So-net無料ブログ作成
検索選択

この風、この肌触りこそ習志野よ!陸自 第1空挺団 降下訓練始め 2017 




年明け恒例の行事「第1空挺団 降下訓練始め 」に行ってきたぞ。

7:30am 北習志野駅に到着。
車庫行きの始発(7:20am)は出発済みで、待っている人はいない。
そこそこ人が並び始めて次発のバスに乗って習志野演習場を目指す。

8:00am 習志野演習場の裏門着。街ち列は、200mくらい。

8:30am 開門。持ち物検査して入場。
正門からの入場組もすでに歩いていたのでどっちからでも同じくらいのなのかも。
場所を選ばなければ最前列も空いてる。寒いせいか人は少なめで最前列は無理だけど10時くらいにきても前の方に座れた感じ。


防寒対策をバッチリのつもりでもめっちゃ寒い。開始前になるとやはり満員だ。
開始までの待ち時間が長く感じる…。が!はじまっちゃうとあっという間!例年とは違った趣向の降下訓練始めを楽しんできたぜ。


●降下前訓練展示 10:15
30か所以上の落下装着点検、落下傘の操縦訓練、降着したときの5点接地転回法などの訓練を展示。遠くてよく見えなかったけどゴロンと5点着地してるのはわかった。
5点着地とは衝撃をするときに転がって衝撃を和らげる技術だ。
20170108-102526.jpg


●試験降下員降下 10:30
ダミーハンター3進入!
降下訓練の前に演習場の風の影響を確認するために試験降下員が降下。空挺傘696MI(12傘)を操作しないお任せジャンプで降りてくる。風まかせでジャンプした結果で降下誘導小隊が航空機の誘導要領を決定するのだ。
20170108-103122.jpg


●降下誘導小隊説明 10:33
気象測定のためバルーンを上げて風速、風向をチェックし、目視で視程を確認する。
対空布板を展張してコースと降下ポイントを航空機に知らせる。さらに発煙筒、ミラー、周辺の警戒、降下誘導コールなど任務が多い。例の「コースよし、コースよし、ヨーイ、ヨーイ、ヨーイ、降下!降下!降下!」をしてるのが日本で唯一の降下誘導小隊。失敗すると部隊を全滅しかねない最重要な任務なのだ。



●指揮官降下 10:53
指揮官キャリアーが進入!
第1空挺団長の兒玉陸将補が高度4000ft(約1200m)から自由降下。続いて指揮官がバンバン降下する。
藍より蒼き大空に大空に、BGMはもちろん「空の神兵」だ。
着地もお見事!ボス自ら手本を示すことで精鋭無比の第1空挺団の団結が高まるのだ。


最先任上級曹長も同じポイントに降着。技量半端ない。
20170108-105731.jpg

さらに指揮官キャリアー進入!
教育隊長、最年少隊員、最年長隊員が降下していく。
20170108-111836.jpg

通科大隊隊長、後方支援隊長、通信中隊長、落下傘整備中隊長などボスたちが勢ぞろいで降下。空挺隊員はボスからルーキーまでみんな飛べる。空挺の名は伊達じゃない。
20170108-105957.jpg

上空から視察している防衛副大臣の乗ったCH-47には桜星4つのマークが。
20170108-105956.jpg


●防衛副大臣到着 11:11
フランスに出張中の稲田朋美防衛大臣に代わって若宮健嗣防衛副大臣が視察。
防衛大臣だと桜星が5つになる。
20170108-111143.jpg


●各種航空機からの降下 11:16
第1空挺団は、あらゆる航空機から降下できる。精鋭たちは道具を選ばないのだ。

コスモ1番機、現在コースよしそのまま進入。
航空自衛隊入間基地第2輸送航空隊のC-1輸送機から二十歳の隊員が空挺降下。祝成人!
20170108-111836.jpg

航空自衛隊小牧基地第1輸送航空隊のC-130H。
キャメル4番機、降下!降下!降下!
ルーキーはたった5週間で空挺降下のイロハを叩き込まれ空の神兵へとクラスチェンジするのだ。
20170108-112611.jpg

ヒトニーサン(12傘)でボンボン降下してくる。
12傘は、フランスのエアルーズ社の空挺傘696MIを藤倉航装がライセンス生産。操縦性がいいけど空中接触すると萎みやすいため間隔をあけて降下する必要がある。
20170108-112755.jpg

藤倉航装の開発した最新型空挺傘ヒトサンサン(13傘)
13傘は落下傘同士がぶつかっても潰れにくいため両扉連続降下が可能になった。倍の勢いで降下して空がパラシュートだらけ。
ちなみに藤倉航装は、小惑星探査機「はやぶさ」のパラシュートを作った会社。その他にもF-2やF-4が着陸するときドラッグシュートなど自衛隊にはかかせない装備品を製造しているぞ。
20170108-113000.jpg

55kgの重装備を抱えたパワー系の降下。
衝撃を和らげるため着地前に装備を吊り下げる。
20170108-113152.jpg

島嶼への降下のときは水上着地に備えて救命胴衣を作動!オレンジ色のが救命胴衣だ。
20170108-113252.jpg


白色胴衣。積雪時に降下するための服装。雪一面でも目立たないようになっている。
第1空挺団は機動性を活かして北海道から九州まで日本のどこへでも赴くのだ。
20170108-113348.jpg

上空にはCH-47。風に乗って切ないバラードが聞こえてくる。
ready ready ready execute! execute! execute!
コンバット・コントローラーがCH-47を誘導して米陸軍の特殊部隊がエアボーン!短い間隔で9名の隊員がジャンプする。
20170108-114104.jpg

降下しているのは降下訓練始めに初参加の第1特殊部隊群 第1大隊「グリーンベレー」。落下傘は丸型のMC-6を使用している。
第一空挺団は日米共同訓練に参加して連携強化を図っている。
20170108-114129.jpg


陸自の「空の神兵」的なBGMは、グリーンベレーのバラード




●ヘリ戦技及びバトラー戦 11:43
空挺部隊同士が戦装置II型(バトラー)を使って陣地をめぐって競い合う。
青組は攻撃ヘリコプターAH-1Sコブラ、紅組はAH-64Dアパッチが火力支援。シン・ゴジラには共に戦ったヘリも今日は敵同士だ!
20170108-114612.jpg

UH-1から先遣隊。


情報小隊を乗せたUH-1登場!しかしヘリコプターが降着できないぜ…。(っという体)
大丈夫だ、問題ない。降着できなくてもホバリング中にロープを使用してらくらく降下。これがリペリングだ!
20170108-114705.jpg


お待たせ!CH-47によるスリング輸送。
特科部隊の主要装備、120mm迫撃砲(120モーター)持ってきたよー。
20170108-114927.jpg

着陸することなく迅速に地上へ卸下できる。なにコレすごいィィィ!
20170108-115007.jpg


普通科、特科部隊の隊員がファストロープで降下。
エクストラクションロープでするするするする降りてくる。
20170108-115104.jpg

120モーターの実力を発揮するために速やかにスタンバイ
20170108-115139.jpg

ヘリボン部隊も降着!主力の戦力が投入された。
30名の隊員がCH-47から飛び出ていく。
20170108-115306.jpg

120モーター炸裂!敵陣に向けて迫撃。砲撃する隊員、警戒する隊員、弾道計算する隊員、空挺隊員のチーム力が発揮される。
20170108-115535.jpg


赤組、青組の壮絶な近接戦闘。
20170108-115522.jpg


UH-1からスナイパー投入!安定しないヘリの上から的確に狙撃する凄腕だ。
20170108-115722.jpg


第1空挺団が壮絶なバトラー戦を繰り広げている最中、向こうをよーくみると。…。
20170108-115839.jpg

グリーンベレー記念撮影!(笑)
20170108-115839-2.jpg

習武台をめぐるバトラー戦の結果は青組。勝者は第2普通科大隊第6中隊が勝者。
実は、一般観覧席からだと進行がよくわからなかった。

●各種航空機からの自由降下 12:01
救難最後の砦、救難スペシャリスト・メディックの自由降下!
百里救難隊のロクマルから3名
20170108-120229.jpg

救難隊員の落下傘はMC-5。自動で開傘するタイプ。
空挺傘(MC-4)より操縦性に優れピンポイントで目標地点に着陸できる。
20170108-120612.jpg

第1空挺団の隊員4名が1400mの高さから自由降下。ひぇーーーそのまま落下してる。
20170108-120902.jpg


空挺傘は米国パラフライト社製のMC-4。
MC-4は所望の高度で開傘できるパラシュートで空高くから目標地点を一気に潜入する高高度降下低高度開傘(HALO)、遠くから隠密に目標地点へ潜入する高高度降下高高度開傘(HAHO)と任務に応じた運用ができる。
最大滑空距離は25kmで習志野から東京駅までいけちゃう。
20170108-121138.jpg

12傘と違ってフワリと着地。
若宮健嗣防衛副大臣に訓練展示の終了を報告。
20170108-121207.jpg


格闘訓練展示は遠くて見えないー。今年は、装備品の展示がないためこれにて

状況終了!


ヘリコプターや戦車が登場しまくるど派手な降下訓練始めではなかったけど空挺団の練度の高さをまじまじと見せてくれた。米軍のグリーンベレーが初参加、空自レスキュー隊も自由降下と4種類の落下傘を一度に見れて得した気分。

バトラー戦の状況がよくわからなかったのは「スマホで中継を見てね!」に気がつかなかったせい。ネット中継していたのは来れない人見てね!の他に、会場のみんなもねっ!てことだったようだ。

次回も趣向を凝らした降下訓練始めを楽しみにしてるぜ!
以上で降下訓練始めの調査報告を終了する。



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

撮影に抜群に最強のカメラ。
APCで焦点距離が1.6倍もズーム!望遠が必要なヒコーキ撮影に最適。高速な連写性能とフォーカスにきっと大満足だ。
キヤノン EOS 7D Mark II

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: Camera


プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

プロはこう使う。 キヤノン EOS 7D Mark II (インプレスムック)

  • 作者: 高橋 良輔
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: ムック

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

刷新された新世代の望遠レンズ。
安くない価格だけどガンバって手に入れておきたいレンズ。
驚きの写りを見せてくれるハズだ。
キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

Yummy

バトラー戦の最中、向こうにいるグループは何している人達かな~と思ったら、グリーンベレーの記念撮影会だったのですね(笑)


by Yummy (2017-01-10 23:53) 

wpo

潜んでいるチーム?と思ってズームで覗いたら屈強なアーミー達が肩組んでワイワイしていて笑っちゃいました(笑)

by wpo (2017-01-11 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。