手を上げてご挨拶してるじゃねーか!
20160911-142216.jpg

「カメラのご用意を」とナレーション。
縦横無尽に飛び回るF-16をばっちり撮れるチャンスだ。
ナーイフエーッジ・パス!直角で横切ってくれるので実にシャッターチャンスである。
戦闘機の迫力あるデモフライトだった。
20160911-142923.jpg

デモパイロットと地上クルーはフライトの後にサインや写真、握手などのファンサービスをする。シールもくれるから欲しい人はフライト後に機体の前に行ってみて。混んでるけどガンバれ。


PACAF F-16デモチーム デモフライト 爆音すぎてナレーションが聞こえない



F-2機動飛行展示
ショーを締めくくるのは第3飛行隊、サムライ・スコードロンのF-2が登場。
真紅の尾翼のスペマ機を操るエースパイロットのヘルメットもレッド。
20160911-141826.jpg

ペイパーを曳きながらテイク・オフ!
20160911-144030.jpg

続いて2番機もテイク・オフ!直ぐさまダーティー・ターン!
パイロットは元ブルーインパルス3番機古賀(KUGA)さん。お手のものである。
20160911-144102.jpg


スペマ機は尾翼が見えるようにハイパフォーマンス。
やはりAGGよりも機動飛行が思う存分飛びまくるので迫力ある。


2番機もナイフエッジにターンに見せ場を作る。
青空に洋上迷彩のF−2がよく映える。


F-2機動飛行展示




F-16デモチームの面々が記念撮影
20160911-145630.jpg
f16-patch.jpgデモチームのメンバーがつけてるパッチ。
東北と九州の災害を忘れないという思いが伝わってくる。




RTB帰投
プログラムは以上で終了。
地上展示にリモートで来てくれた航空機が自分の基地へ帰っていく。

入間基地飛行点検隊のU-125フライトチェッカー
20160911-145808.jpg

T-400
20160911-150326.jpg

海上自衛隊のP-3C対潜哨戒機
海自からは、SH-60JとP-3Cが展示されていたけどどちらも汚れまくってた。日々忙しく飛び回っているのだろう。
20160911-153304.jpg


地上展示編に続く。


関連記事:
三沢基地航空祭前日。事前訓練を撮影してきたぞ。




Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

戦闘機撮りの標準レンズ
これ1本で満足な写真が撮れるぜ。載せてる写真はほとんどこのレンズで撮影してる。
Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

最近、買って大満足の戦闘機撮影にバッチリなAPCサイズの一眼レフ。
高速な連写性能とフォーカスにきっと満足するぞ。最近はほとんど7D2で撮影だ。
Canon EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズプロテクター PRO1D

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


nice!(2)  トラックバック(0) 

三沢基地航空祭前日。事前訓練を撮影してきたぞ。 

三沢基地航空祭の前日。
NOTAMだとF-16デモチームとブルーインパルスが事前訓練する予定。
朝から三沢基地に向かうぞ。

八戸から三沢駅には青い森鉄道。
1時間に1本くらいしかないので時間を合わせないと不便だ。

撮影場所は、ネットで調べて無難な青森県立三沢航空科学館にした。
三沢空港の展望デッキはめっちゃ混みそうだしマニア的なポイントもありそうだけど車がないといけそうにない。航空科学館は三沢駅からタクシーで15分(2730円)。

航空科学館は航空グッズも販売していてパッチなどを販売している。
築城基地に移動した第8飛行隊の記念パッチが売っていたので2枚購入。

patch.jpg


撮影ポイントを探してウロウロしてみると草原に座ってる人たち。どうやらこのあたりがポイントの様だ。他の基地の撮影ポイントと比べると狭い。

NOTAMでは、12:55からブルーインパルス事前訓練の予定だったけど時間が過ぎても動きなし。どうやらキャンセルのようだ。13:30のF-16デモチームまで待機となる。


PACAF F-16デモチームの事前訓練が開始。
轟音を鳴らしてF-16が機動。滑走路まで距離があるので実際はちっちゃく見える。
20160910-133654.jpg

