So-net無料ブログ作成
検索選択

GPSロガーのトラックログをLR4に取り込む方法。 




キヤノンGPSレシーバー『GP-E2』を Lightroom4で活用する方法だ。

ノーマルな使い方だとGP-E2を5D3にくっつけてLOGモードで撮影すると写真に位置情報が記録される。
その写真をLR4に取り込むとマップモジュールに表示されるだけ。
移動した軌跡(トラックログ)はMapUtilityで見ることになる。

GP-E2のトラックログをLR4になんとか読み込ませて
・マップモジュールにGPS軌跡が表示
・後付けで位置情報を写真に埋め込み

ができないもんか…。

っと調べてみるとあっけなく出来た。
GP-E2のログをLR4のマップモジュールにトラックログで読み込ませる方法を紹介しよう。

必要なソフト
Lightroom4 写真の管理から補正、すべてを極める写真編集ソフト。
・MapUtility GP-E2に付属している。
GPSBabel GPSのログをLR4で読み込めるGPX形式に変換するフリーソフト。
lr.pngmu.pnggps.png


手順だ。

Step.1 GP-E2のログを取り込め。
mu.pngiMacにUSBでGP-E2を接続。
MapUtilityを起動したらGPSログファイルのタブにしてファイルメニューからGPSログファイルを読み込むと保存される。保存場所は指定できない。
maputility.jpg


Step.2 トラックログを変換しろ。
gps.pngGPSBabelを起動だ。
Inputの File Name(s) に取り込んだトラックログを指定する。
GPS Log Filesフォルダに年月日.log(例:20130126.log)で保存されている。
opt04.jpg

LR4で読み込めるGPX形式にするためにGPSBabelで3つの変換設定をする。

① InputのFormatをNMEA 0183 sentences
② OutputのFormatをGPX XML
opt5_1.jpg


③ Input Optionsの Read/Write GPRMC sentences だけチェック。
opt1_2.jpg


3つを設定したらApplyを押すとgpx形式で保存する。


Step.3 トラックログをLR4に読み込め。
lr.pngようやくLightroom4の出番だ。
LR4を起動してマップモジュールに切替える。
005.jpg



画面下のトラックログアイコンをクリック。
002.jpg

トラックログを読み込み.. でStep.2で変換したGPXファイルを読み込む。
003.png


GPXファイルが読み込まれるとトラックログがマップに表示される。
トラックログごとに読み込めてトラックを切替え表示できるのが便利だ。
日付で分割されたGPXログをくっつけてから読み込めば数日まとめて表示もできそうだ。
006.jpg


Step.4 トラックログから写真にジオタグを埋め込む。 
最後の行程だ。トラックログの時刻を元に写真にジオタグを埋め込むぞ。

ライブラリで写真の入ったフォルダを選んだ状態でマップモジュールを表示。
画面下にフォルダの写真が表示されてるから自動タグ付けしたい写真を選択しとく。

画面下のトラックログアイコンをクリック。
選択した ○○ 枚の写真に自動タグ付け を実行だ。
002.jpg
004.png写真の撮影時刻にトラックログの時刻

これでトラックログから写真にジオタグ(位置情報)が埋め込まれる。
写真の撮影時刻にトラックログの時刻を照らし合わせて最も近いジオタグが写真に記録される。当然、トラックログの間隔が短いほど正確な位置情報になる。


10.jpg位置情報が書き込まれるとマップモジュールに吹き出しが表示されてどこで何枚撮ったか判る。それとサムネイルの右下にアイコンが表示される。
11.jpg



トラックログからの自動タグ付けで重要なのが時刻同期
GP-E2などのGPSロガーはだいたいGPS衛星の原子時計に合うから問題ない。問題はデジカメの時計だ。
撮影前に合わせていないときっとズレてる。
そのまま自動タグ付けするとサンプリング周期が短く精度の高いログデータもデジカメのずれまくりの時間になるから意味がねー。

12.jpgそこで時刻修正。メタデータから撮影時刻を修正を選ぶ。
調整のタイプは「指定した日付と時刻に調整」のまま修正日時を合わせる。例えば5秒遅れていたら
15:39:40→15:39:45とする。
ここでポイント。写真を全部選んだ状態で修正すると全部の写真の時刻がそれぞれ+5秒になる

おい、意味判るか?1枚目を15:39:40→15:39:45、2枚目は15:39:47→15:39:52ってチマチマチマチマ直さなくてもまとめてどーんと全部+5秒してくれる。超ありがてー。覚えておけよ。



●関連記事も読んでみてくれ。
 場所は星に聞け。GPSレシーバー『GP-E2』を5D Mark3に装着
 GPSレシーバー『GP-E2』の性能は!? 専用ユニットは伊達じゃない。




Adobe Photoshop Lightroom 4 Windows/Macintosh版 特別提供版
他のデジタル画像編集ソフトをもっている人向けの乗り換えパッケージがお買い得。
対象ソフトはいろいろあるから家のCD-ROMを探してみよう。
インストールに対象ソフトのシリアルとかは不要だ。ホントは申請書を提出なんだけどシリアルが見つからなくて未だに…。だったりする。
つまり、、。判るよな?

Adobe Photoshop Lightroom 4 Windows/Macintosh版 特別提供版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: DVD-ROM

Adobe Photoshop Lightroom 4 アップグレード版 Windows/Macintosh版
LR3からのユーザなオレはこっち。
アップグレード版の方がお買い得なんだけど、アップグレードの人はこっちを買ってね!だったからこっちを購入。
LR3からのアップグレードをオススメするかというと迷わずおすすめ
シャドーとハイライトの補正の簡単っぷりが素晴らしいぜ。

Adobe Photoshop Lightroom 4 アップグレード版 Windows/Macintosh版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: DVD-ROM


Canon GPSレシーバーGP-E2
あちこちで写真を撮る5D3ユーザに超オススメのGPSレシーバー。
写真を撮るのがまたひとつ面白くなる。GPSロガーとしても使える。
つーか、GPS衛星からのデータを使ってるって思うとなんかカッコイイぜ。

Canon GPSレシーバーGP-E2

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました