So-net無料ブログ作成

木更津の空にヘリ大編隊。陸上自衛隊の航空祭はド迫力 




海上自衛隊が観艦式で盛り上がっているが陸上自衛隊も見逃せない。
陸上自衛隊木更津駐屯地で航空祭が開催されたぞ。(教えくれてありがとう。)

輸送ヘリコプター群の大型ヘリCH-47、飛行隊のUH-60JA・OH-6D、特別輸送ヘリコプター隊のEC-225LP、対戦車ヘリコプター隊のAH-64D、AH-1S、OH-1といろんなヘリコプターが空を埋め尽くした航空祭を見学してきた。

20121013-01.jpg
20121013-05.jpg

CH-47『チヌーク』ボーイング・ヘリコプター社
大型輸送ヘリコプターで阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災などの大規模災害で空からの救助支援に活躍した機体。空中機動作戦には抜群の働きをするベストセラーなヘリコプター。
前部ローターは左回りで後部ローターは右回りするおもしろい作り。



陸上自衛隊『AH-64D アパッチ』富士重工
最強の戦闘ヘリコプター。実はアパッチと後で気がついたらサラッと写真を撮っただけ…。もっとよくみとばよかったよ。失敗した…。
20121013-03.jpg


地上展示は陸上自衛隊のヘリコプターだけでなくて、いろんなとこから来ていたぞ。

警視庁『A109E』パワーアグスタ社
イタリア製の双発ヘリコプター。たくさんの県警で運用されてる。
20121013-04.jpg

千葉市消防局航空隊『ドーファン』ユーロコプタ―社
消防は伝統的にフランス製のヘリを導入しているみたい。フランスのヘリはローター(プロペラ)が時計回りに回る。(米国製は半時計回り)
20121013-06.jpg


ヘリだけでなく飛行機も展示。
海上保安庁から「みずなぎ」が飛んできた。羽田航空基地所属のボンバル300型機だ。
自衛官や海保に質問すると「こてーよく」とか「かいてんよく」ってよく言われるんだけど、どうやら空飛ぶ乗り物は、翼の種類でひこーきは「固定翼」、ヘリは「回転翼」と呼ぶようだ。覚えておくぜ。



航空自衛隊からC1と防衛省仕様のYS-11も展示。C1は、朝飛んできてた。
着陸シーンをみんなでバシャバシャ写真撮影。
その他にもいろんな固定翼が展示されていたけど急いでたんでよくみていないのだ。


展示飛行が開始。
ぞくぞくと20数機のヘリコプターが離陸していく。思ったほど騒音もないし風もすごくない。
海上自衛隊のヘリはローターが回転を始めるときに消化器を構えて“もしものとき”に備えるんだけど陸上自衛隊はそのまま回し始めて離陸開始。


固定翼も飛び立つ。連絡輸送機のLR1(三菱重工)とLR2(レイセオン・エアクラフト社)。
LR1は、老朽化によって退役が進んでいてLR2が後継になるそうだ。
新旧の機体が同時にフライバイな姿をみれるのはあとわずか。


これから訓練展示。ヘリコプターがどんな機動を見せてくれるが楽しみだぜ。
さっそくCH-47『チヌーク』の見せ場。巨大バケツを持って水をぶちまける空中消火。


車も余裕で吊り上げる能力。災害派遣時には頼もしい働きを見せてくれそうだ。
20121013-16.jpg

特別輸送ヘリコプターEC-225LP『シュペルピューマ』ユーロコプター社
0H-6D『カイユース』川崎重工業。
シュペルピューマMk II+は、特別な要人の輸送任務向けに保有している機体。



AH-1S『コブラ』ベル・エアクラフト社
正面をむくとなんとスレンダーなボディ。なんとなくランボーを思い出すフォルム。
前座は射手で後席が操縦席という変わった配置。後ろから見えるのかな。



落下傘降下訓練展示。
会社に普通に出勤するかのようにヘリから降下。流れるような動作で違和感を感じない。そしてエレガントに着地。お見事。日頃から厳しい訓練してんだろう。
そういえば陸自のパラシュートは丸形なのか?


地上掃射。
凄い機動でやってきたかと思ったらバババババーッっと地上掃射。びっくりしたぜー。
機銃掃射で降下地点の確保する。つーか、ヘリがあんな機動でしてるのに扉全開で身を乗り出してる隊員はふつーな面持ち。



扉開けっ放しで飛んでるけど結構、高度あるよ。
なかにいる自衛官もふつーにしてる。この後ロープとたらして地上にさっさと降りていった。
20121013-34.jpg


地上に降りてきて任務をこなしたら離脱だ。
どうやって離脱したかってぶどうのように陸上自衛隊員が固まってる。…。
なにしてるってヘリに吊られて脱出してる。こんな格好してても油断せず構えてるし。
なんつーか、マジ頼もしいよ。


装甲車。
午後からの体験乗車に備えてスタンバイ。抽選券会場にはたくさんの人が並んでいた。
20121013-24.jpg

格納庫の中では車両も展示してある。写真は96式装輪装甲車と除染車。
装輪装甲車はコンバットタイヤを装着した車両で高速機動に優れた人員輸送車両であります。
除染車は、放射能物質、有毒化学剤、生物剤での汚染を前後のスプレーガンで除染できる車両なのであります。


展示飛行、訓練展示は午前中で終了。
午後からはヘリ搭乗体験、軽装甲車、高機動車の搭乗体験など体験イベントになる。地上展示は最後までやってるから一日見ていても時間が足りないくらいだろう。
毎年、この時期に開催される航空祭は派手な宣伝がないためか地元のひとが多い感じ。
駐車場もあるしアクセスはいいから次回はゆっくり来たい。

今回ゆっくりできないのはこのあとひゅうが型護衛艦2番艦「いせ」を見に横須賀へ行くからだ。いそげー。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました