So-net無料ブログ作成
検索選択

参議院70周年記念特別参観。10年に1度の参観デーは大サービス! 




参議院は開設70周年を記念して、参議院70周年記念事業が実施。

国会議事堂の中央玄関、本院議場及び議長応接室等が公開される特別参観が開催。
5月初めに見てきた衆議院と見比べてきたぞ。
ブログ記事:10年に1度の衆議院特別参観デー。国会議事堂を撮りまくってきた。

参議院は、平日なら誰でも予約なしで見学できる。議場などの館内を一通り見学できるけど写真撮影はほとんどできない。
今日は、いつもの撮影禁止はなんなんだってくらいどこで写真撮ってよし!何時間でも居てよし!の特別参観デーだ。


集合場所には、国会議事堂の正面から入るサービス!?
中にはリアル国会議事堂に負けない荘厳なレゴが飾れられていて絶好のフォトスポット。
みんな国会議事堂とコラボるように写真を撮ってた。
20170521-124730.jpg


中央玄関
衆議院の参観では近づくことすらできなかった中央玄関。ジャイアントオーダーの存在感!なんとここから入るみたい。マジか!
20170521-125911.jpg


ブロンズの大きな扉は天皇陛下をお迎えするときや国賓を招くときしか開かれない。
国会議員も初当院のときしか入れない玄関なのだ。市松模様の大理石の床が立派。
20170521-130021.jpg


みごとな大理石の階段。
国会議事堂は、ほとんどが国産の材料を使って作られている。
20170521-130343.jpg


中央玄関を上がった先は4つの台座のある中央広間。
パンフレットと同じアングルで撮ってみた。見学者はけっこう先に進んでいくのでガラーンとした写真も撮れる。奥に見えるのは今年の参議院事務局パンフにも登場してる事務局の人。
20170521-130702.jpg

先日、見たばかりだけど見事な中央階段。
上った先には天皇陛下の御休所があるのだ。



与野党の政党控室がはじめて公開。
記者会見などが行われる部屋でメディアで目にしたことのある控室に実際に入ることができた。政党ごとに微妙に違う雰囲気を感じることができた。


自由民主党の控室
天井が高くて広い部屋。さすが与党。
20170521-131518.jpg

アナログ感のある出席板は五十音順に並んでいる。
今日、いらっしゃるのは橋本聖子議員だけ。
20170521-131442.jpg

インダビューボードの前にいたー。にっこりとみんなで記念撮影だ。
20170521-131452.jpg


民進党の控室
こちらも作りは同じような感じだけど部屋がちょっと狭い。
なんとなくすぐ出てきちゃってよく見てない。



大臣室
衆議院特別参観でも見た大臣室。
20170521-132011.jpg


中央広間
なんど見ても荘厳な佇まいの中央広間。
20170521-132659.jpg


ステンドグラスも綺麗だ。



どこを見ても重厚感のある作りで日本の政治の中枢にふさわしい存在感。
参観した時間がたまたま空いていたのか写真に人が写りこまなくいい感じに撮れた。写ってるのは事務局のひと。色々なことを気さくに教えてくれてお固いイメージが一新。
20170521-135517.jpg

たくさん質問してみた。

Q:衆議院と参議院の議員は国会議事堂の自分の方しか行っちゃダメなの?
A:いいえ、衆参どちらへも行けます。
  私たち事務局も身分証があるので行き来しています。

Q:身分証があれば議場もいけるの?
A:自由にはいけません。今日は見学できますよ!

Q:似たような景色だけど迷ったりしないの?
A:だいじょぶです。
  入ったばかりで議員さんでキョロキョロしてるひとはいますけど(笑

Q:議員食堂は議員だけの特別な食堂なの?
A:いいえ。私たちも利用します。議員専用の議員席というのがあります。

Q:議員は、1品多いとか?
A:いいえ。私たちとかわりませんよ。

Q:事務局というのは、いつもどんな仕事をしているの?
A:調査室ですと議員から依頼された調べごとを行ったりしています。


Q:元貴族院の参議院はルールが厳しいの?
A:いいえ。参はアットホームでいい雰囲気です。
  私は始めから参議院を志望しました。(笑

Q:衆議院の雰囲気が悪いということなの?
A:そうではなく衆は勢いがあるというか…。緊張感があるというか…

お察しました。色々と教えてくれてどうもありがとう!
参議院のイメージがよくなったぞ。


日本の四季を描いた版画が石作りの固い印象を和らげてくれている。



衆議院の特別参観の時はひたすら待った中央広間の大理石も今日は難なく撮れる。
20170521-135543.jpg


第1委員会室
答弁で「いなだぼーえーだいじーーん」ってとこ。
参議院の第1委員室は、閣僚席が衆議院と反対になってる。



日本維新の会の控え室。ポットや冷蔵庫もあって普通の会社と変わらない。
今日は、見学者の休憩所として開放。
20170521-141215.jpg


参議院議場
なんとー!? 議場の中にはいってるじゃん!
「今日は見学できますよっ」ってこんなスペシャルなことだったのかー!。
20170521-142943.jpg

この前は、遠目だった大臣席が目の前。
20170521-141629.jpg


演壇も丸見え。隠し階段!?があるぞ。



奥に見える菊の紋章の席は天皇陛下の御傍聴席。
参議院は元は貴族院だったために陛下の席も同じ高さにある。
20170521-142028.jpg

気品のある席も見えちゃった。


議場を取り囲む装飾は士農工商を表しているそうだ。士は楯、農は稲、工は機械、商は商業のシンボル「マーキュリー」が象られている。
参議院の特別参観ではまじまじと近くで見れた貴重な体験。


東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当国務大臣の丸川珠代議員の氏名標。
20170521-153826.jpg


議長応接室
壁には歴代の開会式の絵画が飾れれている。衆の肖像画よりセンスがいいね。


器知報災火
火災報知器にも歴史を感じる。もちろん現役で使えている。
20170521-151251.jpg

登院札も五十音順。参議院で一番先の議員は…。
イニ・二・サン・アントニオ猪木議員ダーー!
20170521-143900.jpg
議員玄関は3つの扉があって議員は真ん中を通って登院、事務局は脇の扉から入るのが決まってはいないけど慣習みたい。


以上で参議院の特別参観の調査報告を終了する。
10年に一度の写真取り放題のレアな参観ができて大満足だった。
衆議院と見学箇所が違っていてどちらも参加してよかったぞ。
建築好きならもちろん、機会があったら是非とも見に行って欲しい。
20170521-144018.jpg



国会議事堂

国会議事堂

  • 作者: 田原 桂一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました