So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌航空ページェント。午後はブルーインパルス!F-16デモチーム! 

第29回札幌航空ページェント
「空の日」の記念行事で民間主催の航空ショーとしては国内最大級。
民間、官庁、海保、自衛隊、米軍の航空機が地上展示、飛行展示で小さな札幌丘珠空港を埋め尽くす。

すでに昨日の予行で楽しんでいるぞ。
まるで本番!札幌航空ページェント予行。青空にブルーインパルスのスモーク
札幌航空ページェント予行。陸自ヘリ軍団、アメリカ軍の航空機が続々と飛来

午後は、航空自衛隊第11飛行隊 ブルーインパルスの展示飛行から。


12:10 航空自衛隊 ブルーインパルス展示飛行
よーーこそ、札幌航空ページェントへ!BGMとナレーションが会場を盛り上げる。
すると、千歳基地からの離陸したブルーインパルスが見えてきた。

まずは6機のT-4が着陸灯を点灯させて進入。デルタ・ダーティー・ローパス
20160724-121620.jpg

5番機園田(EDEN)3佐のナイフエッジ・ローパス
20160724-121816.jpg

チェンジ・オーバー・ターン
20160724-122011.jpg

ナイフエッジ・アンド・コンティニュアスロール
20160724-122053.jpg

フォーメーション・ローアプローチ
5番機、6番機がスモークを焚きながら低空で進入!ド迫力だ。
20160724-122740.jpg

トレイル・トゥ・ダイヤモンド
20160724-123106.jpg

オポジット・コンティニュアス・ロール
ぴったり重なったときにはなかなか撮れないぜ、、。
20160724-123218.jpg

キューピッド
ブルーインパルスから日本一大きなハートのプレゼント。大きすぎてはみ出した。
20160724-123423.jpg

デルタロール
6機のT-4が1枚の板のよう。スモークの軌跡がキレイな課目だ。
20160724-123651.jpg

ボントン・ロール
6機のT-4が一斉に横転する技。ビシッと決まる息の合った演技だ。

サクラ 最後の展示課目。スモークがサクラの花びらを描いた。
20160724-124028.jpg


12:54 陸上自衛隊 編隊飛行(2パス)
UH-1J×8機、AH-1S×3機、OH-6×2機の大編隊。
BGMはもちろんワルキューレの騎行。
20160724-125440.jpg

12:57 陸上自衛隊 デモンストレーション飛行
攻撃ヘリコプター AH-1S(コブラ)の機動飛行。こっち向かれると威圧感が半端ない。
ボディーは砲撃に当たらないために、めっちゃスリム!



13:12 航空自衛隊 編隊飛行(2パス)
百里基地から偵察航空隊第501飛行隊のRF-4EJファントム2が飛来。
洋上迷彩のブルーファントムを飛ばしてくれた!青空によく似合うぜ。



13:24 単機 アクロバット飛行
TEAM YOSHI MUROYAのショータイム!
レッドブルエアレースパイロットの室屋義秀選手のアクロバット飛行。
レクサスとコラボした新造機エクストラ330SCでパフォーマンス。
20160724-133845.jpg

ショーを終えた室屋さん。汗びっしょりである。
20160724-134552.jpg

押しかけるファンにハイタッチでファン・サービス。


13:59 函館行 HAC237便 離陸
朝から何度も見かける働き者の機体である。
20160724-135925.jpg


14:02 米海軍 単機飛行 (3パス)
嘉手納基地所属の哨戒機P-8Aポセイドン
ウェポンベイをオープンしてのサービスフライト
20160724-140615.jpg

3パス目はハイスピードで公開して急上昇!飛行性能の高さを見せてつけた。
20160724-140953.jpg


14:15 利尻行 HAC2673便 離陸
北海道エアシステムは、3機のSAAB340Bで飛び回っている。
20160724-141624.jpg


14:24 米空軍 デモンストレーション飛行
札幌航空ページェントを締めくくるのはPACAF F-16 デモチーム。
米軍の編隊飛行がキャンセルになったため時間を拡大して飛んでくれるらしいぞ。BGMも多めに用意してるとはアメリカらしい。
ダベンポート軍曹(SSgt Roddrick Davenport)の軽快なナレーションをかき消す爆音でファイティング・ファルコンがハイスピードパス!
20160724-142432.jpg


トリプル・エルロン・ロール
20160724-142520.jpg


ロースピード・パス
低速でも完璧なコントロール。
20160724-143042.jpg


ナイフエッジ・パス
20160724-143148.jpg

仲間たちに捧げるデディケーションパスでショーエンド。
20160724-143341.jpg


以上で、飛行展示プログラムは終了だ。
セスナやグライダーなども珍しい飛行展示も楽しめた。海上保安庁の飛行も見る機会がなかなかないのでレア感あり。米軍がこんなに飛んでくれるなんてすごいコネクションだな。航空祭以上に楽しかった!

北海道のアナウンサーがしてくれた会場アナウンスが新鮮。
聞きやすかったしすごくよかったぜ。

地上展示も素晴らしかった!
第29回札幌航空ページェント。地上展示も目白押しだった。




キヤノン EOS 7D Mark II完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

キヤノン EOS 7D Mark II完全ガイド (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2014/09/30
  • メディア: ムック


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

ヒコーキ撮りは倍率が稼げるAPCがイイ。
遠くのブルーインパルスもちょっと大きく撮れる。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

飛行機撮りの標準レンズ。これ1本で満足な写真が撮れる。
記事の写真は全部このレンズだ。
Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


札幌航空ページェント。飛びっぱなし!想像の斜め上いく大満足のエアショー! 

第29回札幌航空ページェント
「空の日」の記念行事で民間主催の航空ショーとしては国内最大級。
民間、官庁、海保、自衛隊、米軍の航空機が地上展示、飛行展示で小さな札幌丘珠空港を埋め尽くす。

すでに昨日の予行で楽しんでいるぞ。
まるで本番!札幌航空ページェント予行。青空にブルーインパルスのスモーク
札幌航空ページェント予行。陸自ヘリ軍団、アメリカ軍の航空機が続々と飛来


7:40 地下鉄東豊線の栄町駅着。徒歩で札幌丘珠空港に向かう。

7:55 最後尾はさっぽろコミュニティドーム「つどーむ」

列が動き始めると意外と早く進み陸上自衛隊丘珠駐屯地を通り過ぎる。
待機列は「つどーむ」方面の一方並びで逆方向からの横入りなし。
手荷物検査は、スタッフが横一列にずらりと並びすんなり。

8:50 エプロン到着。

9:01 民間単発機 編隊飛行(2パス)
オープニングフライトは、セスナ172スカイホーク×2機の航過飛行
パイロットは北海道最高齢82歳の超ベテラン。



9:18 海上保安庁 単機 上空通過
海保第1管区 千歳航空基地所属のビーチ350 えとぴりか2号(JA866A)
20160724-091856.jpg


9:27 航空自衛隊 単機 上空通過
航空救難団千歳救難隊のUH-60J(78-4585)がやってきた。愛称はロクマル。
20160724-092752.jpg


9:37 海上自衛隊 単機飛行(3パス)
第2航空群のP-3Cオライオン(5089)。まずはご挨拶。
20160724-093808.jpg

2パス目はギアダウン、3パス目はモクモクさせながらハイスピードで航過



10:04 グライダー・デモンストレーション
MDM-1フォックス。
ロープで牽引されて上昇してったグライダーが舞い降りてきた。
20160724-100453.jpg


10:12 双発機 単機 上空通過
セスナC680 サイテーション・ソヴリン。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の飛翔もこの機体だ。



飛行船スヌーピーJ号
残念ながら強風のため欠席。
北海道に来てから風が強くってここのところ全然飛べていない。

10:30 函館行き HAC235便 離陸
北海道エアシステムの定期便。レアになってきた太陽のアーク塗装機(JA03HC)。
20160724-103028.jpg


10:36 単機 アクロバット飛行
TEAM YOSHI MUROYAの新造機エクストラ330SC。丘珠が初フライト。
今シーズンは”AMAZING IN MOTION”をスローガンにLEXUSが室屋義秀選手をサポート。レディーーーー、ゴー!離陸とともに背面飛行。
20160724-103638.jpg

新造機と室屋さんの相性もバッチリ。
20160724-103811.jpg

主翼のレクサスマークは光によって7色カラー。カッコイイじゃないか。



11:00 米空軍 編隊飛行
第35戦闘航空団のF-16ファイティングファルコンの編隊飛行
暴れん坊のワイルド・ウィーゼル(WW)も今日はピシッとフォーメーション。


大サービスの5パス。
F-16が珍しくゆっくり飛んでくれたのでシャッターチャンスだったぜ!
20160724-110431.jpg


11:34 航空自衛隊 編隊飛行(3パス)
千歳基地のT-4×2機がエシュロン隊形で進入。
20160724-113428.jpg

続いて三沢基地のF-2A×2機がエシュロン隊形で進入。増槽モリモリつけてマッシブ。
20160724-113457.jpg

第203飛行隊のF-15J×4機はフィンガーチップ。
20160724-113532.jpg

2パス目。T-4とF-2Aはこれで帰投。お疲れさまでした。



F-15はダイヤモンド隊形。
20160724-114107.jpg

F-15だけの3パス目はエシュロン隊形から1機だけブレイク



11:50 航空自衛隊 デモンストレーション飛行
F-15Jイーグルの機動飛行のはじまりだ。
まずは挨拶代わり、ギヤダウンしてのローパス。
20160724-114901.jpg

そのあとはアフターバーバー轟々とパワフルな機動。
20160724-115016.jpg
キレイなベイパーを引きながら千歳基地に帰投。あっという間に着いちゃうんだろう。
20160724-115144.jpg


11:58 海上保安庁 単機飛行(2パス)
ボンバルディア DHC-8-315おおわし(JA723A)
20160724-115846.jpg

12:01 海上保安庁 単機飛行
最新鋭ヘリ、シコルスキーS-76D くまたか1号(JA910A)
捜索救難仕様では世界初。エンジンパワー向上、最新の航空電子機器システムを搭載した頼もしい機体だ。
20160724-115846.jpg

12:02 航空自衛隊 単機飛行(2パス)
多用途支援機U-4。
いつも通りおとなしく安定した航過を見せてくれた。
20160724-120632.jpg

えええ!!!
翼をブンブン振り回してまさかのロックウイング!
普段は大人しいU-4もやればできる子だったのだ。驚いた。



このあとはブルーインパルスの展示飛行やヘリ軍団の編隊飛行、室屋さん午後編、各種米軍のフライトがまだまだ続く。どれも必見だ。

午後編に続く。
札幌航空ページェント。午後はブルーインパルス!F-16デモチーム! 



キヤノン EOS 7D Mark II完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

キヤノン EOS 7D Mark II完全ガイド (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2014/09/30
  • メディア: ムック


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

ヒコーキ撮りは倍率が稼げるAPCがイイ。
遠くのブルーインパルスもちょっと大きく撮れる。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

飛行機撮りの標準レンズ。これ1本で満足な写真が撮れる。
記事の写真は全部このレンズだ。
Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


タグ:丘珠空港

札幌航空ページェント予行。陸自ヘリ軍団、アメリカ軍の航空機が続々と飛来 

札幌航空ページェントの予行フライト。
まるで本番!札幌航空ページェント予行。青空にブルーインパルスのスモーク。に引き続いて陸自と米軍が飛ぶ。

陸上自衛隊 編隊飛行
指揮官のUH-1Jを先頭にバタバタとヘリが離陸していく。
20160723-124126.jpg

UH-1J×8機、AH-1S(コブラ)×3機、OH-6×2機の総勢13機の大編隊だ。
20160723-124344.jpg

BGMは、地獄の黙示録でお馴染みのワーグナー「ワルキューレの騎行」
嗚呼、写真だと迫力が全く伝わらんぞ。
20160723-125150.jpg

陸上自衛隊 AH-1Sコブラ デモンストレーション
ヘリ軍団からAH-1Sコブラが1機離脱。これより機動飛行を開始する!
細マッチョなボディで縦横無尽に飛び回る。



フジドリームエアラインズ(FDA)の10号機(JA10FJ)
Embraer ERJ-170-200が飛来。
燃費改善パッケージ「フューエル・バーン・インプルーブメント(パッケージ2)」仕様の機体。主翼端には大型化されたウィングチップを装備してる。
20160723-131430.jpg

北海道エアシステム(HAC)のSAAB340(JA01HC)
GO!GO!KUSHIRO HAPPY AIR CONNECTIONと書いてある。釧路便らしい。
20160723-135045.jpg

でかいウィングチップだ。



米海軍 単機飛行(3パス)
P-8Aポセイドンの航過飛行。まずはご挨拶。
ボーイング社が開発した哨戒機でボーイング737からの改造機だ。


大サービスの2パス目は、ボム・ベイをオープンして航過。



3パス目はハイスピード・パス。急上昇して飛び去っていった。
翼のレイクド・ウイングチップがカッコイイ。


米空軍デモンストレーション飛行
PACAF F-16デモチーム!千歳基地からハイスピードで登場。
これでF-16の最大性能の半分というから驚きだ。
よく見るとパイロットがこっち見てる。Capt.Richard Smeeding。余裕である。
20160723-144026.jpg

F-16はとにかく速い。
20160723-144112-2.jpg

キレッキレの飛びっぷりで縦横無尽に飛び回る。
自由演技にしかみえない。
20160723-144112.jpg

富士山オーバーの5000mまであっという間に急上昇
20160723-144331.jpg

丘珠空港は順光なので背面をキレイに撮影できた。
シャッター押しまくると何枚かはいい感じになるぞ。
20160723-144802.jpg

F-16デモチームの予行訓練で本日は終了。
っと思ったら海上自衛隊のSH-60J哨戒ヘリコプターが地上展示のために飛来。
20160723-150729.jpg

コクピットには桜星2つ。
20160723-150740.jpg





ブルーインパルス2016サポーター's DVD Special オリジナル卓上カレンダー付き

毎年楽しみに購入しているDVD。
ブルーインパルス2016サポーター's DVD Special オリジナル卓上カレンダー付き

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD



ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

ブルーインパルス撮影の第一人者、黒澤カメラマン監修のガイド本。
写真はもちろん、充実の内容でもっとブルーインパルスが好きなる。
ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ムック




スポンサードリンク


まるで本番!札幌航空ページェント予行。青空にブルーインパルスのスモーク。 

今日は、丘珠空港(札幌飛行場)で開催される札幌航空ページェントの予行フライト。
札幌航空ページェントは、民間主催の航空ショーで民間機、官庁機、自衛隊機、米軍機が50機以上も地上展示。

飛行展示はブルーインパルスやエアレースパイロット室屋義秀さんのアクロバット飛行、PACAF F-16デモチームなどの朝から飛びっぱなしのプログラム。

前日予行を調査してきたぞ。
撮影ポイントは、札幌丘珠空港のそばにあるコミュニティードーム「つどーむ」
到着したのが11:30。すでにプログラムNo.11。

航空自衛隊 編隊飛行
まずは第201飛行隊 ファイティングベアーズのT-4×2機がエシュロン隊形で航過。
20160723-113221.jpg

つづいて第203飛行隊のF-15Jはフィンガーチップ隊形。隊長機の翼からピュー。



T-4の2パス目はトレイル隊形。T-4はこれにて千歳基地にRTB。
20160723-113809.jpg

F-15Jは、ダイヤモンド隊形
20160723-113837.jpg

F-15J最後のパスはエシュロン隊形。
1機だけブレイク!機動飛行に戻ってくるぞ。



機動飛行担当のF-15J(92-8911)は、まずギアダウンしてゆっくりと航過。
実にシャッターチャンスである。
20160723-114650.jpg

F-15Jのパワフルな機動飛行が開始。はえーよ!久々すぎて外しまくる。
20160723-114820.jpg

ベイパーなびかせグイグイ機動。
20160723-114858.jpg

ひとしきり暴れまわると轟音と共に千歳基地に帰投。明日もよろしくな。
20160723-115006.jpg


お待ちかねのブルーインパルス展示飛行千歳基地からのリモートだ。
札幌丘珠空港のブルーインパルスは丘珠スペシャル!?と呼ばれる変則的な展示課目で楽しみ。

1.デルタ・ダーティー・ローパス
6機が三角形で進入。基本の隊形だ。
20160723-121110.jpg


2.グランドクロス・ローパス(事前訓練のみ)
20160723-121413.jpg


3.ワイド・ローパス(事前訓練のみ)
20160723-121655.jpg


4.ナイフエッジ・ローパス
20160723-122145.jpg

5.チェンジ・オーバーターン
20160723-122234.jpg

6.ナイフエッジ&コンティニュアスロール
20160723-122439.jpg

7.サンライズ (事前訓練のみ)
20160723-122555.jpg

8.フォーメーション・ロー・アプローチ


迫力のロー・アプローチは是非、動画で!
ブルーインパルス、やりすぎのフォーメーション・ロー・アプローチ!!


9.チェンジ・オーバー・ループ
20160723-123000.jpg

10.ダブル・ナイフエッジ
5番機と6番機の息のあった演技。
20160723-123033.jpg

11.トレイル・トゥ・ダイヤモンド
20160723-123154.jpg

12.オポジット・コンティニュアスロール
嗚呼、いつになってもうまく撮れない。
20160723-123304.jpg

13.ロールバック・トゥ・アローヘッド
こっちにむかってくるアローにドキドキだ。
20160723-123344.jpg

14.キューピッド
風にスモークが流されずに青空にキレイなハート。
20160723-123508.jpg

15.デルタ・ロール
20160723-123734.jpg

青空で全15課目の事前訓練。明日の本番も楽しみだ。
午後からも予行は続くぞ。
札幌航空ページェント予行。陸自ヘリ軍団、アメリカ軍の航空機が続々と飛来



ブルーインパルス2016サポーター's DVD Special オリジナル卓上カレンダー付き

毎年楽しみに購入しているDVD。
ブルーインパルス2016サポーター's DVD Special オリジナル卓上カレンダー付き

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD



ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

ブルーインパルス撮影の第一人者、黒澤カメラマン監修のガイド本。
写真はもちろん、充実の内容でもっとブルーインパルスが好きなる。
ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ムック


アイコム 広帯域ハンディレシーバー 0.100~1309.995MHz  IC-R6

ブルーインパルスも使ってるレシーバ。
高速なスキャン、コンパクトなボディでエアバンドを聴くのに愛用。小さいから女性にもオススメ。
アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R6

  • 出版社/メーカー: アイコム
  • メディア: エレクトロニクス


全国空港ウォッチングガイド 最新改訂版 (イカロス・ムック)

全国空港ウォッチングガイド 最新改訂版 (イカロス・ムック)

  • 作者: かしわひろゆき
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2016/07/05
  • メディア: ムック





スポンサードリンク


MV-22、AV-8B、FA-18、F-16贅沢な展示飛行!MCAS岩国フレンドシップデー2016。 

MCAS岩国フレンドシップデー。フライトディスプレイのはじまり。

競技曲技飛行チーム『ウィスキー パパ』
まずはエアショーパイロット内海 昌浩さんのアクロバット飛行。
Extra-300(JA14WP)で大空を縦横無尽に飛びまくる。
20160505-102102.jpg
サービス満点のフライトで青空スモークも絶好調!
20160505-102257.jpg

空から国旗の登場と国歌斉唱。
岩国基地FSBでは恒例。星条旗と日の丸が空から降下!降下!
20160505-102933.jpg

フレンドシップの証なのだ。


AV-8Bハリアー Level3 Demo
いきなりシャッターチャンス!
ギャラリーのド肝を抜くド派手なテイクオフ!その低さで捻りあがるとはすげー!
20160505-104227.jpg

空で止まっとる、、これが垂直離着陸機か、、。
20160505-104656.jpg

そしてバックしてる。ありえない挙動になんだか笑っちゃう。
20160505-105152.jpg

ぎゅぃぃぃぃん!そして急上昇。すごすぎる。
今まで見た飛行展示の中で指折りの展示かも。
20160505-105258.jpg

え!?空中で一時停止!? AV-8B ハリアーデモフライト



レッドブルエアレース・パイロット室屋義秀
フェラーリとのスピード対決は見えかったけど曲技飛行はバッチリ。
エアレースとは違うExtra300の魅力たっぷりの飛行だった。



ANAがテイクオフ。
エアショーでないけど間近で離陸するボーイングに興味津々。
20160505-111749.jpg


MV-22が(昨日も見たけど)日本初公開のレベル3デモに向けてテイクオフ。
飛行モードの転換も実にスムーズ。
20160505-112028.jpg


PACAF太平洋空軍F-16デモチーム




アメリカ陸軍ゴールデンナイツ
初来日のパラシュートチーム。スモーク撒きながら滑空。
自由滑空であっという間に高度を下げてくる派手なパラシュート降下。



MV-22オスプレイ LEVEL3デモ
日本初公開のオスプレイのデモフライト。
まずはギャラリー席にペコリとお辞儀するお茶目っぷり。


すべての転換モードを披露。よくみてないと気がつかないスムーズな転換。
20160505-122244.jpg

日本初公開!これがMV-22オスプレイのデモフライトだ。
動画を見ると安定のホバリンク、静かな飛行音がよく分かる。メディアでは騒音などアレコレ言っているのが誇張さてる。自分の目で見て確かめてくれよな。



ペンバートン・エアロスポーツ
ムササビ型特殊スーツで高度1万フィートからのスカイダイビング。
空高いとこだと小さすぎでよくわからなかった。目の前にスタッと見事に着地。



競技曲技飛行チーム『ウィスキー パパ』のアクロバット午後の部



AV-8Bハリアー Level3 Demo
午前中で練習できたから余裕を持って撮れた。たまらないテイクオフだ。
20160505-132625.jpg

ストップモーション!
空中で浮遊する飛行機なんてみたことねー。



浮いてるだけじゃない。くるくると方向を変えたりバックしたり、、。
そして急角度で上昇していく。なんなのこの只者じゃない戦闘機!


ゆっくりとした速度でふわりと着陸。アメージング!
20160505-133804.jpg


海上自衛隊のC-130R(9051)
熊本地震の災害派遣に飛び立っていった。ありがとう自衛隊!
20160505-134603.jpg


レッドブル・エアレース室屋義秀さんのアクロフライト
午後も軽快なフライト。



F-16デモチーム午後の部。
午後もキレッキレのデモフライト。F-16ファイティングファルコンの本気な飛びっぷりはやっぱりすごい。


切れ味鋭いナイフエッジ。
20160505-142127.jpg


KC-130Jが給油デモに向けてテイクオフ。
20160505-142701.jpg


MV-22オスプレイ再び登場
ギャラリーの目前で安定のホバリング。ダウンウォッシュも全然わかんないし音も実に静か。
20160505-144045.jpg20160505-121950.jpg

飛行モードの転換を注意してみてたけどスムーズすぎ。
ヘリと飛行機のイイとこ取りのオスプレイは日本でこそ活躍してほしいぜ!
20160505-122244.jpg


アメリカ陸軍「ゴールデンナイツ」
アメリカンアーミー達は5人まとめてスカイダイブ。めっちゃ急降下してくる。
20160505-150457.jpg

おい!繋がってんじゃん!やばくね?やばくね?
ノープロブレム!hahaha



近接航空支援(CAS)、空中給油のシミュレーション飛行。
CAS(Close Air Support)とは、火力支援をするための航空作戦のこと。今回は、地上攻撃を行うF/A-18ホーネットに空中でKC-130Jが給油するシミュレーションだ。

地上攻撃のためにF/A-18ホーネットがテイクオフ。


先に離陸していたKC-130Jが戻ってきた。上空をぐるんと旋回。
20160505-151410.jpg

腹を空かせたF/A-18ホーネット。まってーまってー
20160505-151422.jpg

ほーら給油の時間だよ。
KC-130Jスーパーハークは両翼から2機同時に給油できちゃう。
20160505-151628.jpg

KC-130とF/A-18の空中給油デモ



MAGTF(Marine Air-Ground Task Force)空地任務部隊の飛行展示
海兵隊の航空および地上部隊が連携して任務に当たる部隊のことらしい。地上部隊がターゲットの位置を指示したり爆撃位置をレーザーでマーキングして航空機がその情報をもとに攻撃する感じなのかな。

燃料満タンのF/A-18ホーネット。地上に向かってハイスピードで進入!


どーん!すげー音とともに黒煙が立ち上る。
ギャラリーも思わず慄くアメリカ軍らしいデモ。迫力が桁違い。
20160505-152145.jpg

地上攻撃を終えたバッツ部隊が着陸態勢。
20160505-152654.jpg

海兵第242全天候戦闘攻撃中隊VMFA(AW)-242 Bats(DT01)
ミッションを終えてハイスピードローパス!ブレイク!



アレスティング・フックを使って着陸。
航空母艦の飛行甲板に着艦する方法。わずかな距離でホーネットがびたっと止まる。パイロットの受ける衝撃が半端なさそうだな。
20160505-153255.jpg


MCAS岩国フレンドシップデー。
海兵隊の友達たちはみんなフレンドシップで楽しかった。

同じ展示飛行を午前と午後で披露するスケジュールはいいね!得した気分だ。


wpo:When you go back home?
A-10:Tomorrow
帰投は明日のようだ。


調査報告メモ
・シャトルバスは朝5:35でヤマダ電機付近
・岩国バスのツイッター情報
 運航は岩国駅6:00始発/7:45 20〜30分待ち/8:50 15分待ち/10:00 30分待ち/11:30待ち時間なし
・基地内に入ると混雑さを感じない広さ。来場者は約17万5,000人
・トイレは準備万端。手洗いあり。男女ともに並ばない。
・帰投は翌日。(三沢F-16は当日)
・帰投を撮りたい人は、パイロットに聞いてみよう。
・帰りのシャトルバスは閉場間際で20分待ちくらい。駅まで歩くより全然早い。渋滞もなし。



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3

写真レベルが一気にあがった気になる一眼カメラ。
ちょっと高いけどそれだけの価値があったぜ。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: エレクトロニクス
キヤノン EOS 5D Mark III完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

とりあえず買って読んだ一冊。基本的なことを漏れなくマスター。
キヤノン EOS 5D Mark III完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Canon バッテリーパック LP-E6N

バッテリーは安心の純正品を選ぼう。
5D Mark3に付属していたLP-E6の容量がちょっとだけ増えたLP-E6Nがおすすめ。
Canon バッテリーパック LP-E6N

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


タグ:岩国基地

よーーーーーこそ小牧基地へお越しくださいました!ブルーインパルスの春日井ターン! 

本日のメインイベント、みんな大好きブルーインパルス。小牧基地オープンベースで2年連続で展示飛行をしてくれる松島基地第11飛行隊のブルーインパルスの出番だ。

地元の春日井市の市と議会、住民による協議会は「住宅密集地に近い」と編隊飛行に反対しているようだが、、会場は盛大に歓迎ムードで盛り上がってる。


春日井市が全体で反対!してるようなネット報道(!?)だけど会場を見る限り反対派はごく一部。
みんなはブルーインパルスを楽しみにしてウキウキだぜ!
20160313-121614.jpg


2013年3月から第11飛行隊ブルーインパルスに配属の日高隊長は今日でラスト展示飛行。
ファンに手を振りながら滑走路に向かう。
20160313-122010.jpg


3番機はトラブルで予備の7番機でフライト。
どんな状況でもいつも通り訓練通りに飛ぶのがブルーインパルス。機体が変わっても問題ない。
20160313-122028.jpg


名古屋空港の展望デッキはブルーインパルスを見に来た人で溢れてる。
20160313-122356.jpg

神明公園でもみんな待ちわびている。
20160313-122413.jpg


ブルーインパルス、ミッションスタート!
小牧基地ではノーマル・テイクオフ。1、2、3、4番機が離陸していく。
20160313-122659.jpg

5番機、6番機も揃ってテイクオフ。
20160313-122710.jpg


6機であっという間に編隊を組んで会場上空に進入してくる。
20160313-123054.jpg

デルタ・ダーティ・ローパス。
6機で三角形の編隊でローパスしていく。
そして、春日井市上空にかからないように春日井ターーーーン!
20160313-123114.jpg


白鳥の姿を奏でるスワンローパス。小牧城に白鳥が舞うのだ。
20160313-123358.jpg

ポイントスター
星型を象ったポイントスター・ローパス。なかなか見れないレアな体型だ。
20160313-123612.jpg
20160313-123620.jpg

デルタ360°ターン
デルタ隊形のまま360°のターンをする技。スモークの航跡がウツクシイ。
20160313-123910.jpg


小牧基地でしか見れない春日井ターンは健在。
春日井市上空をきっちり避けて飛ぶという航空自衛隊ブルーインパルスの操縦技術の高さを目にする結果に(笑。
20160313-123844.jpg


サクラ
6機のT-4が円を描く。一足お先に小牧上空に日本の花「桜」が咲く。
20160313-124145.jpg

キューピッド
5番機と6番機のソロ・パート。今日のはASH隊長の新天地での活躍を祈願したキューピッド
20160313-124351.jpg

ミッションコンプリート、グッドミッション!


3番機のトラブルで1課目(グランド・クロス)減ったけど、いつも通り予行通りのフライトを実施。小牧の空にブルーインパルスが飛んだことにギャラリーは大満足。拍手でパイロットを迎える。


日高大作隊長がラスト展示飛行を終えてブルーインパルス1番から降りる。
最後だからといって特別なことはない。感傷に浸ることもなくてクールでカッコよくラダーを降りる。
いつも通り変わらなくできるように厳しい訓練してるのが自衛隊なのだ。
20160313-125530.jpg


トラブルの3番機はクルーがメンテナンス。早く直るといいね!
20160313-140825.jpg


サブライズその1
FDAがローパス、じゃなくてゴーアラウンド。着陸のやり直しを瞬時に判断できるパイロットのスキルはすげーな。
20160313-131402.jpg


サブライスその2
三菱重工の格納庫からMRJが姿を見せた。話題のMRJをまさか見れるとは思わなかった。
テレビで見たよりずっとかっこいいじゃないか。



ブルーインパルスとの2ショット。
なかなかレアな写真が撮れた。MRJがレアがじゃなく当たり前に空を飛ぶ日が待ち遠しい。
20160313-145939.jpg


小牧基地の帰投ショー。
外来機がそれぞれの基地に帰っていく。ご支援ありがとうございます!
20160313-142606.jpg
20160313-142829.jpg
20160313-144752.jpg
20160313-150307.jpg

岐阜基地に帰投する予定だったブラックファントム。
多くのファンが飛び立つのを待ってたけどエンジンの不調で明日以降に延期。
20160313-145413.jpg

帰り道、空を見上げるとP-3Cが帰投していった。
20160313-155359.jpg


当日はツイッターでお気に入り、リツイート、フォローしてくれてありがとう。




臨場感は動画で見てみて!
ブルーインパルスの春日井ターン!小牧基地オープンベース2016。


小牧基地オープンベース2016。MRJもご挨拶。




ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

ブルーインパルス撮影の第一人者、黒澤カメラマンが監修。
パイロットや課目、写真の撮り方までまさに完全ガイド!
ブルーインパルス好きは持っておきたい1冊。DVDもお得。
ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ムック


ブルーインパルス2015サポーター's DVD

毎年買っちゃうブルーインパルスのDVD。
ブルーインパルス2015サポーター's DVD

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

ヒコーキ撮りに最適なカメラ。
Canon EOS 7D Mark IIボディ

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera






スポンサードリンク


空自とFDAが飛びっぱなしの小牧基地オープンベース。地上展示も充実のラインナップ! 

昨日一昨日とエアポートウォーク名古屋で予行を見た小牧基地オープンベースの本番。
小牧基地所属機のフライトと外来機の地上展示をじっくり見てきたぞ。

8am 小牧基地に到着
手荷物検査をして進むとゲートの前で待機。

8:30am ゲートオープン。
エプロン地区でまだ空いたKC-767の機内見学。10分くらいで中に入れそうだ。
20160313-084047.jpg


給油するためのフライング・ブーム。これで戦闘機に給油する。
時速500kmで飛びながら空中でドッキングしちゃうなんてすげー。
20160313-084218.jpg


KC-767の空中給油は機体底部にある5台のカメラを使って行う。オペレータは操縦席後部にある操作卓で給油口から伸びる約6mのパイプをカメラで確認しながら戦闘機へ給油するのだ。
20160313-084313.jpg

すでに大行列。機内見学は朝イチで並ぶのが鉄則だ。時間が遅いと何時間も並ぶことになって肝心のフライトが見れなくなっちゃう。
20160313-090404.jpg

機内は意外と普通。通路は狭くて客室乗務員の機内サービスはない。
座席を取っ払って車両を搭載したり荷物を積んだりもできる。
20160313-090640.jpg

チラッと見えたコックピット。
20160313-090911.jpg

タラップを降りていく途中にオープニングフライト。
KC-767からオープニングフライトのKC-767を見た。
20160313-090936.jpg

KC-767をリーダーにC-130、U-125Aがオープニングフライトを飾った。
20160313-090943.jpg

オープニングフライトで飛んだU-125AとKC-767が戻ってきて会場上空をローパスで航過。
キアダウンしてゆっくりと飛んた。


C-130Hも密集隊形でローパス
カメラの設定を痛恨の間違い、、。白く飛んじゃった。
20160313-092456.jpg



災害派遣展示
ヘリコプターが次々に飛び立っていく。まずはUH-60J救難ヘリコプター。
20160313-093943.jpg

陸上自衛隊明野駐屯地のUH-1とOH-6もバタバタ飛んでいく。



岐阜基地からF-2戦闘機が災害地にすっ飛んでくる。
戦闘機の機動力を活かしていち早く被災地の状況を確認、部隊に連絡する。



FDAは通常業務でテイクオフ。
オープンベースの最中でもいつも通りにヒコーキを飛ばす管制官。
目立ってはいないけど航空祭を楽しめるのは空のトラフィックを安全に運行してくれてる管制官のおかげなのだ。グッデー!
20160313-094723.jpg


F-2からの状況報告を受けてヘリコプターが離陸していく。
災害時は滑走路がなくても離着陸できるヘリコプターが大活躍なのだ。
20160313-094851.jpg

海上保安庁のMH964かみたかもテイクオフ。
20160313-095248.jpg


空中給油デモンストレーション
被害状況を確認しているF-2がガス欠寸前!
大丈夫だ、問題ない。空飛ぶガソリンスタンドことKC-767が空中給油にやってきた。時速500Kmで飛びながらF-2戦闘機に満タン給油。空中で給油できることで活動時間が大幅に広がるのだ。



ヘリコプターも空中で給油が可能。低速のヘリの給油はC-130Hに任せろ!
UH-60J救難ヘリコプターを満タンにしてくれる。
20160313-101003.jpg


20160313-100901.jpg災害派遣展示はブルーインパルスのサイン会に並びながら。
並ばないことも多いんだけど今日は特別!どのパイロットよりも長い列に並ぶのだ。
その列は今日でラスト展示飛行の日高大作(ASH)隊長。ブルーインパルスの隊長として日本各地で『更なる高みへの挑戦』を見せてくれた。

すぐに次へ赴任が決まっていて水曜日にラストフライト。


愛知県防災航空隊の防災ヘリコプターのわかしゃち(JA6792)。
機種はBell 412EPでベル・ヘリコプター・テキストロン社が開発した汎用ヘリコプター。
災害派遣展示で飛行するはずだったのだがホットミッションで出動していった。
20160313-101932.jpg


救難展示
レスキューターイム!
UH-60Jが全力で救助活動できるのははU-125Aが周囲を絶えず確認してくれているからだ。
現場を選ばないメディックたちは助けを求める声がある限りどこにでも出動する。



チヌークもバケツで水をぶちまける消火展示。
20160313-104637.jpg


災害活動展示
すごーーく遠くでなんか動いてる。ズームしてみるとショベルローダーがエア土砂を除去している。災害のとき土砂や倒木で塞がれた道や瓦礫の山を除去するには重機が必要。災害時に頼りになるのが自衛隊。何でもこなすのだ。
20160313-105315.jpg


花車の呼び込みにリアル・ドラえもん。あまりの奇妙さにみんな遠くから撮影。(笑
20160313-105947.jpg


今のうちに地上展示を見に行こう。

F-2戦闘機(43-8527)
三沢基地からリモートで参加。



F-4EJ ブラック・ファントム(47-8336)
岐阜基地の飛行開発実験団60周年記念塗装。カッコよすぎる。
360°どこからでも見れる展示にしてくれてありがとう!



地上でよーく見ると細かいところまで塗装してある。
「ご支援ありがとうございました」と小牧基地クルーから岐阜基地クルーへのメッセージ。
銀色のカーゴポッドにも色々とマーキング。F-4ファントムのマスコット、SPOOK(スプーク)が描かれている。全国の航空祭に参加したフライトメモも書いてあった。今シーズンもアチコチに来てくれよな。



岐阜基地の飛行開発実験団は航空自衛隊すべての機種を扱っている。ブラックファントムはF-4のところが金色になっているのだ。C-2が飛び立とうとしているのがさすがのセンス!
victory in the sky is achieved through technology!(空の勝利は技術にあり)
飛実団のセリフがカッコよすぎ。



T-400(41-5053)
航空祭の地上展示でお馴染み。最近はキャプテン・キティーがいない
20160313-112102.jpg


救難ヘリコプターUH-60J(58-4559)
救難最後の砦、航空救難団の救難ヘリ。そこに助けを求める声がある限り彼らは救難ヘリで現場に向かう。現場を選ばない最強の救難ヘリなのだ。



救難ヘリコプター UH-60J J-Ⅱ (58-4598)
新型UH-60J(J-Ⅱ)も展示されてた。通称:ジェーツー。
最強の救難ヘリをさらにアップグレードしたコンバットレスキュー仕様だ。



一見同じだけど、、。
よく見てくれ。コンバットレスキュー仕様は顔立ちが違う。J-Ⅱはいろんなアンテナがくっついてるだろ?



(たぶん)ミサイル警報装置 AN/AAR-60(V)
海自ヘリでは標準装置に近い警報装置。ミサイルの紫外線を感知する警報装置。


ワイヤーカッター
陸自ヘリでは標準装備に近いワイヤーカッター。
ヘリコプターは電線などに引っ掛かっかるとローターに巻きついて墜落してしまう恐れがある。夜間や山間部などで活動する可能性を想定して搭載。
20160313-112815.jpg


デュアルホイスト
主ホイストが故障などで使えなくなった場合でも救助できるように予備ホイストを装備。
20160313-112807.jpg


給油プローブ
長距離・長時間の活動をするためには給油が必要。給油プローブで空中給油できるようになったことでより救難捜索活動ができるようになった。
20160313-112820.jpg


最新のエンジン「T700-IHI-701D」GEのエンジンをIHIがライセンス生産している。
陸自ヘリではお馴染みのIRサプレッサも搭載。エンジンの排気熱から出る赤外線を拡散・冷却することで追尾ミサイルからの攻撃をかわすのだ。
海自の哨戒ヘリについるチャフフレアディスペンサーも搭載。それぞれのヘリコプターのいいとこ取りで「最強の救難ヘリ」は伊達じゃないようだ。
20160313-113733.jpg

SH-60K(23-8427)
海上自衛隊の対潜ヘリコプター。
20160313-112905.jpg

C-130H
何機ものハーキュリーズが整然と並んでる壮観な光景は圧巻だ。
20160313-113201.jpg


P-3C(3-5055)
海上自衛隊からは対潜哨戒機のP-3Cが支援。
20160313-125326.jpg


YS-11(52-1152)
美保基地から参加。
20160313-125540.jpg


CH-47Jチヌーク(67-4496)
20160313-125710.jpg


大型破壊機救難消防車(A-MB-3)
A-MB-3は航空機事故に対処するために開発された大型消防車で空港火災や人命救助に活躍する。新旧が揃って展示してるのがいいね!
20160313-134730.jpg


レッドサラマンダー
総務省消防庁の全地形対応の消防車両「レッドサラマンダー」
火を司るサラマンダーの名を持つ消防車両。全国で唯一の車両で日本の中央にある岡崎市に配備された。東日本、西日本どちらにでも出動できるからなのかな。
20160313-134957.jpg

10式のようなキャタピラは荒地、不整地、段差、溝、土砂上、瓦礫などの走行不可能な道でも問題なく走破する全地対応型の災害現場活動対応車両だ。
定員は10名、前部シャシ4人、後部ユニット6人が乗れる。最高速度時速50㎞、最大登坂能力50%、最大乗越え段差600mm、最大溝乗り越え幅2000mm、マイナス35度でも使用可能なタフなボディ。災害派遣展示を近くで見たかったー。
20160313-135330.jpg


小牧基地でしか見れない特別な展示飛行「小牧スペシャル」
春日井市を1mmもカスらないキレッキレの春日井ターンは健在だ!
ブルーインパルス編に続くぞ。





Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

航空機をどアップで撮れるヒコーキ撮りにオススメのカメラ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

飛行機撮りにオススメなレンズ。
高速AFにキレのある描写で満足な写真が撮れる。ちょっと高いけど長く使えるレンズだ。
Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera




スポンサードリンク


タグ:小牧基地

芦屋基地航空祭。ブルーインパルス4番機立山( CHAMBER)1尉のラスト展示飛行 

芦屋基地航空祭の最後を締めるのはブルーインパルスの展示飛行。
今日で4番機パイロット、立山(CHAMBER)1尉はラスト展示飛行となる。

4番機の展示に注目だ。


ダイヤモンド・ダーティー・ローパス
いつも通りのきれいなダイヤモンド。曇り空に立体感のあるスモーク。
20151122-135658.jpg


ファン・ブレイク
20151122-135929.jpg

スモークがかっこよく映る。
20151122-140647.jpg

ダブル・ナイフ・エッジ
5番機と6番機がめっちゃシンクロ!
20151122-140751.jpg

レター8
4番機の見せ場その1、大きな円を描き始める。
20151122-140836.jpg


ヴァーティカル・キューピッド
4番機の見せ場その2、日本一大きなハートに矢を放つ。
「アドベンチャー!」しっかり届きました。
20151122-141303.jpg

ブルーインパルス1区分 4番機立山1尉ラスト展示!




展示飛行を終えてタキシング。
4番機の師弟コンビが手を振って挨拶。

10.jpg


今日の花束贈呈はラスト展示飛行の立山さん。今日の主役である。
2.jpg


花束を手に仲間と記念撮影。みんな笑顔で4番のハンドサイン!
1.jpg


ブルーインパルスのクルーも観客もみんな拍手。
今までアドベンチャーな展示飛行を見せてくれて感謝。
3.jpg

最後は4番機を安全確認。
師匠の技は弟子の川村(RUM)1尉に受け継がれた。次回の展示飛行でも4番機に注目だ。
11.jpg
12.jpg

展示飛行後にもブルーインパルスのサイン会。立山さんの列は大行列!
ツアーパンフの裏にデッカくサインを書いてもらった。
IMG_2200.jpg


またどこかの航空祭でアドベンチャーなフライトを楽しみにしたい。
立山1尉お疲れチャンバー!



ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

ブルーインパルス撮影の第一人者、黒澤カメラマンが監修。
パイロットや課目、写真の撮り方までまさに完全ガイド!
ブルーインパルス好きは持っておきたい1冊。DVDもお得。
ブルーインパルス完全ガイド (NEKO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ムック


ブルーインパルス2015サポーター's DVD

毎年買っちゃうブルーインパルスのDVD。
ブルーインパルス2015サポーター's DVD

  • 出版社/メーカー: 有限会社バナプル
  • メディア: DVD




スポンサードリンク


芦屋基地航空祭。初めて見た救難隊の地上展示と築城天狗F-15Jのサヨナラ展示飛行 

芦屋基地航空祭、午後の部
午前中はレッドドルフィンが飛びまくった。午後のスタートは1305。それまでにあちこち見学に行ってこよう。

芦屋基地航空祭ではブルーインパルス地上展示で見学用通路を作ってくれる。
普段の最前列は朝イチから地蔵が並ぶので上手く撮れないんだけど、見学用通路方式だとバッチリ撮れる。みんなが撮れる方式なので他の基地も真似してくれないかな。
20151122-115840.jpg

4番機立山(CHAMBER)1尉は、今日でラスト展示飛行。
コクピットの名前がもうすぐ弟子の川村(RUM)1尉になる。
20151122-120021.jpg


格納庫を見に行くとレッドドルフィンが露わなお姿に。
エンジンから何から何まで開くとこはみんな開けていて機器マニアにはたまらない。


T-4のコックピット見学も大盛況。
20151122-120819.jpg

恒例のDOLPHIN WORKSのモデルもずらりと並ぶ。
20151122-121223.jpg


救難隊の格納庫で地上展示
「男は黙ってMEDIC」メディックのパネルがカッコよすぎ。
現場を選ばない最強の救難員達だ。
20151122-124026.jpg

ホントに場所を選ばねぇ。
今日の現場はダンボールのロクマルで出動。
ダンボールのロクマルにはホイストが付いていない。今日のホイストは救難員の腕力
裏方の救難員が呻き声をあげつつ吊り上げるようだ。
20151122-124616.jpg

ザックの重さは約15kg。
ザックの中は救助中に天候悪化などで救助できないときでも遭難員と救難員が3、4日生き延びるためのサバイバルグッズが詰め込まれている。救難員はあらゆる状況を想定しているのだ。
20151122-125504.jpg


救難員は「苦しい、キツイ、助けてください」は決して言いません。
ホイストが故障しても自らの腕力で帰還する強靭な肉体に鍛え上げている。
腕力だけでワシワシ登っていく。すげーぜ!
ただでさえ屈強な救難員よりさらに凄いスーパー救難員も全国で20名ほどいるらしい。
20151122-125841.jpg
初めて見たタイプの救難展示で新鮮な驚き!また披露していもらいたいレスキューショーだった。サンキューレスキュー!


F-15の機動飛行の時間だ。
救難隊の格納庫から出るといつの間にか人だらけ!いい所で撮影したかったけど動けず、、。
築城基地から那覇基地への移転が決まっている天狗の舞。
20151122-130634.jpg


毎年恒例だった天狗フライトも今年で見納め。
サヨナラの挨拶ばかりにアフターバーナー轟々と飛び回った。
20151122-131256.jpg

ブルーインパルス4番機立山( CHAMBER)1尉のラスト展示飛行に続く



Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

ちょっと高級だけど飛行機撮りにバッチリなレンズ。
Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera

Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

俺たちの撮影フィールドは過酷だ。
大切なレンズには安心のレンズ保護フィルターを装着しておこうぜ。
以前、レンズを派手にぶつけたときに守ってくれたKenkoが絶大な安心感。


Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


タグ:芦屋基地

芦屋基地航空祭。教官パイロットの熟練の操縦テク!レッドドルフィンが大空を泳ぐ。 

芦屋基地航空祭当日。天気予報通り天気はイマイチ。

遠賀川駅~航空祭会場のシャトルバスは遠賀川駅から7:30amから運行。運賃は260円
7時ごろに着くと100人待ちくらい。

運行開始してすぐに乗れたけど人数をカウントして乗せてるんじゃなくて詰めて詰めて方式なので遅え、、。乗車箇所も1箇所なので遅え、、。
さらにダメなのが後払いシステム。満員バスだと両替が続出で降車にイチイチ時間がかかる。
他基地の航空祭のシャトルバス運行に比べると乗り降りに無駄がある。


7:20 芦屋基地、現着今!
始発から3、4台目のシャトルバスだったけどすでにゲートオープン。
まずはパッチ屋に急ぐぞ。

途中のうどん屋さんでブルーインパルスの御一行を見かけた。春山班長、もう食ってます。(笑
20151122-072908.jpg

パッチ屋さんは混沌とした並びっぷりでなかなか買えない。やっと買えると思ったら寸前で売切、、、。芦屋でしか販売できなかった築城のラスト天狗パッチ欲しかったなぁ。


まずは地上展示でも見に行っとく。
エプロンにはブルーインパルスは整然と駐機して出番を待ってる。
20151122-074746.jpg

陸上自衛隊のヘリコプター地上展示。
最近はお馴染みになってきたAH-64Dアパッチ(74501)ロングボウレーダー付。
自衛隊のヘリコプターの中で一番の強面である。
20151122-074959.jpg

OH-1オメガ(32617)
カワイらしい外観とは裏腹に変態な機動性能を持つメイドインジャパンの観測ヘリ。
陸自のヘリもたまには空自の航空祭で機動飛行をしてくれないかな。
20151122-075124.jpg

TC-90ホーカービーチクラフト(202-6836)
海上自衛隊。第202教育航空隊(徳島航空基地)の練習機。海自の練習機はオレンジ色がペイントされている。
20151122-075204.jpg

T-5 (練習機) (201-6363)
海上自衛隊。第201教育航空隊(小月航空基地)の初等練習機
P-3Cなど大型機のパイロット養成のためまずT-5で練習するのだ。
20151122-075417.jpg

T-400(51-5058)
航空自衛隊。第41教育飛行隊(美保基地)の基本操縦練習機
C-1輸送機、U-125A救難機のパイロットはこの機体で練習する。
20151122-075343.jpg

T-7(36-5905)
航空自衛隊。第12飛行教育団(防府北基地)の初等練習機。
パイロットが最初に訓練を受けるための機体。
20151122-075454.jpg


U-4(75-3251)
小型軽量貨物などの空輸、訓練支援などをこなす多用途支援機。
離島の急患を搬送したりもする航空機なのだ。
20151122-080111.jpg

C-130H(95-1083)
航空自衛隊。第1輸送航空隊(小牧基地)の戦術輸送機。
愛称はハーキュリーズ。なんでもこなすベストセラーな航空機。
機内公開していて早速行列だった。
20151122-080139.jpg


8:24 オープニングフライト
U-125A(82-3008)を先頭にT-4が両端の隊形でフライパス。T-4はレッドドルフィン(26-5809)とグレードルフィン(86-5767)のスペシャル塗装機の豪華な僚機!
航過後にU-125Aがスーっと上昇していくのが美しかったぞ。
20151122-082446.jpg

【動画】 U-125Aとスペマ機のオープニングフライト




編隊飛行に向けてT-4がテイクオフ。
さすが教官パイロット。離陸もバッチリ決まってる。
20151122-085043.jpg
20151122-085241.jpg

ブルーインパルスのパイロットサイン会が開催中。
並んでると展示飛行がよく見れないんだけどサイン本(ツアーパンフ)を完成させるチャンスは今日で最後。他の基地に比べると列が短いからなんとかなりそう?
日高(ASH)隊長からようやくサインをもらえた。

今年はT-4ブルーインパルスの20周年記念で特別なパッチをつけてる。
20151122-090434.jpg

元ブルーインパルスのパイロット、友田(TOMMY)3佐と乃万(JEAN)3佐がサイン会を覗き込んでる。早速気が付いたファンに手を振るブルーの時を変わらないファン・サービス。
20151122-085946.jpg


サイン会場のそばでは航空学生たちも記念撮影のモデルに。
20151122-085405.jpg


レッドドルフィンの訓練飛行展示
まずは傘型隊形で会場をフライパス。
20151122-085942.jpg


そのあと会場正面から大編隊がギヤダウンして進入。イーチニーイーチニー!
着陸灯をチカチカさせる芦屋基地オリジナル課目「アシアン・イルミネーション」
教官パイロットの息のあった展示課目はこれからも続けて欲しい


エレメントでも見事な飛びっぷり。
20151122-090832.jpg


レッドドルフィン教官パイロット第二部。
またまた傘型隊形から左右の2機がギュィィィーンと上昇していく。
これだから芦屋の編隊飛行は最後まで見逃せない。


【動画】 芦屋基地航空祭2015 さすが教官!レッドドルフィンの熟練の技



展示飛行を終えたレッドドルフィン。
かぶりつきのギャラリーに手を振ってパイロットが応える。
20151122-100741.jpg


渋い展示飛行のベテラン教官パイロットたち。
友田(TOMMY)3佐と乃万(JEAN)3佐もブルーインパルスのパイロットに後は教官になって若いパイロットをみっちり指導している。



地上展示でT-4が並ぶのも芦屋基地ならでは。
20151122-122543.jpg

レッドドルフィンとグレードルフィンのスペマ(特別塗装)機。教育隊らしい渋いマーキングだ。


芦屋救難隊の救難展示
3名のメディックがパラシュート・ジャンプ!
U-125A
20151122-103044.jpg

【動画】 掴んだその手を離さない!芦屋救難隊の救難展示



T-7航過飛行
華麗なる2パス。



F-2B(73-8132)機動飛行
築城基地からのリモート。どん曇りで写真はイマイチだけどゴゥゴゥ楽しませてくれた。
ちょっと高かったかな。



午前のフライトは以上。午後からはF-15Jとブルーインパルスだ。
芦屋基地航空祭2015 午後編に続く





Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

ちょっと高級だけど飛行機撮りにバッチリなレンズ。
Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera

Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用 252772

俺たちの撮影フィールドは過酷だ。
大切なレンズには安心のレンズ保護フィルターを装着しておこうぜ。
以前、レンズを派手にぶつけたときに守ってくれたKenkoが絶大な安心感。


Kenko レンズフィルター PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用

  • 出版社/メーカー: ケンコー
  • メディア: エレクトロニクス




スポンサードリンク


タグ:芦屋基地