So-net無料ブログ作成
検索選択

K.E.Kでメタリックな加速器見学。Belle測定器も初めて見れたぞ。 




毎年この時期に開催される高エネルギー加速器研究機構(K.E.K)の夏の一般公開。
K.E.Kとは、加速器という巨大装置を使って研究している機関でノーベル物理学賞を受賞する日本人は大体ここで研究を行っている。

一般公開は、ほとんどの研究施設を公開してくれる。それも手が届くような近さでギラリと輝く近未来的な装置が見れる。機密だから撮影禁止!なんてしょっぱいことはなしの撮り放題なのがうれしいね。
子どもが楽しめる実験、マニア向けのサイエンスな講演、被写体には困らない実験装置など誰もが楽しめるのがK.E.Kの一般公開なのだ。一日中楽しめたKEKの一般公開の調査報告書をお届けする。


『コッククロフト・ウォルトン型加速器』
SF的で未来感あふれる加速器だが今は展示品となっているレガシーな加速器。前段加速器で4段ブーストする第1段階で使っていたようだ。見学者に人気のある加速器だから朝一の空いてるときにいってきた。
この前段加速器は西澤 丞氏の写真集『DEEP INSIDE』の表紙を飾っているカリスマ加速器なのだ。
20120902-02.jpg

『陽子線型加速器加速タンク』
昭和48年三菱重工業製のレトロなアクセラレーター。
イエローサブマリンなカラーがかっこいい。そして銘板のフォントがかわいいぜ。


『デジタル加速器』
デジタル制御されたパルス電圧でイオンをブーストするデジタル加速器。案内してくれたのは白髭のシニアアドバイザー。予定時間をオーバーしまくるほど丁寧に説明してくれたんだけど難しくって理解度が…。すまぬ。よく知ってるシニアだな、OBか?って思ってたらなんとデジタル加速器で21世紀発明賞を受賞した偉いヒト。高山健理学博士自らのナビゲート。ホントに凄いヒトってさりげなくこっちに合わせてくれるんだ。
写真はデジタル加速器の要であるトランス。ここにあるのが唯一の1台。



『電子陽電子入射器(LINAC)』
PFとPF-ARとSuperKEKBのリングに向けて電子陽電子をぶっばなす電子ビームの滑走路である。
加速器は地下空間にあってまっすぐに延びている。地上には加速器の電源であるクライストロン用パルス電源がズラリと並ぶ。移動はチャリンコだ。



『フォトンファクトリー』
光の工場と呼ばれる放射光の実験施設。以前のツアーで随分とガッカリしたとこである。写真を撮りたかったのでしぶしぶツアーに参加したんだが…。ここでもシニアアドバイザー。以前の感じの悪いガイドと違ってすげー判りやすいんだけど。エレベータ後発組だったので少人数でじっくりとガイドしてもらえてラッキー。
銀色のが『高周波加速空洞』といって加速器をぐるぐる回ってるうちに元気がなくなった電子に電磁場で加速するのが仕事。



加速器にはいろんなカラーの電磁石があってそれぞれタイプが違う。
粒子を曲げる偏向電磁石、収束する四極電磁石、収束を補正する六極電磁石八極電磁石などカラフル磁石があちこちに設置されている。
凄い速さでぐるぐる周る粒子の軌道がズレてくるのを磁石で真ん中にしてあげるって感じだな。



『KEKB Bファクトリー加速器』
電子陽電子入射器(LINAC)からぶっぱなされた陽電子ビームの到達点。右側の緑色のとこから入ってきて加速器を周回する。陽子と電子は逆回りに周るそうだ。左側には陽電子ビームの軌道を補正する電磁石がずらりと並んでいる。
銅の釜みたいなのは戦いの神アレス(ARES)の名を持つ『常伝導加速空洞』
ARESの中は空洞で中に電磁場フィールド。電磁場の中をビームが通ると加速される仕組みだ。



『Belle II検出器』
今回、見たかったのがコレ。なんてカッコいいのだ。
上のSuperKEKB加速器でぐるぐる陽子と電子を回してビームを衝突させるとこ。
2008年にノーベル物理学賞受賞を受賞した小林・益川博士の実験はBelle検出器の成果なのだ。
現在は、SuperKEKBプロジェクトでBelle II検出器としてバージョンアップ中。
どのくらいデカいかというと写真にカーソルをのっけてみて。




『計算科学センター』
スーパーコンピューターのある計算機室も公開。
KEKのスーパーコンピューターシステムはシステムAとのシステムBの2つで構築されてる。

sr16000_m_02.jpgシステムAは、日立製作所のスーパーテクニカルサーバー
「SR16000 モデルM1」
共有メモリによる高性能計算システム。
コンパイラが自動的に並列化を行うことで幅広いアプリで性能を発揮する。



JBLUEGEN.JPGシステムBは、IBMの
「Blue Gene/Q」
数百のプロセッサをつかったスパコンで大規模なシミュレーションの計算が得意。
プロセッサはなんとPowerPC。Macでも使われていたプロセッサで今だとPS3とかになる。


猛烈に計算している真っ最中にも気軽に見せてくれた。計算機室はとても涼しかった。つーか寒い。
スーパーコンピューターは水冷。かなりの熱を持つようで配管に水を通して冷す。さらにフロアの下から風をビュンビュン吹きつけて部屋をクールダウン。たしかにスパコンの後ろに立つだけで熱気を感じるから相当な暑さになりそう。




20120902-12.jpgJ-PARCブースに金髪の天才物理学者「SHO様」こと多田將氏。相変わらずの存在感で強烈なスタンドが見えるぜ。
外国人サイエンティストのなかにはSHO様をこっそり撮影しているひとも。オレと目が合うとにっこり笑って「彼、とてもクールね。(といってた気がする)」だって。
SHO様がニュートリノについてレクチャーを始めると瞬く間にひとが集合。ひとを惹きつけるルックスとパフォーマンスはさすが。子供にも判りやすく説明してた。




じっくり見ると一日でも足りないくらいの一般公開を約4,600名の来場者が楽しんだ。
KEKは、公開なれしていて駐車場の誘導から施設マップ、循環バスの運行などなど施設公開に伴う運営が抜群に素晴らしい。他の見学施設は真似した方がいいぞ。
食堂は昼過ぎにはSOLD OUT続出。仕方なくタンメンを食ったんだけど普通なのが残念。うまくもなく普通。名前と格好だけでも加速器カレーとか素粒子ハンバーグKEKBヌードルとか工夫が欲しかったなぁ。

K.E.Kの一般公開は、科学や物理が大好きな人はもちろん、普段見れない世界をみたい社会見学好きなやつ(俺のこと)から、科学ってよくわかんねー。物理学なんてもっと判らんよって人も見たことない世界をただ見るだけでも楽しめる。スタンプラリーやカードゲームもあるから子供も楽しそう。
予備知識がなくても見に行くだけで圧倒される楽しさがあると思う。
機会があったら是非見に行っていただきたい。カメラは忘れんなよ。すげーから。




すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線

すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線

  • 作者: 多田 将
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2011/08/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Deep Inside

立入禁止の向こう側にある最先端技術の写真が満載。
社会見学好きなら手元に置きたいオススメの一冊。

Deep Inside

  • 作者: 西澤 丞
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 大型本




スポンサードリンク



タグ:加速器 KEK
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。