と思ったらゴォォォー!!課目によっては近くを飛んだ。
20160910-134122.jpg

青空と曇空が混ざった空。
全体的に逆光なので暗い写真になっちゃうけどF-16のデモフライトは派手に飛びまくってくれた。
20160910-134249.jpg

翼からはペイパーでまくり。
ナレーションがないとどんな課目なのかわからんけど大迫力なのは同じだ!
20160910-134510.jpg


14:15 ブルーインパルス事前訓練の開始
予定通りタキシング。スモークチェック!
いつの間にがギャラリーもたくさんになってる。
20160910-141522.jpg

ダイヤモンド・ダーティー・ローパス。
逆光だとスモークが立体的でただの写真でもカッコよくなる。
20160910-141723.jpg

事前訓練だとファンブレイクが腹ブレイク。明日は会場でバッチリ見たい。
20160910-142009.jpg

基地上空は青空が見えるけど所々に雲。
4区分でスタート。その後、3区分に変更となった。
20160910-142309.jpg


サクラ。
6つの大きな円がはいりきらねー。
20160910-144411.jpg

タッククロス。
事前訓練は違った角度で見ることができるのが楽しみのひとつ。
20160910-144904.jpg

新課目フェニックスを期待していたけど今日は展示なし。明日に期待しよっと。


集塵ポッドをつけたT4が着陸してきた。
北朝鮮の核実験の影響を調査にいっていたようだ。
ブルーインパルスに湧き上がっているギャラリーはほどんど無関心…。
人知れず危険な任務をこなしている自衛隊に感謝したい。
20160910-145326.jpg


ほとんどのギャラリーが帰ったころ秋田救難隊の訓練展示がスタート。
救難ヘリは遠くて豆粒。遠すぎてよく見えないぜ。
旋回しているU-125Aもちょっと遠いかな。お!ギヤダウンしてるぞ。サバイバルキット投下!。U-125Aは、サバイバルキットを投下するときはギヤをダウンして左側から投下する。
20160910-152505.jpg

近くまで来てくれた。
トラフィックの影響なのかいつもの救難展示より広くい範囲で間延びしている感じだった。
20160910-153207.jpg

帰りもタクシー。
航空科学館の前に止まっていたのですんなり乗れたけどやばい!電車まで時間がないぜ!
なんせ1時間に1本だから時間に余裕を見ておいたほうがいいぞ。
三沢駅のまわりでは時間を潰せないからな。

以上で事前訓練見学を終了する。





Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

戦闘機撮りの標準レンズ
これ1本で満足な写真が撮れるぜ。載せてる写真はほとんどこのレンズで撮影してる。
Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

大切なレンズに傷がつかないようにプロテクトしておこう。
派手なクラッシュからレンズを守ってくれたので必ずつけてる。
Kenko レンズプロテクター PRO1D

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


タグ:F-16 事前予行
nice!(0)  トラックバック(0) 

三沢基地航空祭2014。F-2、F-15、F-16圧巻の機動飛行!地上展示もグローバルホーク、ポセイドン、サンダーボルトなど充実ラインナップ 

三沢基地航空祭2014に行ってきたぞ。
航空自衛隊とアメリカ軍の航空機が広いエプロンに盛大に並び青空には航空機が飛びまくった。
ゲートオープンから帰投フライトまで目一杯楽しめたぞ。


オープニングフライト。
まずはF-2×6機によるフライパス。
鎧武者マークの第3飛行隊とブラックパンサーの第8飛行隊の混成チーム。
01-20140907.jpg

続いてT-4の×4機。
3番機の後席は、前ブルーインパルスの古賀(KOGA)一尉
02-20140907.jpg

早期警戒機(E-2C)ホークアイ。
03-20140907.jpg


アメリカ軍のF-16C戦闘機×4機
テイルレターはWW(Wild Weasel)。翼にびっしりと装備を吊るしてる。
04-20140907.jpg


ようやく60周年記念ロゴを貼付けたブルーインパルス。
15-20140907.jpg

飛行展示が始まった。
まずはCH-47Jチヌークの物資等けん吊。バケットを吊り下げぐるんぐるん飛びまわり水をぶちまける。チヌークは車両やバケットなどいろんな機材をけん吊できるストロングなヘリなのだ。
福島原発に放水したのも陸自のチヌーク。
11-20140907.jpg


秋田救難隊の遭難救難活動展示。
ブルーインパルスのサイン会に並んでいたのよく見れなかった。



F-15機動飛行。千歳基地からF-15J×2機がリモートで飛来。
1番機(42-8839)は、元ブルーインパルスの井上(CHEETAH)一尉が搭乗。現在の6番機OR奥山(CHAKRA)一尉の師匠。ブルーインパルスさながらのナイフエッッジ、ロックウイングをF-15で披露。デカい機体で迫力の機動飛行に会場が響めいた。
ウイングマンもT&Gにハイレイート、低速ローパスなどF-15の機動を魅せつけてくれたぜ。



F−2機動飛行。
航空自衛隊60周年記念塗装機が登場。尾翼が桜吹雪になっている。
着陸後はドラッグシュート。


ウイングマンも駆け回ってた。
101-20140907.jpg


展示飛行の合間も忙しい。
アメリカ軍の地上展示は充実っぷりがスバラしい。片っ端から見ていくぞ。

近接航空支援専用機A-10(#81-959)
まずは岡山空港に緊急着陸して話題になったA-10の相棒。
最大最強の30mmガトリング砲「アベンジャー」は戦車を蜂の巣にする強力な火器。
そんなアベンジャーも今日は穴に指を入れられちゃったりとおもちゃ状態。


キャノピーオープンでコクピット撮影もOK。アナログ感満点。
パイロットも誰もいなくて自由撮影。
16-20140907.jpg

機体にいろんなペイントがあって見逃せない。パネルの裏側とタンクにペイントとしてあった。


P-8Aポセイドン LA436(#168436)
第5哨戒飛行隊(VP-5)"マッドフォックスズ"のCAG機には金色のレンチと潜水艦マーク。
金色のレンチはゴールデンレンチメンテナンスアワードを受賞したマーク。潜水艦は優秀整備演習などで撃沈した数なのかな?
尾翼のキツネマークは左右で違うみたい。写真を撮ってなかった痛恨の失態…。



P-3C哨戒機(#160761)
第40哨戒飛行隊(VP-40)"ファイティング・マーリン"
カジキマグロが潜水艦を突き刺してる。



EA-18Gグラウラー。第138電子攻撃飛行隊(VAQ-138)イエロージャケッツ(NL)
VAQ-132スコーピオンズから交代した部隊でイエロージャケッツ(スズメバチ)がトレードマーク。


RQ-4 グローバルホーク無人航空機。
今回の目玉展示。翼が半端無くデカくて長い。

50-20140907.jpg

アメリカ軍のパイロット達を紹介しよう。
F-16のハンサムガイ
82-20140907.jpg
F-16のファイティングガール
81-20140907.jpg
F-16デモチームのクールガイ
103-20140907.jpg


ブルーインパルス。晴天でもちろん第1区分で展示。途中から3区分!?
43-20140907.jpg

C-130の上でのんびり眺めるアメリカ兵。
今日のブルーインパルスのナレーションは英語もあり。
46-20140907.jpg

アメリカ軍ファミリーも大喜びでiPhoneを振り回し撮影。
どっちからくるのか判らなくてキョロキョロしてたから教えてあげると喜んでた。いい写真撮れた?
45-20140907.jpg
44-20140907.jpg


キュービットもサクラも青空にスモークがよく映える。
風がちょっと強くてスモークが流れちゃったのが残念。




J Wings (ジェイウイング) 2014年9月号

ブルーインパルスの特集号。
展示課目はもちろん、ブルーインパルスにのことが色々と詳しく判るオススメの1冊。読んでから展示飛行を見るとワンランク上の楽しみ方ができる。
J Wings 2014年9月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2014/07/19
  • メディア: 雑誌




スポンサードリンク


nice!(2)  トラックバック(0) 

ドラマティック・レインだった三沢基地航空祭2012。 

今日の調査報告は『三沢基地航空祭2012』
天気予報は悪い方にハズレ。朝から雨模様…。

三沢基地の航空祭は、F-15J(イーグル)やF-2(バイパーゼロ)戦闘機がアクロバティックに飛ぶ派手な機動飛行やフォーメーションを組んでキィィーーンと飛んでいく航過飛行やヘリコプターなどによる救難展示が目白押し。米軍機もF-16(ファイティングファルコン)戦闘機が機動展示に登場。
日米の戦闘機がド派手に大空を駆け巡った三沢基地航空祭2012の調査報告をお届けする。
見に行った情報も書いておくから次回、行ってみたい人は参考にしてくれ。
航空用語も散りばめとくから最後の用語集で復習してくれ。
20120909-02.jpg

三沢基地航空祭の朝は早い。
朝7時過ぎにはゲートに向うぞ。雨天にも関わらずかなりの人が続々と集まっている。
メインゲートのそばに基地内シャトルバス乗り場があるが朝一番ならバスの発車を待っているよりエプロンまで歩いた方が早いかも。エプロンまでは歩いて15分くらい。(正直、ちょっと遠いけどガンバレ)
エプロンに近づくと手荷物検査場が開くのを待つ行列。オープンは7:45amくらいだったが進みが遅くて結局、エプロンに入るまで30分以上かかる。

オススメの手荷物検査場は977の脇。空いているし入ると目前に米軍の地上展示がある。
まだ8時過ぎ。飛行展示が始まるまで1時間近くあるから人の少ない朝一に地上展示を撮影だ。

地上展示は滑走路を2km使ってずらーーっと航空機が展示されてる。
航空自衛隊のF-15JやF-2をはじめF-4EJ改、RF-4EJ、T-4、U-125などの航空機、ペトリオットシステムや短SAM、消防車、除雪車の装備品が展示。海上自衛隊からは対潜水艦のSH-60J、P-3C、陸上自衛隊は、AH-1S、OH-1、OH-6のヘリコプターが展示されていた。
米軍も 今回のスペシャル展示『ステルス戦闘機F-22』をはじめF-16、電子戦機EA-18G、A-10サンダーボルトⅡなどが地上展示。順番に見ていこう。

A-10『サンダーボルトⅡ』フェアチャイルド・リパブリック社。
お前らは横田基地で見たやつか?A-10は、30mmガトリング砲「アヴェンジャー」を構え、被弾しまくりながらも戦車を蜂の巣にして悠然と帰還する。撃つまで撃たれ、撃った後は撃たれない漢の機体だ。
映画『トランスフォーマー』で砂漠のサソリ野郎を撃退したのもサンダーボルト様だ。



EA18G『グラウラー』(ボーイング社)
F/A-18Fスーパーホーネットをベースとした機体で敵のレーダー網に向けて妨害電波を発信する機能を持ったハイテク電子戦機。他の戦闘機とは違うマッシブ感が魅力だ。



KC-135R『ストラト・ タンカー』ボーイング社
空中で戦闘機に給油する航空機。たまに映画に出てくるの空中給油してるのがストラト・ タンカーなのかも。土砂降りの中、一番奥で展示されていたので人気薄。
20120909-09.jpg

F-22『ラプター』ロッキード・マーティン社・ボーイング社
最強のステルス戦闘機で嘉手納基地に配備中。三沢基地では初お目見え、たくさんのひとがバシャバシャ撮影していた。キャノピーの色がゴールドっぽいのはステルス性を高めているからみたい。
横田基地でもそうだったんだが、シークレットな機体だからエンジン部分は見えないように公開される。
20120909-28.jpg

地対空誘導弾システム『ペトリオット』三菱重工
弾道ミサイルを迎撃するシステム。テレビで耳にしたことのあるだろうPAC3の発射装置でシステム全体が公開されていた。なんがすごそうなレーダー車輌。イージス艦のレーダーみたい。
ちなみにマスコミは「パトリオット」と呼び、自衛隊や政府公式では「ペトリオット」と呼ぶ。
以前、記事にしてあるから興味があったらこの調査報告書を読んでみてくれ


9:00amになると航過飛行が開始。
まずは、F-2×4機とT-4×2機のフライバイ。
20120909-13.jpg

いきなり度肝を抜く豪快な機動飛行を見せてくれたF-16。雨の中、凄かったぜ。
機動飛行の写真はいいのが撮れなかった…。
YouTubeに動画がアップされているから是非。2012 三沢基地航空祭 F-16機動飛行(午前)
20120909-19.jpg

航空救難団のU-125A(アスコット)とUH-60J(ヒーロー)のコンビによる救難展示。
救難隊とは自衛隊で発生した墜落事故などでの機体・乗員の捜索救難・救助活動はもちろん、災害派遣として急患空輸や山岳、海上で遭難者の捜索救助活動を行う。地上3000mから水深30mまで出動する救助のプロ集団。U-125Aがいち早く現場に飛来して座標などのデータをUH-60Jへ送信。要救助者の近くに特殊な発炎筒やサバイバルキットなどを投下してヘリをサポート。メディックと救助装備を載せたUH-60Jは迷うことなく現場に到着できる見事なコンビプレー。

救難展示は機動展示に比べると地味な展示なんだけど、有事の際には交戦空域でのコンバット・レスキューが目的なので非常に危険が伴う職場だ。そのためメディックと呼ばれる隊員はレンジャーに匹敵する能力を持つそうだ。カッコいいではないか。次回はちゃんと見るよ。


F-2のハイレート・クライム。ベイパーが派手で流動感があるぜ。
2機揃ってアフターバーナー全開のブレイクも息がぴったりだ。



F-15Jは、千歳からリモートで飛来。
本日のイーグルドライバーは、元ブルーインパルスのパイロット。そのためか機動飛行がいちいち派手でかっこいいぜ!バイパーを引きながら豪快に飛ぶ様はまるでオオワシ。F-16は軽やかとは対照的にF-15は力強い。コンバットブレイクも見事に決めて千歳に向けて機尾をふりふりしながら帰っていった。



午後になって戦略爆撃機『ストラトフォートレス』B-52もフライバイ。
半端なくデカい機影で黒煙をまき散らしながら通過していった。グアムから来てくれたみたい。
素通りじゃなくてもう一回折り返してほしかったぞ。
20120909-10.jpg


北部航空音楽隊コンサートに宮城県出身の稲垣潤一さんがスペシャルゲストとして登場。
fr_1085_size880.jpgスーパーポップボーカルは健在で「ドラマティック・レイン」「夏のクラクション」「1ダースの言い訳」を披露。アンコールでは、「クリスマスキャロルの頃には」で格納庫から溢れるほどの観客を魅了した。

「もっと強く降り注いでくれ〜♩」っと歌ったらこのあとの空模様はドラマティック・レイン…。
どうせなら、雨は壊れたピアノさ「バチェラー・ガール」も歌って欲しかったぜ。




アフタヌーン・フライトはF-2、9機のフォーメーション。
20120909-20.jpg


E-2C『ホークアイ』
海上自衛隊の早期警戒機E-2C『ホークアイ』もフライバイ。右上のちいさいやつな。
したの青いデカいのは航空自衛隊の輸送機『ハーキュリーズ』
20120909-12.jpg


F−2の機動展示も米軍のF-16に負けてない。
抜群の機動性をフルに発揮してアフターバーナー吹きまくり暴れる。
タッチ&ゴーも披露。よく見ると二人乗りのF-2B。


F-2の着陸にはドラッグシュートを使うときもある。
ドラッグシュートを使わない時はエアブレーキを使って制動する。エンジンの脇にあるパカンって開いているのがエアブレーキだ。



格納庫ではF-2Bのコクピット公開。思っていたほど並ばすに見ることは出来た。
デジタル化されたグラスコクピットで意外とシンプルで使いやすそうだ。複座だったから2つも見れてラッキー。シートベルトは意外にも簡素。富士急のジェットコースターの方が頑丈そうだぜ。
後部座席の後ろに銘板発見!ふふふ、レアプレートをゲット。
隣で開催されてる子供限定のF-2主翼ウォーク&記念写真は子供たちに大盛況。
主翼の上にのっかって楽しそう。ああ、うらやましー。


時折、強い雨が降ってきた三沢基地航空祭だったワケだがかなり楽しかった。
これからいこうかなってひとのために三沢基地航空祭の情報をまとめとく。

1、朝一で行こう。
  飛行展示、地上展示、模擬店にスタンプラリーと盛りだくさん。ノロノロしてるヒマはねーぜ。
  楽しいところが沢山あるから朝並んででも来るのがおすすめ。疲れたら格納庫で休憩だ。  

2、三沢駅からはちょっと遠い
  渋滞が凄いと聞いていたが全然渋滞してない。車で来て基地のそばの航空祭の日だけの民間駐車場
  でもいいかも。帰りも道はそんなに混んでいなかった。
  駅からならシャトルバス(160円)がいい。歩くと30分くらいかかるし上り坂だ。

3、近くにコンビニある?
  コンビニのサークルKがある。1年で1番、賑わう日だから混んでる。今年は雨具が売切。
  
4、模擬店は日本語おっけー
  日本の模擬店も多いから問題ない。佐世保バーガーや倉石牛も売ってた。
  昼時はどこも行列だが店が多いから問題ない。横田基地に比べるとかなりスムーズだ。
  実は、模擬店は調査不足。戦闘機見るのが忙しかったからな。
  基地内で有名な店はといえばAnthonys PizzaCINNABON(らしい)
  帰ってから見つけたから詳細は不明。アメリカでは有名な店だが日本国内には米軍基地にしかない。
  フードコードもあったなんて気がつかなかったよ…。

5、トイレはそんなに混んでない。
  9万人(空自集計)の来場者にもかかわらずトイレは普通な感じ。
  横田基地の時もそうだったけど航空祭のトイレはスムーズだ。
  
6、帰りのシャトルバスも待ち知らず
  駐車場行きのバスは混んでたけど三沢駅行きは混んでない。むしろ空いてた。
  帰りの青い森鉄道もちょうどいいタイミング。30分に1本間隔だから逃すと混むのかも。

7、会場アナウンスで飛来方向もばっちり。
  展示飛行の時は、飛んでくるタイミングで○時の方向より襲来!でなくて
 「右手ナナメ前方よりやってきます」等々のアナウンスが非常に助かった。
  パイロットや整備士の紹介やキャプテンからのコメントなどいいアナウンスだ。

8、どのくらい望遠レンズで撮ってたんだ?
  今回は、70-300mmで撮影。載せている写真はトリミングしてる。
  もっと長い(400mm〜)のほうがよく撮れるけどオレには十分。
  本格的な飛行機撮りを目指すなら100-400mmが標準レンズらしいぞ。

9、よく撮れたか?
  流し撮りはぶれまくりの失敗ばかり。TVモードでどのくらいで撮ってるんだろ?
  そして、300mmで戦闘機を追っかけても「ドコ?ドコ?」と探しまくることしばしば…。
  どっちから来てどっちにいくが判らん戦闘機を撮るバズーカ・レンズ野郎のスキルは
  相当のもんだな。


9、雨はどうだった?
  始めと最後がひどかった。それでもF−2は余裕で機動飛行してくれた。


ホームページを検索して見てると戦闘機系のブログでよくあるのがカタカナ用語で短い解説。

‘千歳からのリモート。A/B全開でブレイク。ナイフエッジでローパス、そしてハイレイートクライム’

一体、なにをいってんだ?意味ワカンネーよ!
そんなアナタ(オレ)に用語集をお届けしよう。


航空用語集(追加中)
なんちゃってマニアだから間違ってるのがきっとある。ベテラン・マニアのとこで裏付けしとけよ。
間違っていたらこっそり教えてくれよな。


●ベイパー
 翼のとこからでる煙みたいなの。水蒸気。
 写真的には派手にベイパーが出ているのがヨシとされる。

●ブレイク
 普通に飛んでいたのが急に旋回したり、編隊を離脱する行動。
 コンバット・ブレイク/ファン・ブレイク

●フライ・バイ(飛行展示)
 上空を通過していく展示で編隊を組んだり、単独で飛んでいったりと見せ方は様々。
 
●機動展示(機動飛行)
 戦闘機が派手に飛び回るショー。航空祭の鉄板メニューだ。
 F-16は小気味がよく、F-2は華麗、F-15は豪快だったりと戦闘機によって特色があって面白い。
 爆音を体感できるのも機動飛行ならでは。

●救難展示
 救難のデモンストレーション。
 飛行機(U-125A)がキュイーンって救助者を探して見つけると
 ヘリコプター(UH-60J)がバルバルバルーって登場。
 ホバリングして隊員が降下。ささっと要救助者を助けてミッションコンプリート。

●展示飛行
 展示というと硬いがデモンストレーション飛行。
 機動飛行,航過飛行,救難展示をひっくるめた呼び方。

●アフターバーナー
 高推力を得る装置でサイボーグ009でいう加速装置。A/Bって書いてあるのがコレ。
 すげー早く飛ぶときにさら(after)に燃料を吹き付けて(burner)推進力を上げる。
 エンジン部分がオレンジ色でメラメラしてる時がアフターバーナー
 
●エプロン
 航空祭のときの観覧席
 いつもは駐機場で飛行機を停めて乗降したり給油したりする場所のことだ。
 
●ハイレート・クライム
 急上昇。ハイレート(勢いよく)クライム(のぼる)ってことなのか?
 機動飛行だと離陸後に即、アフターバーナー全開で急上昇したりする。
 垂直に近い急上昇は、バーティカル・クライムということも。

●デデュケーション・パス
 観客席によく見えるようにすぃーっと飛んでくるとこなのか?

●ナイフ・エッジ
 90°に傾いて通過すること。翼がナイフの刃のように見えるからだとおもう。

●リモート
 航空祭が開催されている基地の所属でなくて、よその基地から航空祭のために飛来してくれたこと。
 
●ロー・パス
 観客席の前を低い高度で通過すること。ロー(低く)パス(通過)ってことか。
 そんなに望遠でなくても近く撮れるシャッターチャンスである。

●ゴー・アラウンド

●ファン・ブレイク
 ブルーインパルス(BI)の技?

●タキシング
 滑走路を車輪で動いていること。
 三沢空港は観覧席の向こう側でタキシングになるのでほとんど見えない。

●コンバット・ブレイク
 戦闘機が着陸するときに高速で侵入してきてから急旋回。
 一気に速度を着陸速度まで低下させ着陸態勢にする操縦法で最短時間で着陸できる。

●イーグル・ドライバー
 F-15(イーグル)を操縦するパイロットのこと

●ファントム・ライダー
 F-4(ファントム)を操縦するパイロットのこと

●ベイルアウト
 緊急脱出。射出座席で機外へと射ち出されパラシュートで降下する。

●コンバット・レスキュー
 戦闘救難
 救難隊は、戦闘下であってもパイロットが脱出したら救助に向かえる訓練をしてる。
 
●air-to-air gunnery (AAG)
 空対空

●air-to-ground gunnery(AGG)
 空対地

●空中戦闘機動 ACM(Air combat manoeuvering)
 近距離を含めた空中戦における機動飛行

●エア・ブレーキ
 空気制動機。
 戦闘機は空気抵抗が少ない形状をしてるため着陸のときになかなか速度が下がらない。
 そこでビヨーンと板を出して空気抵抗UP。これがエアブレーキだ。
 派手な機動飛行の時もエアブレーキを使っているから見逃すな。

●ドラッグシュート
 これも空気制動。着陸のときにひらく戦闘機のパラシュートだ。

●ミリオタ
 ミリタリーオタク。
 基地内に多数出現。なかには自衛隊と間違って質問しそうなほど本格的な格好のやつも居る。
 群れてることが多く最前列を早々とキープ。彼らのデカい話し声は耳障りだが情報源でもある。
 にわか航空祭ファン(オレのこと)の撮影ポイントは彼らの情報が頼りだ。 




30周年記念ベスト~テーマ・ソングス~(初回限定盤)(DVD付)

稲垣淳一さんのアルバム
スーパーポップボーカルを堪能できるお買い得品。
知らなくても聞いたことある曲がたくさんあるぞ。
30周年記念ベスト~テーマ・ソングス~(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/10/26
  • メディア: CD

1/72 三菱 F-2B “がんばろう東北” (2機セット)



震災で12機が水没してしまったF-2B。
個人的にはいちばんカッコイイ。洋上迷彩がおしゃれだ。
1/72 三菱 F-2B “がんばろう東北” (2機セット)

  • 出版社/メーカー: ハセガワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




スポンサードリンク


nice!(2)  トラックバック(0) 
三沢基地 MSJ / RJSM ブログトップ