So-net無料ブログ作成
検索選択

10年に1度の衆議院特別参観デー。国会議事堂を撮りまくってきた。 




今年は、10年ぶりの衆議院特別参観。
日本国憲法施行70周年を記念して衆議院が特別参観できる。

なにが特別って普段の参観では公開してない第一委員室、議長応接室を参観できる!
のもそうなんだけど、いつもならありえないどこでも撮影可能!なのだ。

今日は、外から中までじっくりと国会議事堂の調査報告をお届けする。
カメラのバッテリーが残量ゼロになるまで写真を撮りまくってきたぞ。
20170503-081330.jpg


受付開始は8:00amから。
ちょっと早めに集合場所に到着するとすでに50mくらいの行列。
並んでるとまもなくして列が動きだす。するすると進んで受付を通過。特別参観パンフレットと入場整理券をもらう。

敷地内には整列ポールが立ちまくってた。すごい人が並んでも準備万端、大丈夫!
その他にもこの記念行事のために救護施設、手荷物預かり所、手話通訳などが設置してあってイベントに慣れた感。
20170503-075657.jpg


めっちゃ開放的でずらーっと並んでた人がまばらに見えるほど広い敷地。
テレビでよく見る国会議事堂を気兼ねなく撮影出来るボーナスチャンスが今日だ。
20170503-081833.jpg

重厚感のある扉も見逃せない。
20170503-080450.jpg

いつも国会議事堂の警備、監視をしている衛視さん。
ユニフォームがカッコイイ!帽子の旭日章は警察と同じ5角形。
センターの女性は衛視班長さん。
20170503-080928.jpg


予定よりもはやく8:30amに国会議事堂の特別参観スタート。中に入ってみるぞ。

衆議院玄関
衆議院議員が登院する玄関。ルーキー議員もベテラン議員もここから出入り。
20170503-083635.jpg

玄関を入ると登院表示板。
名前が表示されていて登院すると下のボタンをポチッと。
20170503-083751.jpg

ホール正面には、衆議院に50年以上在職して名誉議員の称号を贈られた尾崎行雄と三木武夫の胸像。憲政の立役者のようだ。
20170503-083913.jpg

議員専用エレベータ
議員専用のレトロ感が溢れるエレベータ。
外見はレトロだけど内部は新しくなってるそうだ。階数フォントもいいね。


赤絨毯が敷き詰められた階段。バリアフリーで手すりも付いてる。
天井にはステンドグラスがあって採光も抜群。



衆議院本会議議場
国会中でみるそのままの絵。
柱や壁は欅でできていて細やかな装飾が美しい。壁には絹布が一面に張られている。議場の柱や壁に凹凸をつけることで音の反響を抑えている。天上には、明かり取りの大きなステンドグラス。



議長応接室
特別公開してくれた部屋のひとつで海外から賓客をもてなすところ。
大理石のマントルピースの重厚感。



腰壁は高くて吸音効果もよさそう。歴代議長の肖像画が飾られている。
20170503-085606.jpg


議員食堂の入口
扉の向こうは、どんなになってるのか興味津々。
20170503-085803.jpg


便郵口入差
現役の郵便シューター。
国会議事堂は、建材をすべて純国産にするよ予定だったがこの郵便ポストとドアノブ、ステンドグラスは外国産。
20170503-085847.jpg


総理大臣室
内閣総理大臣の部屋はエレベータが横付けの特別感。
扉の向こうは、どんなになってるのか興味津々。



大臣室
閣議が開かれるとき大臣がみんなで総理大臣を待ってる部屋。
扉がオープンして中が丸見え。
20170503-110113.jpg

あー!なんか見たことある。閣僚が集まってニュースでてるとこじゃん。
20170503-110033.jpg


国会議事堂の中は、なれないと道の迷っちゃいそうまほど同じ風景。
この先は、参議院になるのかな。
20170503-090915.jpg


中央大広間
一番人気のあった撮影ポイントがココ。
入った瞬間、圧倒的なスケールにただただスゲー!
20170503-092912.jpg

ここは議事堂で一番高い中央塔の真下で6階までの吹き抜けになっている。
真上を見上げるともうアメージング!
20170503-091651.jpg

ズームアップしてみると煌びやかなステンドグラス。
20170503-092034.jpg

足元をみると様々な種類の国産大理石を組み合わせて作ったモザイル模様があちこちにあって日本産の大理石博物館。
天上のゴージャスさに目を奪われがちだけど下を見てもすごいんです。
現在ではもう集めることはできない貴重な大理石。




大広間の四隅には、板垣退助、大隈重信、 伊藤博文の銅像があってひとつだけ空いているのがコレ。ここは松の盆栽置き場
ここは国会の開会式に盆栽を置く場所になってるらしい。まじかよ!
(ここに偉大な政治家が立つのを待つ=松という意味合い)
20170503-091613.jpg


中央玄関。
一枚目の写真の扉の向こう側がココになる。後ろを振り返ってみると…。
20170503-091535.jpg


広間の向こうに階段があって気軽に上がれないような品格オーラを感じる。
20170503-091411.jpg

白い大理石の階段が奥に続いている。
この階段は皇族が使う階段で上った先に階段の先には、天皇陛下の御休室と皇族の皇族室がある。
20170503-092158.jpg


開会式の当日、御休室で衆参両議院の議長が天皇陛下と拝謁するのだ。
20170503-094115.jpg


三階に上がると大広間の装飾がまるみえ。
奥行きのある重厚な装飾に言葉が出ない。ステンドグラスも素晴らしい。


装飾のゴージャス感に目を奪われがちだけど東西南北の絵画にも注目だ。
日本の四季を表現していて春(吉野山の満開の桜)、夏(十和田湖と奥入瀬)、秋(日光と中禅寺湖)、冬(日本アルプスの冬山)をイメージした絵になっている。なるほどね!
20170503-111151.png


20170503-093606.jpgいたるところにあった照明。
細かいゴテゴテしてるけど嫌味な感じがなく気品を感じるデザイン。存在感があってイイ感じ。




第一委員室
通常は見学できない第一委員室。
なんとなく見たことあると思ったら答弁で「あべないかくそーりだいじーーん」ってとこだ。メディア見るよりずっとこじんまりしてた。
20170503-094712.jpg

こんな近いとこでお互い答弁していたのか。発言者と答弁者がめっちゃ接近戦。
20170503-094555.jpg

麻生太郎大臣が答弁と聞いて笑っていた爆笑チェアーも見逃せない。
20170503-094625.jpg

メディア席も立派。あそこから撮ると広く見えるんだな。
20170503-094541.jpg


衆議院本会議議場
3階からの衆議院議場。広々と見下ろすとまた違った趣き。
20170503-095304.jpg


中央の高い椅子があるのが衆議院議長席。その脇が事務総長席。
後ろの木製の装飾が気になる。
20170503-095514.jpg

その上には、天皇陛下の御座所。
議員といっても一般人なので衆議院の御座所は高い位置に作られている。
この御座所は現在は使われていない。
20170503-095525.jpg


両脇には貴賓席が設けられていて海外の公賓が国会を傍聴するときに使われるようだ。
20170503-095532.jpg

総理大臣と大臣席は、普通の議席より一段高いところにずらりと並んでる。
テレビで見るときはガヤガヤと騒がしい衆議院議場もこうして建築を主眼として見ると荘厳さ、厳格さ、歴史の重みを感じることができた。
20170503-095632.jpg



20170503-112823.jpgこれで国会議事堂の中の参観は終了。
階段の親柱まで隙のない意匠。風合いがイイ味出してる。


中庭には水場があってライオンから水がジャージャー出ていた。
日本銀行にもあったけど馬をつなぐとこの名残かな?
20170503-100111.jpg


早々、入る機会のない国会議事堂だけど衆議院特別参観という自由に見学できたいい機会だった。
好きなだけ国会議事堂を見て回れたし、なにより写真好きとしてどこでも撮り放題だったのがいいね!
黄色いジャンパーを着たスタッフの応対もよかったね。
20170503-100353.jpg

雷が落ちて欠けちゃったところは完璧に修繕されているようだ。
20170503-101547.jpg


国会であーでもこーでもヤジ混じりの内容を信じられない速さで書き留めている速記者が「お名前速記」サービスコーナーもいいアイディア。
速記者のあまりに速い仕事に並ばずに書いて貰えた。
後で気がついたけど、ちょっとだけでも話した内容を速記してもらえばと良かったな。


国会議事堂。建築好きには大満足だったぜ!





国会議事堂

国会議事堂の写真集。
国会議事堂

  • 作者: 田原 桂一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


近代建築散歩 東京・横浜編

地図が見やすくまとまっている。余計な解説が少なく写真が多いのがいい。
散歩ルートを考えやすくて買って良かった1冊。
近代建築散歩 東京・横浜編

  • 作者: アトリエM5
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本




スポンサードリンク



タグ:国会議事堂
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

mitsu

ニュースで見て、行かれてるのかなーって思ってました
やっぱりw
GW中は迎賓館も開放してますよね~
でも都内には足が向かない^^;
50mとか、厚木に並ぶ人間としては並んだうちに
入らないのでは^^
by mitsu (2017-05-06 05:36) 

wpo

10年待ってましたから!今年は岩国パスです。

50mなど余裕です!
ヒコーキ撮りになるとズーム広角、動静モデル、早起き、行列、妥協wなどいろいろなスキルが高まりますからね(笑
by wpo (2017-05-06 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました