So-net無料ブログ作成
検索選択

アントノフとドリームリフターをまとめて見れるセントレア! 

岐阜基地ランウェイウォークで歩きまわったあとは中部国際空港へ移動。
今日はドリームリフターが飛んできてるみたいだ。

セントレアの展望デッキに到着。
エプロンで探すまでもなくデカイのが駐機中。しかも2機
ボーイング社のドリームリフター(N747BC)とアントーノウ航空の124-100(UR-82029)が並んでる他所では見れない贅沢な絵。
20160423-145737.jpg


ドリームリフターとは愛称でホントはボーイング747LCFという機体。
LCFとは、Large Cargo Freighter(ラージ・カーゴ・フレイター)でデカイ荷物の輸送機。B747-400を改修して作った世界で4機しかいないスペシャル輸送機なのだ。
で、なにを輸送するかというとB787ドリームライナーの部品。部品と言っても主翼や胴体、エンジンなどの大型部品を分解しないでそのままの空輸できるすごいヒコーキなのだ。

前を通ったA320がそのまま入りそうなほどデカイ。



アントノフ124 ルスラーン(An-124-100)
量産タイプでは世界最大の超大型輸送機だ。ウクライナのアントーノウ航空が運用。
初めて見た機体カラー、尾翼にはデカデカとANTONOV



デカイ飛行機だけじゃなくて小さい飛行機もよく飛んでくる。

深圳航空(しんせんこうくう)
20160423-155432.jpg

香港エクスプレス
20160423-163219.jpg


ドリームライナーがタキシング開始。デカイ図体がずりずり動いていく。
20160423-182408.jpg

アントノフとすれ違い。
すごい光景だと思うんだけどセントレアの人たちは結構スルー。珍しくないのか、、。
20160423-182646.jpg

小雨の中、離陸滑走を開始しました!
20160423-183150.jpg


ドリームリフター飛んだ!
飛んでる姿は豪快そのもの。飛ぶまで待っててよかった。
20160423-183203.jpg


開港11周年を迎えた中部国際空港セントレア。
気がついたときに購入している記念メダル達。
centair5.pngcentair9.pngcentair11.png






ルーク・オザワの ヒコーキ写真の撮り方: 光、空、風景で魅せる!

どアップ写真だけがヒコーキ写真じゃない。
撮影テクニックの他にも意外と知らないカメラ設定や持っていきたい装備など知りたかったプロの情報が満載。オススメの1冊。
ルーク・オザワの ヒコーキ写真の撮り方: 光、空、風景で魅せる!

  • 作者: ルーク オザワ
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2014/08/11
  • メディア: 単行本


今日もヒコーキに会いに行く

ヒコーキマニアの生態をフルカラーで解説した楽しいコミック本。ヒコーキマニアはもちろん、ニワカなマニアでも楽しめるオススメの1冊。
とあるページで写真を一枚提供しています。
今日もヒコーキに会いに行く

  • 作者: 蘭木 流子
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2016/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

ヒコーキ撮りの標準レンズ。
圧倒的なAFと驚異的なISで抜群の描写力。
誰でもカッコイイ写真が撮れちゃう!
ちょっと高級だけど奮発して購入する価値あるレンズだ。
出版社/メーカー: キヤノン

  • メディア: 付属品






  • スポンサードリンク


    岐阜基地ランウェイウォーク。日本最古の滑走路を歩いてきたぞ。 

    航空自衛隊岐阜基地初のイベント「ランウェイウォーク」
    全国レクリエーション大会in岐阜と飛行場開設100周年1年前イベントとして日本最古の滑走路を歩くイベントが開催された。

    岐阜基地の滑走路は陸軍各務原飛行場として1917(大正6)年に開設された。未だかつて民間人が滑走路を歩いたことはないそうだ。そんな99年の歴史のある滑走路を抽選で選ばれた500人がウォーキング。2057名の応募があって約4倍の倍率だった。


    9:30に受付をすませてシャトルバスで基地内に移動。何もないところでひとまず待機。
    ウロウロしながら待ってるけど展示物などがないから時間を持て余しているひとが多数。
    全国レクリエーション大会のPRパネルなどだしとけばいいのに。
    20160423-100252.jpg

    航空祭でも入ることのできないタキシーウェイ。気持ちいいほどまーっすぐに延びてる。滑走路のあちことにXC-2やF-2、F-15Jが置きっ放し。ウォーキングのときに近くで見れそうだ。
    20160423-100026.jpg

    サプライズゲストの県岐商の吹奏楽部のみなさんがスタンバイ
    20160423-103015.jpg

    ファンファーレをしてくれる陸上自衛隊守山駐屯地 第10音楽隊の皆さんも到着。
    20160423-103654.jpg


    ウォーキング前から暑さにバテそうになってきた10:45。開会式がはじまる。

    第2補給処兼ねて岐阜基地司令の平元空将補のあいさつ
    20160423-105111.jpg

    各務原市の浅野市長の挨拶。
    自衛隊の大切さと今日を楽しみましょう!をコンパクトにまとめた話。若くてエネルギッシュな市長だと感じるいい挨拶だった。いいね!
    20160423-105433.jpg


    ランウェイウォークの前の準備体操。
    「はばたけ、未来へ」にのせて清流の国ぎふのマスコットキャラクター「ミナモ」ちゃんが壇上でお手本。初見だったので真似して体操してみたけど、どうしてもワンテンポ遅れちゃう、、。
    隣で体操している県岐商の吹奏楽部のみなさんを横目でチラリと見ると実にスムーズ。さらに前にいた浅野市長を見ると、、完璧に踊ってるぜ!岐阜県民にはスタンダードなのか!?



    浅野市長の合図のあと県岐商の吹奏楽部が先頭でウォーキングスタート。
    20160423-111145.jpg

    カラーガードもばっちり決まってる。
    フラッグをくるんくるんと自在に操ってぜんぜん簡単そうに見えない高等技術だ。


    さらにウォーキングしながらフラッグをグルングルンと回してる。すげーうまい。
    それもそのはず県岐商の吹奏楽部は、カルフォルニアで開催されるローズボウルの前のパレード、ローズパレードの日本代表として参加する本格派でもっと凄い演技をしてるようだ。
    20160423-111223.jpg


    ウォーキングをはじめて最初の撮影ポイント。
    川崎重工エリアで調整中のC-2(68-1203)。FlyTeamにも写真がないので新しい機体なのかも。量産初号機でまだ飛行していない機体のようだ。
    20160423-111648.jpg

    機体には、防衛装備庁でも技術研究本部でもなく小さく航空自衛隊のレター。
    20160423-111906.jpg

    尾翼は機体番号(68-1203)だけ。
    あとで知ったんだけどこの機体は量産初号機でまだ空を飛んでないみたい。休日返上で調整してたんだな。
    20160423-112133.jpg

    岐阜基地では次期輸送機XC-2の飛行試験を急ピッチで進めてる。
    早朝とか土曜日に飛ぶときがあるけどご理解の程を。
    20160423-112358.jpg


    格納庫の中にC-130Hハーキュリーズが見える。
    ノーズが白くて機体番号は084。以前はイラクの空色していた機体だったのが塗り直しされているようだ。
    20160423-112530.jpg

    滑走路の直前にF-2(13-8514)。
    このF-2は昨日、先進技術実証機 X-2のチェイサーをした機体だ。 X-2の展示も期待していたんだけど姿は見れず、、。



    ランウェイ28。
    28の数字がいびつに見えるけど航空機のパイロットからはよく認識できるフォントになっているのだ。
    20160423-114109.jpg

    99年の歴史のある日本最古の滑走路を初めて歩いた民間人が県岐商吹奏楽部のみんな。
    初めてのランウェイウォークにふさわしい音楽隊パレードだ。
    20160423-103159.jpg


    ランウェイの向こうに見えるF-15JとXC-2を目指して歩いていくぞ。
    20160423-122129.jpg

    滑走路上にはタイヤの跡がたくさん。
    戦闘機、輸送機、練習機などすべての航空機を扱っている岐阜基地。
    岐阜基地には、航空機の装備品を試験する飛行開発実験団があって航空機そのものや搭載する装備が問題なく取り付けられるかなどを試験している。航空自衛隊が安全に航空機を運用していくために試験をしてる基地なのだ。防衛装備庁の試験場も兼ねている。
    20160423-121852.jpg

    滑走路を歩いて進むと今度は、F-15J戦闘機。
    ほどんど最後尾でウォーキングしているので空いてる。こんなにゆったりと見れる機会はなかなかないぜ。



    試作1号機のC-1FTB(Flying Test Bed)
    銀色で角が生えてるC-1。エンジンや機器を飛行中に試験する役割の機体。航空自衛隊で唯一の銀色カラーをまとっている。
    20160423-120106.jpg


    おどろきの県岐商の吹奏楽部!
    ランウェイまるまる1周をマーチングしながらウォーキング!しかもまったくブレてない驚きのクオリティ。アジア代表は伊達じゃない。来年のローズパレードでもすばらしい演技をみせてくれることだろう。航空祭のときも呼んでほしいぞ。
    20160423-122413.jpg

    次期輸送機XC-2(08-1201)
    飛行試験機の1号機。遠くからでも紅白のテストカラーと桁違いのデカさで目立ってる。
    20160423-123032.jpg

    #201は、機体にデカデカと防衛装備庁マーク。
    丸は各自衛隊を思わせる陸海空の色で国際平和に貢献していく意味も含まて地球っぽく。 ぐるっとした線は陸自、海自、空自の装備品である車両、護衛艦、航空機を表しているそうだ。
    20160423-123451.jpg


    結構、機体に近寄れる大サービスの地上展示。主翼の下にも入れちゃう。
    デカイフラップに手が届きそう。離陸滑走距離が500mという短距離なもの頷ける。
    20160423-123744.jpg


    巨大な機体の割にはちいさなタイヤ。そしてめっちゃ車高短!(車じゃないけど)



    ちょっと離れないと全体が収まらないビックボディ。
    C-1より輸送力がかなり向上していていると思われる。



    R/W28の反対はR/W10。
    岐阜基地はほとんどR/W28の運用なのでR/W10は路面がキレイだ。
    20160423-124640.jpg


    ランウェイウォークの最後はおばちゃん達!?が作ってくれた岐阜基地特製カレー。
    大盛りいただいてあっという間に完食。ごちそうさまでした。
    いっぱいあったカレーも残りわずか。県岐阜商の吹奏楽部のみんなやスタッフも食べれたかな。


    岐阜基地ランウェイウォークのメモ
    ・9時30分に集合してから開会式の10時45分まで時間を持て余す。
    ・スタート地点に売店、自販機等がなかったので飲み物が買えない。
     売店ないから熱中症対策で飲み物を持参してね。と案内に書いといて、、。
    ・サプライズゲストの県岐商吹奏楽部のパフォーマンスはスバラシかった!もっとよく見たかった。
    ・ウォーキングのルートに航空機を展示してくれたのがいいね!
    ・滑走路上の設備などをパネル等で説明しているといいかも。 
    ・市長も一緒に歩こうぜ!
    ・ゴール地点での催し物はいい感じ。カレーうまかった。
    ・ヒコーキマニアは少なめ。




    関連サイト
    航空自衛隊岐阜基地
    各務原市公式ウェブサイト
    第70回全国レクリエーション大会2016岐阜
    県岐商吹奏楽部WEB岐商吹奏楽部 YouTube



    自衛隊おでかけぴあ2016-2017 (ぴあMOOK)

    自衛隊おでかけぴあ2016-2017 (ぴあMOOK)

    • 作者:
    • 出版社/メーカー: ぴあ
    • 発売日: 2016/03/04
    • メディア: ムック





    スポンサードリンク


    タグ:岐阜基地