So-net無料ブログ作成

PowerShot S100の「レンズエラー」はリコール。修理しとけ。 





以前書いた、キヤノンS100『レンズエラーを検知しました』で修理工場へはS100を購入したひと全体に関係ある不具合だったぞ。

キヤノンから「PowerShot S100」におけるレンズエラーについてってメールが来た。
詳しくはキヤノンのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot S100」をご使用のお客さまへを読んでもらうとしてだな。

メールの中身は、環境によってストレスがかかってレンズ内部の部品が断線し、レンズエラーになる場合があります。保証期間を過ぎても無償で直します。だって。

つまり、レンズエラーは致命的な不具合でリコールします。ってことだ。

気になったのは「保証期間を過ぎても無償で直します。」の一文。
気前がいいように見えるが完全に設計がヘタこいてるだけだぞ。
レンズエラー該当品の本体シリアルが"29〜41"は、設計を変更しなきゃダメくらいの不具合があるデジカメってことをキヤノンが言ってるのだ。

無期限だからそのときになおせばいっか♩
じゃねーぞ。いざ撮ろうとしたときに前ぶれもなく
renzerr.jpg
このザマになりやがる。シャッターチャンス台無し。

なに?原因はとりわけ環境等の影響だと?
おいおい。高温多湿の影響等な環境でお使いになられてねーし。
ユーザーの使い方のせいにしてんじゃねーよ。ヤレヤレだぜ。
梅雨の前に普通に使っていて突然レンズエラーでぶっ壊れた。
つーか、高温多湿で断線なんで聞いたことねーぞ。
断線ってのは、ハード的にワイヤーが切られるってことだろ?
温度と湿度でどうやって切るんだよキヤノン・テクノロジー。胡散くせぇ。

発生したら修理と言ってるが、たった一度のシャッターチャンスをいつレンズエラーになってもおかしくないデジカメで撮ろうとしているのは危なすぎ。
かわいい娘の発表会で写真や動画を撮ろうとしたら…。

「レンズエラーを検知しました。」

ではパパの面目丸つぶれ
娘に口聞いてもらえなくなる前に点検・交換してもらえよ。

壊れてからでないと…って渋るサポートセンターに丸め込まれないようにガツんと言おうぜ!
いざってときに壊れるとホントに後悔するからな。
オレの場合、光学ユニット CY1-9182-000というデジカメにとっては重要な部品が交換されている。
レンズ筒のカタカタ音もなおったし初期の設計に問題があったと思われる。

壊れる前に点検・交換を強くお勧めするぞ。
レンズが出っぱなしで壊れるから、ひっこまないせいで傷がレンズについてもそれは保証対象外ですねぇと言われるのがオチだしな。

そうだ。サポートに預ける時は設定を控えとけよ。
ファクトリーリセットされて初期設定に戻るからな。

関連記事:キヤノンS100レンズエラーで再修理。大分の修理工場から戻ってきた。


オレの他にもS100がレンズエラーになったユーザーがブログに記事を書いている。
ぱっと検索してこのくらい。どーよ?他人事じゃないだろ?
高温多湿で使っているユーザーはひとりも居ないぜ。キヤノンのうそつき!
なんか梅雨の時期に入るのを待っていたかのような不具合報告だな。

例の不具合が発生{PowerShot S100}
要は不良品修理の告知ですな...
ふくいんちょのつぶやき レンズエラー
ひとすじの近況報告
プーケット生活日記
あれこれ、いろいろ
海外旅行中に突然のレンズエラー
蒼い海BLOG S100不具合


スポンサードリンク



タグ:キヤノン
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました